2018年 9月 の投稿一覧

ワキ脱毛について

ワキ肌の改善のためにも脱毛を

うっとおしい梅雨が終わると待ちに待ったバカンスの季節。ただ夏たけなわともなると、まるで熱帯のような暑さが待っています。
「ノースリーブじゃないと耐えられない」という女性もいるでしょう。

その時に注意しなければならないのが、ワキに生えたムダ毛です。ちゃんと処理しておかないと、他人が見た時に「だらしない」と思われ、とんだ恥をかくことに——。

ただ、自己処理というのは結構大変です。カミソリだと、ちょっとサボるとすぐにブツブツが出てきますし、毛抜きは使う時に痛みがあるため、処理自体がイヤになります。

「面倒だから、思い切ってサロンで脱毛しようか……」

普段からそう考えている女性も多いかもしれません。でも全くの初心者の場合、サロンに通うのは結構勇気がいるものです。

「どれくらいの期間通ったら完璧に脱毛できるの?」
「施術は何回ぐらい必要?」
「痛みがあると聞いたけど、本当なの?」
「最終的に料金はいくらぐらいになる?」

これらの疑問が解決できないため、結局サロンへ行かずにムダ毛に悩み続ける、という人も少なくありません。

そこで、ワキ脱毛の料金や施術期間、どのサロンを選ぶべきか、など、詳しく説明してみることにしました。

このページの情報が、ワキ毛でお悩み中の女性の参考になればと思います。

「脱毛」とは一体どういうものか

ワキ脱毛の情報を述べていく前に、「脱毛」とはそもそもどういうものかを説明してみます。

実はサロンやクリニックでの脱毛において施術の目標となるのは、肌の表面に伸びているムダ毛そのものではありません。

ではどこなのか、というと、肌の奥に隠れている毛根部分なのです。

誤解している人もいますが、毛根を施術対象にするといっても、毛根を一本一本の手作業で処置するわけではありません。確かに昔はその方法も行われていましたが、今ではもっと効率がアップし、特殊な光を肌に当てることで毛根に影響を及ぼすようになっています。

その際に使われるIPLやレーザーといった光は、黒いメラニン色素だけに反応する特性を備えています。
ムダ毛の生えた肌に当てると毛根部分で熱エネルギーとなり、毛母細胞、毛乳頭などの発毛組織に大きなダメージを与えます。

脱毛というのは古代文明の時代から行われていたと言われますが、この方法は時代を画する発明でした。おかげで脱毛は気軽に施術できるものとなり、脱毛人口も一挙に拡大。
VIOといった特殊な部位も処置してもらう人が増えました。

その中でもワキ脱毛は最もポピュラーで、脱毛初心者が最初に施術してもらう部位となっています。

やはり、上述したように夏場になると露出が増えますから、「脱毛するならまずワキから」と思う女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中しているために汚れや老廃物が他の部位に比べて蓄積しやすく、毛のう炎、埋没毛(埋もれ毛)も起こりやすくなっています。

ワキの良いコンディションを保つためにも、刺激の強い自己処理は中止し、ムダ毛を脱毛してもらうべきです。

ワキ脱毛の施術の回数、料金、痛みの有無は?

上記の説明で、ワキ脱毛のメリットが色々とお分かりになったと思います。

「今すぐにサロンに行って脱毛したくなった」という人もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンに通うとなると、以下のようなポイントが気にかかると思います——

・完了まで施術回数はどれくらい?
・料金は最終的にいくらかかるのか?
・施術時の痛みはひどいのか?

これらのポイントについて、ひとつひとつ説明していきましょう。

まず施術回数について。実は脱毛の施術というのは1、2回くらいでは終わりません。ムダ毛を根こそぎ処理し、何年も無毛の状態をキープするには、意外に長い日数がかかります。

特にワキというのは施術が大変な部位といわれています。
剛毛が集中して生えているうえに他の部位よりも毛根部分が深く、どうしても施術の回数が増えてしまうのです。

もちろん個人の体質やサロンの施術方法によって違いはあるのですが、完了まで12回〜18回かかる、と考えるべきです。

続いて料金について。これはサロンによってかなり差があります。お金持ちの顧客を抱えた高級サロンの中には、短時間の施術でビックリするような額を請求するところもあるとか……。

