2017年 11月 の投稿一覧

脱毛サロンの勧誘を上手く断るためには

脱毛サロンの勧誘を受けるがままに進めると、体験コースを受けたその日に店舗で契約する形になりやすいです。

そのため、勧誘されても自分の意思を伝えて断ることで、自分のペースで契約すべきかを決めるのが自分の適した脱毛サロンを選ぶポイントとなります。

よって、時間がない状態で体験コースを受けたことを演出して、勧誘を断りつつ切り上げるのがお勧めです。

なぜなら、予定があるけど当店の体験コースをどうしても受けてみたかったと主張することで、スタッフが勧誘しにくくなるからです。

さらに、時計を頻繁に見ることで予定があってすぐには検討できないことを演出するのも効果的となります。

携帯電話でも見る頻度が多くなれば勧誘されにくくなりますが、携帯電話をいじっていると暇な人だと認識されやすくなります。

そのため、勧誘を上手く断るならば時計を見る頻度を多くして、時間に余裕がないことを伝えるのが最善です。

特に、自分の意思を伝えるのが苦手な人であっても、契約を断る理由を多く伝えることなく切り上げることが可能になります。

とはいえ、スタッフの中には強引に勧誘する人もいるので、勧誘を上手く断らないと勧誘され続ける可能性があります。

なので、忙しいけど当店の体験コースを受けれたという感想をスタッフに直接伝えることで、相手に時間がないことを強調するのが大切になります。

産後のお勧めとなるムダ毛処理の方法について

産後は、妊娠によってホルモンバランスが乱れるので濃いムダ毛が増える他にも、妊娠前より肌が敏感になります。

なので、産後の女性は肌が傷つきやすい状態となるだけでなく、脱毛施設での利用を断られることが多いです。

なぜなら、サロンやクリニックの脱毛は可視光線を肌に照射するので、産後の女性客が利用しても脱毛効果を得にくいからです。

さらに、脱毛施設に通う時間を確保することになるので、赤ちゃんの面倒を見る時間と両立させにくいです。

よって、産後は濃いムダ毛を自宅で処理するのが基本となりますが、妊娠前に自己処理を施さない人にとって困難となります。

そのため、産後の女性がムダ毛処理を行う場合は、電動シェーバーを使うのがお勧めになります。

電動シェーバーは、剃刀と同じ感覚でムダ毛処理を施せるので、剃刀での自己処理に慣れている人にとって取っ付きやすいです。

その上、電動シェーバーは刃が肌に直接触れずにムダ毛を処理できるので、産後の濃いムダ毛を処理するのにも適しています。

なぜなら、剃刀だと濃いムダ毛を処理するのに力を入れる必要があるので、肌を傷つけやすいからです。

さらに、電動シェーバーは敏感肌の女性でも安心して使える女性用の電動シェーバーが存在します。

なので、電動シェーバーは妊娠前に自己処理を行わない人女性でも、産後のムダ毛処理にお勧めとなります。

注意点は、刃の衛生面の管理とムダ毛処理の際に肌を保湿することを忘れると、肌の乾燥を招く原因になります。

それでも、電動シェーバーは自宅で行えるだけでなく、刃の状態を確認しつつ肌の保湿をきちんと行うことで、肌のトラブルに追われることなくムダ毛処理できます。

埋没毛ができる原因とピーリングでの自己処理について

埋没毛は、肌が乾燥した状態で自己処理を行うことで出来やすくなります。

なぜなら、肌が乾燥していると肌が傷つきやすくなる影響によって肌荒れが起こりやすくなる上に、肌の表面を角質やかさぶたが覆いやすくなるからです。

そのため、剃刀で自己処理を施す際は、肌を保湿してから行うのが肌を傷つけにくくなることによって埋没毛になる可能性を減らすことが可能となります。

とはいえ、毛抜きで自己処理を行う場合は肌を保湿しても毛を抜くことで肌に負担を掛けることになります。

よって、毛抜きだと埋没毛が出来やすくなるので、埋没毛を防ぐには毛抜きでの自己処理を避けるのがポイントとなります。

ちなみに、肌に掛ける負担を減らしつつ埋没毛を処理する方法として、スクラブでの自己処理だけでなくピーリングでの自己処理があります。

ピーリングは、肌に残っている古い角質を弱い酸で溶かすことで、新しい皮膚を再生させるのを手伝います。

そのため、ピーリングで自己処理を施すと埋没毛の処理だけでなく、ニキビや黒ずみを改善する効果をもたらすことができます。

とはいえ、ピーリング剤に含まれている成分が肌に合わないと、肌のトラブルが起こることになるので購入する際は配合されている成分を確認するのが重要となります。

また、ピーリングでの自己処理はスクラブと違って費用が掛かりますが、クリニックでの脱毛より費用を抑えることができます。

ワキガの原因と光脱毛やレーザー脱毛によってワキガの臭いを改善できる理屈

ワキガは、汗をかく量が増えるほどなりやすくなります。

なぜなら、アポクリン腺から出る異臭を放つ汗が脇毛につくことで、エクリン汗腺から出る汗と出る汗と混じるからです。

その上、脇毛を清潔にせずにそのまま放置すると、脇に汗がべたつく状態となるので、ワキガを進行させる原因になります。

ちなみに、脇には体温調節の役割があるので、体温や気温が高くなるほど汗をかくことで体温を調節します。

また、皮膚から水分が蒸発する際に気化熱で体温を下げますが、汗をかくほど脇に汗がつくことになります。

なので、汗をかきやすい人や脇毛が長い人ほど、ワキガになりやすい上にワキガの臭いを強める傾向にあります。

しかし、脱毛施設で脱毛を受けることで、汗をかきやすい人でもアポクリン腺から出る汗の量を抑えることが可能となります。

なぜなら、光脱毛やレーザー脱毛は可視光線が毛根にダメージを与えることで、脇毛を生えにくくしつつ毛穴を引き締めることができるからです。

とはいえ、ニードル脱毛は毛1本1本に針を刺して電流を流すので、脇の部位が完全に終わるまでワキガの臭いが強まる可能性が高いです。

ニードル脱毛は施術に時間がかかる上に激痛を伴う脱毛となり、脇は皮膚が薄いので一度に脇を終わらせるのが困難となります。

そのため、ワキガは光脱毛やレーザー脱毛によって改善することが可能ですが、ニードル脱毛はワキガを悪化させやすいです。

なので、脇毛を処理しつつワキガの臭いを改善するならば、光脱毛やレーザー脱毛が無難となります。