ただ、ワキ脱毛は初心者向けのプランに含まれており、それほど高いものではありません。

「その中でも特に格安店はないだろうか」と思ってチェックしてみると、ぜひ推薦したいサロンがありました。

それは「ミュゼ」。雑誌の広告で見たことがある、という人もいるでしょう。

ここの「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」を選べば、料金はわずか100円です。これだけの安い料金で脱毛できるところは他にはありません。なるべくリーズナブルに脱毛したい、という初心者には特におすすめです。

最後に、施術中の痛みについて。

上でも述べたのですが、現在サロンで主流となっている方法では、IPLという光(フラッシュ)を用います。

このIPLは肌を素通りし、黒いメラニン色素にだけ反応する特殊な光。毛根組織にはメラニンが含まれているため、IPLはそこで熱エネルギーに変わります。すると毛乳頭、毛母細胞といった発毛を司る組織が高熱に包まれ、発毛機能に損傷を与えます。

この方式は短時間ですむため効率的ですが、欠点もあります。
高熱のせいで周辺の皮膚も軽い火傷をこうむり、痛みが生じてしまうのです。

もちろん、火傷といっても軽いものにすぎません。ただ、照射の度にチクチクするのはイヤなものです。

そこで、そのIPL方式のデメリットを補うため、SSCという新方式が開発されました。

SSCではIPL方式に使われるキセノンランプではなく、クリプトンライトを肌に当てます。

キセノンランプはそれだけで脱毛を行えますが、このクリプトンライトというのは単独では毛根に影響を与えません。

ではどうやって脱毛効果を発揮するのかというと、まず専用ジェルをムダ毛に塗ります。

ここにクリプトンライトを当てればIPL方式と同じように毛根部分が弱体化し、発毛をストップできるのです。

SSC方式の最大の長所は「光のパワーが弱くても効果があがる」というところ。専用ジェルとの組み合わせで脱毛してくれるので、高熱にする必要はありません。
これで肌へのダメージがなくなり、痛みがずっと軽くなります。

実は、上述したミュゼではこのSSC方式の脱毛機器を導入しています。

「痛みに耐えられないので脱毛なんてイヤ」という女性もいるようですが、ミュゼなら安心です。

ワキ脱毛で失敗しないためのポイント

「価格が安く、脱毛方式の優れたミュゼがおすすめ」と書きましたが、近隣にその店舗がない、という人もいるでしょう。
そんな場合、他のサロンに通う必要があります。

ただ、最近は脱毛する人が多く、新規サロンが続々と参入しています。
店があまりに乱立しているので、初心者はどこがいいのか困ってしまうでしょう。

また、各サロンのプランにしても条件が複雑で、どれをチョイスすれば本当にリーズナブルなのか判定がやりづらくなっています。

そこでサロンと契約する際、注意すべき点を3つあげてみます。

施術可能回数が一桁のプランは避けるべき

脱毛についてはまだまだ正確な知識がないという人が多く、たとえば1、2回施術すればその部位のムダ毛は永久に生えてこない、と考えている方がいるようです。

もちろんそれは間違いです。1、2回くらい施術しただけでは、ムダ毛を根こそぎ処置することなどできません。確かに施術すると1ヶ月以内に部位はツルツルになりますが、一定期間がすぎると毛はまた生えてきます。

脱毛を完璧におこなうには、根気よく数ヶ月から数年、レーザーやIPLといった光を肌に照射していかなければなりません。

しかも剛毛が密集するワキのような部位では、施術回数が12回〜18回になるのは普通のことです。

ですから施術回数が一桁だけの安価なプランを契約してしまうと脱毛が終わらず、結局は追加施術をする必要が出てきます。

そうなるとその費用は結構な額です。
そんな事態にならないためにも、施術回数がなるべく多いプランを選択するようにして下さい。

契約前にキチンと返金制度や施術期限を調べる

サロンと一旦契約すると、3年間くらいはその店に通うことになります。

しかし通い続けていると、脱毛効果や接客態度について何かと不満を覚えることもあります。それが我慢できないレベルだと、契約を中途解約したくなるでしょう。

解約を申し出ると、サロンの方では当たり前ですが渋い顔をします。色々と細かい理由をつけ、返金額をなるべく減らそうとする店も少なくありません。

不快な経験をしないためにも、中途解約する可能性がある人は、事前に契約の詳細をチェックしておくことが大事です。

またサロンによっては、施術期間に時間的なリミットを設けていることがあります。契約日からあまりに日数が過ぎると、料金を払ったのに施術が不可ということになりますので、これも契約前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

施術後のケアをしっかりおこなうサロンにする

ワキは夏場を迎えると露出する機会がグッと増えます。
ムダ毛だけでなく、黒ずみなどの肌トラブルもしっかりとケアしたいものです。

そのために必要なのは、しっかりと肌の潤いを保つこと。

脱毛サロンの中には潤いを重視し、施術後の保湿サービスに力を入れているところもあります。

こうした気配りのできるサロンなら美肌ケアも期待できるので、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックにはどういう差があるのか?

ワキ脱毛をしてもらうには、脱毛サロンか医療クリニックのどちらかに行くことになります。では、この両方にはどんな差があるのでしょうか?

実は脱毛の原理に関しては全く同じです。施術では、特殊な性質を持つ光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に直接照射します。そして発毛を司る組織(毛母細胞、毛乳頭など)に大きな損傷を与えるのです。

ではどこに差があるのかというと、その光のパワーです。

レーザー光は、サロンのIPLの何倍にも及ぶ威力を備えています。
毛根組織は徹底的に破壊されるため、ムダ毛は一生生えてきません。

また、IPLでは脱毛完了まで10回以上にわたる施術が必要ですが、レーザー脱毛ではわずか数回で終わってしまいます。

もし「脱毛を短期間で完了したい」と思っているなら、医療クリニックでの施術を選ぶ方がいいでしょう。

ワキ脱毛はなぜ安くですむのか?

ワキ脱毛は料金が格安なのが特徴。
初脱毛でワキを施術する人が多いのは、その格安さのせいもあります。

では、なぜワキ脱毛は安くですむのでしょう?

最初の理由は「元々ワキの面積が狭い」ということ。

実は脱毛料金は面積で決定されることが多く、その点でワキは安価な部位というわけです。

次の理由は、店側の”戦略”。

初心者はまずワキ脱毛を選ぶため、「その料金を安くすることで、施術へのハードルを低くする」と店側が考えているのです。

ワキは格安な上に、店の技術もすぐ分かります。その点でも、最初の施術はワキに決めましょう。

完了後、効果に不満がある時は?

やっと施術が終わったものの、その効果に満足できない——。そんな時は施術を追加できますが、費用がかなりかかります。

それがイヤなら他の店に乗り換えるのもいいでしょう。ただ、改めてカウンセリングから始めるので、時間がかなりムダになります。

こんな結果を避けるためにも、最初から回数の多い料金プランを選び、施術に余裕をもたせましょう。

脱毛するとワキ汗の量が増える?

最後に、脱毛後の”ある現象”について、言及しておきます。

実はネットを見ていると、「脱毛後、ワキ汗の量が増えた」という口コミをいくつか目にします。

そんなことが、本当にあるのでしょうか?

答えを最初に言いましょう。——そんな現象はありえません。

ただ、「ワキ汗の量が増えた」と勘違いしている人がいて、そんな人たちが口コミを投稿しているようです。

調べてみると、

「脱毛した後、これまでワキ毛で止められていた汗が肌を伝うようになり、量が増えたと勘違いする」

ということのようです。

つまり、単なる誤解にすぎません。脱毛前と汗の量は変わらないのです。

時間がすぎれば汗の感覚にも慣れ、違和感も覚えなくなるでしょう。

以上、ワキ脱毛の詳細、サロンの選び方などについて、色々な点から述べてみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考に、自分に合った脱毛サロンを見つけて下さい。

脱毛がうまくいけばワキへの視線も平気になり、肌のコンディションもきっと改善されていくはずです。

脱毛とほくろ

クリニックに通っている人

レーザーとメラニン色素の関係

プロの手による脱毛はどうしても完了までに日数がかかります。
少しでもそれを短くするため、サロンではなく医療クリニックに通っている人も多いようです。

確かにサロンで使用されているIPLなどのフラッシュに比べ、クリニックで施術に使われているアレキサンドラライト、ダイオード、YAGなどのレーザーは照射パワーも強力で、毛根を確実に死滅させることができます。毛の成長期に合わせて何週間も施術の間隔をあける必要はありますが、サロンよりも施術完了までの期間は短くてすみます。

しかしパワーが強いだけに、レーザーの扱いには注意が必要です。実際、施術中にやけどなどの事故が起こったケースが何件か報告されています。

レーザーでやけどが起きてしまう場合、以下のような原因が考えられます——

・肌が濃い色に日焼けしている
・照射ターゲットの付近に、アザ、シミ、ほくろがある
・ケガなどの跡が色素沈着を起こしている

レーザーによる脱毛の原理ですが、毛根のメラニン色素に反応して光が熱エネルギーへと変化、その熱が毛根の組織を破壊し、発毛機能にダメージを与える、というものです。

つまり、毛根以外でもメラニン色素が多く含まれた組織がある場合、レーザーが反応を起こして熱が生じてしまうというわけです。

上に記した日焼け、シミ、色素沈着などはすべてメラニン色素を含んでいます。レーザーがそこに当たると、どうしても熱が発生してやけどが起こってしまうのです。

こういった事態が起こらないようにするには、日焼けの場合、肌が元通りになるまで待つしかありません。

シミ、アザ、色素沈着は、レーザーによる施術そのものが不可、という場合もあります。
その時は脱毛をあきらめるか、ニードル脱毛という、針を毛穴に刺す方法を選ぶしかないでしょう。

弘前の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛施術前後の保湿

保湿の大切さ

施術前後の保湿の大切さ

脱毛の施術というのは簡単に見えますが、特殊な機器を使いますから、客の側でも守るべき条件が色々あります。

施術に備えて必ずやっておきたいのは、ムダ毛のシェービング、そして肌の保湿です。

「脱毛のためにサロンや医療クリニックに行くのに、なぜ事前に自分でムダ毛を処理するの?」と不思議に思われる人もいるでしょうが、自己処理と脱毛というのは違う行為です。

サロンやクリニックでは、IPLやレーザーといった特殊な光を肌に照射。毛根にダメージを与え、脱毛効果をあげます。つまり、ムダ毛処理をしないでいいように発毛そのものを阻害してくれるのです。

長いムダ毛はその施術に邪魔になるため、あらかじめ施術される側で処理しなければいけません。

そして保湿ですが、サロンによっては、その大切さを伝えないところもあります。しかし、肌が潤っていればいるほど光やレーザーは通りやすくなりますし、その分、脱毛効果が上がります。ぜひクリームなどでしっかりと保湿しておきましょう。

施術中に強い痛みを感じる人など、特に保湿に気をつけるべきです。
肌を潤せば、痛みも軽減できます。

また、肌の乾燥が進みすぎると、せっかく予約を取ったのに「今日は施術できません」といわれてしまう場合もあります。

特に肌乾燥に厳しい脱毛サロンとして有名なのが、ミュゼプラチナム。肌の乾燥のせいで施術を断られたという口コミが多数アップされていますから、ミュゼに行こうと思っている人はそのことを考慮に入れておきましょう。

また、上記のようにIPLやレーザーを使う施術は、かなり肌に負担をかけます。
施術後も化粧水やクリームを欠かさず、肌の潤いを守って下さい。

弘前の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の弊害について

脱毛ブーム

脱毛のデメリットとは?

最近は脱毛ブームということもあってサロンや専門クリニックの数も増え、今まで脱毛とは無縁だった男性まで施術をしてもらうようになりました。
値段が格安になるキャンペーンも各店が競って行なっているので、脱毛を安直なものと勘違いしている人も多いようです。

しかし、以下のように脱毛の施術を受けるのには色々なデメリットも存在します。

かなりの費用がかかる

一昔前、脱毛というのはお金持ちのぜいたくで、全身脱毛に100万円かかることなど当たり前でした。

ところが最近はすっかり客層も様変わりし、ひとりで脱毛に通う高校生の姿も見られるそうです。また、各サロンが顧客獲得のためにしのぎを削っているため、1,000円以下で施術が受けられる体験コースも設けられています。

ただ、本格的に脱毛してもらおうと思ったらやはり10万以上は確実にかかります。安いものではない、と考えておくべきでしょう。

時間と手間が取られる

脱毛で厄介なのは、施術のタイミングが毛のサイクル(毛周期)と関係していること。成長期にある毛しか効果がないため、どうしてもすべてのムダ毛を処理するのに数ヶ月から数年かかってしまいます。

人気サロンに通うとなると予約を取るだけでも一苦労。施術に通うのは決して楽なことではありません。

脱毛中は生活に制限ができる

施術してもらうためには色々な条件があり、日焼け、飲酒、激しい運動、薬の服用、予防接種などは避けるようにいわれます。脱毛完了までは日数がかかりますから、その間これらの条件を守るようにするのは大変です。

もちろん、「自己処理の手間がなくなる」「肌のコンディションがよくなる」などのメリットも多く、プロの手で脱毛の施術を受けるのはいいことなのですが、後で後悔しないためにも、以上あげたようなデメリットはしっかりと理解しておきましょう。

弘前の人気脱毛サロンランキングTOPへ

セルフ脱毛

自己処理におすすめ

自己処理におすすめの電気シェーバーは?

サロンや医療クリニックで1回や2回施術をしてもらっても、それだけでムダ毛が生えてこなくなるわけではありません。

毛は段々と細くなり、数も減少してきますが、脱毛が完了するまではどうしても自己処理を継続する必要があります。

また、施術には長い毛が邪魔になるので、前日には処理していかなければなりません。

その時に使うべきなのはどんな器具なのでしょうか?

答えは、電気シェーバー。カミソリや毛抜きは厳禁です。

女性の中には「電気シェーバーなんて持ってない」という人もいるでしょう。そこで部位別におすすめのレディース電気シェーバーを紹介してみることにしました。

顔用

顔の産毛用におすすめなのが、パナソニックが発売している「フェリエES-WF60」。

これが便利なのは、化粧の上からでも使えること。電池式なので、外出先でも手軽に産毛を処理することができます。

ボディ用

電気シェーバーの老舗・ブラウンの「レディーシェーバーLS5500R」がおすすめ。

これならシェーバーを押しつけずに深剃りができるので、肌への負担がさらに軽くなります。おかげでムダ毛処理だけでなく、角質除去も可能。

充電式なのに、本体を丸ごと水洗いできるのでお手入れも簡単です。

デリケートゾーン(VIO)用

ラヴィアの「iラインシェーバー5001-05」は、アンダーヘアに特化したシェーバーです。

デリケートな部分を傷つけないように安全に配慮した設計がなされていて、肌への刺激も少ないため、色素沈着などの心配がありません。

水洗いもできるので、常に清潔さを保てます。

以上紹介した商品のほかにも、部位に合わせたシェーバーはたくさん発売されています。
口コミを参考に、自分に合ったものを探してみて下さい。

弘前の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛石鹸

ネットでチェック

脱毛石鹸に効果はあるの?

脱毛関係の商品をネットでチェックしていると、「脱毛石鹸」というものをよく目にします。

これはムダ毛処理効果を備えた石鹸のこと。

成分を見てみると——

・大豆エキスや豆乳発酵液といった大豆由来の成分が含まれるもの
・チオグリコール酸が含まれるもの

の2つに大別できるようです。

まず大豆由来の成分が配合されたものですが、大豆には体内で吸収されると女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンという物質が含まれているため、継続して使用していれば確かに抑毛効果が期待できます。

ただ、大豆のイソフラボンが女性ホルモンと似たような働きをするためには、腸内の細菌によってエクオールという物質に変換されないといけません。ところがこの腸内細菌の働きが活発な人と活発でない人がいるため、「誰にでもイソフラボンは効果がある」とはいえないのです。

また、チオグリコール酸についてですが、この成分は除毛クリームによく含まれています。

毛というのはほとんどが「ケラチン」というタンパク質でできているのですが、「ジスルフィド結合」と呼ばれる特殊な形でお互いが結びついています。

チオグリコール酸というのはこのジスルフィド結合を分解する働きを持っているので、「毛が溶ける」という現象を起こすことができます。
除毛クリームによく配合されているのはそのせいです。

しかし、チオグリコール酸は刺激が強い物質です。さらにその効果を高めるために水酸化カリウム、水酸化ナトリウムといったアルカリ性の薬剤も一緒に配合されるため、肌への負担がグッと大きくなります。

これらのことを考えると、脱毛石鹸はあまりおすすめできません。

それに効果があるといっても、あくまで「抑毛」「除毛」であり、毛が生えてこないようにする「脱毛」の効果などありません。

脱毛をおこなうなら、やはりサロンやクリニックでの施術が必要です。

弘前の人気脱毛サロンランキングTOPへ

生理中の脱毛

毛根にダメージを与える

生理中は脱毛できるの?

脱毛の施術というのは高熱によって毛根にダメージを与えるものなので、どうしても肌へも影響を与え、バリア機能が低下します。
菌にも感染しやすくなるため、体調の良くない人は施術を受けるべきではない、とされています。

では女性の場合、生理中でも施術は受けられるのでしょうか?

結論を先にいうと、経血による感染症の恐れがあるため、VIO脱毛に関しては施術を断っているサロンがほとんどです。

そして他の部位の脱毛も断られることが多くなっています。

その理由ですが、ホルモンバランスの不安定さと関わりがあります。

生理の時は「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンの分泌量が大きく変化し、それによって生理中の不調などが起こってきます。

このうち、エストロゲンの方はコラーゲンの生成を促進する働きを持ち、肌の張りをキープしたり、丸みを帯びた女性らしいボディーラインを作るのに大事な役割を果たします。一方、プロゲステロンは「妊娠しやすい体」を作るホルモンですが、過剰分泌されると皮脂の分泌を促進し、むくみが起きやすくなりします。また、生理中に便秘がおこるのも、このプロゲステロンのせいです。

排卵期が過ぎてしまうと、美肌効果を備えているエストロゲンの分泌量が減っていき、プロゲステロンの分泌量が増えてきます。

そうなると皮脂の分泌が活発になり、刺激から肌をガードしている抗菌ペプチドという物質の量まで減少させてしまいます。

生理前から生理中にかけて肌荒れや肌トラブルが起こりがちなのは、こうして肌のバリア機能が低下していくせいです。

上述したように施術の時はどうしても肌に負担がかかりますから、生理中は肌トラブルが悪化したり、脱毛効果が下がってしまう可能性があります。

このため、生理中の脱毛は推奨されていないのです。

弘前の人気脱毛サロンランキングTOPへ

男性の脱毛は「ゴリラクリニック」

脱毛する女性

男性に特化した「ゴリラクリニック」とは?

ここ数年、脱毛する女性が急増。
その需要に応えようと専門のサロンや医療クリニックが続々と新規オープンしています。
なかには有名タレントをテレビCMに起用する店まであり、そのブームは過熱する一方。

ついにその余波は若い男性にまで及び、「見た目が美しいから」という理由で胸、足などを脱毛する人も増えているとか——。

そんな男性たちに特に注目されている脱毛クリニックが、「ゴリラクリニック」。ゴリラの顔を使った真っ黒な看板でおなじみです。

また近年話題のウーマンラッシュアワーの村本大輔も通院しているようで、ゴリラクリニックについて時々ツイートしています。

そんなゴリラクリニックの人気の秘密は、施術時に感じる痛みの対策が万全なこと。

クリニックの施術ではムダ毛のある肌に特殊なレーザーを当てます。レーザーは毛根部分のメラニン色素に反応して熱エネルギーへ変化。
その熱によって毛乳頭や毛母細胞などの発毛器官が壊れ、脱毛の効果を得るわけです。

この方法では毛根部分を完全に死滅させるほどの高い熱が生じるため、患者の方ではどうしても毛穴や周辺の皮膚に痛みを感じてしまいます。

しかしゴリラクリニックでは、「メディオスターNeXT PRO」という新機軸の医療レーザー脱毛機を採用。これはこれまでのレーザーと異なり、毛根全体ではなくバルジという部分だけにダメージを与えます。

バルジがあるところは毛乳頭より浅い位置なので神経が少なく、これまでの脱毛機よりもグッと痛みを減らせるのです。

さらにクリニックですから麻酔を用いた施術も可能。痛み対策はこれでバッチリです。

毎日のヒゲ剃りにうんざりしている男性は、ゴリラクリニックのホームページを1度チェックしてみて下さい。

弘前の人気脱毛サロンランキングTOPへ

銀座カラーで脱毛 

脱毛はブーム状態

「スピード脱毛」が特徴の銀座カラー

ここ数年、脱毛はブーム状態を呈しています。
需要が高まる中、続々と新店舗が開業。
個人営業の小さな店まで含めると、数え切れないほどのサロンが顧客獲得にしのぎを削っています。

その中には全国各地にいくつもの支店を持つサロンもあるのですが、銀座カラーもそんな大手チェーン店のひとつ。設立は1993年5月28日といいますから、脱毛業界でも老舗といっていいでしょう。

全国に支店があるということで、その規模を活用したコストダウンを行っていて、施術料金は大変リーズナブルです。

また、普通脱毛というのは完全に終わるまでどうしても数年間は必要です。転勤や引越しをしてしまうと個人営業の店ならキャンセルしなけければなりませんが、銀座カラーの場合は転居先の店舗でそのまま施術を継続できます。

そして銀座カラーの際立った特徴といえるのが、「スピード脱毛」。

普通、全身脱毛1回分の施術時間は、1時間半から2時間ほど。ところが銀座カラーならわずか60分ですみます。こんなに施術がスピーディなのは、最新鋭のスライド式の脱毛器を使っているせいです。

「早いのはいいけど、施術が雑なのでは?」と考える人もいるかも知れませんが、そんなことはありません。

以下のように、レビューサイトにも高評価の口コミが載っていました——

「施術は確かにスピーディですが、鎮静ジェルを塗る時もキッチリしていて、肌を大切に扱っているのが分かります。また、他のサロンでは単にジェルを肌に塗るだけですが、銀座カラーだと、丁寧にマッサージしながら塗り込んでくれます。力の入れ具合もちょうどよく、これだけでも快適な気分になれます」

この口コミだけでも、しっかりした施術ぶりがうかがわれます。

弘前の人気脱毛サロンランキングTOPへ

顔脱毛でおすすめのサロン

顔脱毛のおすすめ

顔脱毛でおすすめのサロンって?

体の中でも、顔は手先と共に常に肌をさらしている部分です。
最も他人が見るところだけに、お手入れには当然気を使いますが、厄介なのはその産毛でしょう。
「ヒゲのように見える」というので自己処理する人も多いのですが、それには手間がかかります。

そのため、最近ではサロンで産毛の脱毛をしてもらう女性も急増中とか——。

サロンに通っている人にアンケートを取ったところ、特に眉間、鼻の下、アゴの3ヶ所について、「処理してほしい」という声が多いようです。

ほかにおでこ、もみあげ、顎から耳へのフェイスラインなども需要の高い部位。

ただ気をつけなければならないのは、顔の一部、あるいは顔の脱毛そのものができないサロンも結構あるという点。これは施術でIPLという特別な光を使うため、目に与える悪影響を考慮しているからです。

そのことを理解してもらった上で、顔脱毛を行ってくれる店を2つ紹介します。

まずおすすめなのが、板野友美や渡辺直美のテレビCMで有名なキレイモです。

キャンペーン期間中、顔を含めた全身の脱毛は初月のみタダ。また、上記のように顔脱毛では施術を制限されるサロンが多いのですが、キレイモの場合、その可能範囲が業界一広くなっています。

また採用している機械は美肌ケアの効果を備えているため、脱毛と同時に美肌になりたい人にとっては最適です。

次に紹介するサロンは、ジェイエステティック。

ここのおすすめは、「フェイス6」というプラン。1回ごとの費用は2,500円なので、顔脱毛の初心者にはうってつけです。

またヒアルロン酸配合のジェルを使用しているので、施術時の肌のダメージをしっかりとケアできます。

どこで顔脱毛をしようか迷っている人は、2つのサロンの公式サイトをぜひチェックして下さい。

弘前の人気脱毛サロンランキングTOPへ