2019年 4月 の投稿一覧

後悔しないメンズ脱毛サロンの選び方とは?

最近は冬でも露出度の高い服装をしている人が珍しくありませんが、それだけに肌のケアには気をつけないといけません。
ただ熱心に化粧品などでケアしていても、いつの間にか成長しているムダ毛はお肌の魅力を台無しにしがちです。

他人に気づかれる前に熱心に抜いたり剃ったりしている人も多いでしょう。ただ毛抜きやカミソリ、除毛クリームなどはお肌の大敵です。それらを使った自己処理というのは肌に有害な刺激となり、皮膚の硬化、埋もれ毛、色素沈着といったトラブルを引き起こす危険性があります。

そこで利用する人が多くなっているのが、サロンや医療クリニックでの脱毛。
大昔はとんでもなく高かった施術料も脱毛技術の向上によってディスカウントされ、いまではすっかり一般的な金額になっています。

さらに脱毛人気は性別の枠を超え、男性でもプロに施術してもらう人が増えているとか。

実は、日本で第一号のメンズサロンがオープンしたのは、1986年。意外と古いのです。

最初は訪れる客も少なかったようですが、21世紀に入ると男性も美意識が高まって脱毛することに抵抗がなくなりました。そして、2011年以降は店舗の数も右肩上がりに増えてきています。それだけ脱毛への需要が高まっているということです。

やはり「毛がモジャモジャの男性はイヤ」という女性が多いため、モテるためにも脱毛したいという男性がサロンを訪れているようです。

ただ「一度脱毛にチャレンジしたい」と思っていても、サロンというのは女性が通うところというイメージがあり、男性がそこを訪れるのはちょっとハードルが高いものです。

また「料金はどれくらい?」「脱毛完了までに何ヶ月必要?」「施術の回数は?」といった疑問がネックとなり、結局は行くのを断念してしまうという男性も少なくありません。

そこでこのサイトを作ってみました。メンズ脱毛サロンに着目し、そこで使われている「光脱毛」の詳細、施術コスト、完了までの日数、痛みの有無、そしてサロン選びのポイントについて解説していきます。脱毛にトライしたい男性は、どうか参考になさってください。

光脱毛ってどんなもの?

光脱毛について
ある程度年配の方に脱毛のイメージについて質問すると、「細い針を毛穴に刺して、ムダ毛を焼くやつでしょ?」という答えが戻ってくることがあります。

この答えは間違っているわけではありません。実際、20年ほどの前のサロンやクリニックでは、針に似た電極(プローブ)を毛穴に差し込み、弱い電気を流すという方法で、施術をおこなっていました。

この方法は、セントルイスの眼科医によって1869年に発明された「電気分解脱毛法」というもの。うまくいけば一生その部位はツルツルのままなので人気を博し、改良された機器が日本にも持ち込まれました。そして「ニードル脱毛」あるいは「美容電気脱毛」として当時1番ポピュラーな脱毛方法となり、上に記したような脱毛の印象を生み出したのです(現在でも一部のクリニックで使われています)。

ただ、この方法は手作業で毛穴ひとつひとつにプローブを挿入していくため、相当な労力と時間がいります。
そのためにどうしても施術料が高くなり、脱毛できる客は限られていました。

やがて、このニードル脱毛よりずっと能率的な方法がアメリカで考案されます。それがレーザー脱毛です。

この方法は、毛根に物理的に接触することなくムダ毛を処理する、という点で画期的でした。

やがて、この原理によって「光脱毛」という別の種類の脱毛方法が生み出され、今のサロンで広く使われるようになります。

光脱毛の詳細

ここで光脱毛について、ちょっと詳しく紹介してみます。

光脱毛では、普通の光とは違った特別なライトが使われます。ライトはムダ毛に照射されると毛の成分のひとつ・メラニン色素に反応します。

ライトはメラニンに吸収された後、熱へと変化。その高熱の影響で毛根にある発毛器官が衰え、毛の生長が止まるわけです。

この施術を長期間に渡って継続することで毛の本数は確実に減っていき、やがて部位が無毛の状態になります。

光脱毛にも種類がいくつかあり、現在は次のようなものが使われています——

「IPL方式」
「SSC方式」
「SHR方式」
「ハイパースキン法」

それぞれの特徴をざっと紹介していきましょう。

まず、IPL方式。これは「フラッシュ脱毛」とも言われ、光脱毛の代名詞といっていい方式。サロンで最もよく使用されています。インテンスパルスライトと呼ばれる広帯域のライトが用いられ、上で紹介したような仕組みで毛根の発毛を阻害していきます。

デメリットは施術時に痛みがあること。ただいたって軽微なので、よほど痛みに敏感な人以外は問題にはなりません。

次にSSC方式。「SSC」は「スムース・スキン・コントロール」の頭文字を取ったものです。

この方式はIPLと異なり、ライトと専用ジェルの2つを使います。

ジェルには、極小のカプセル「トレジャービーンズ」が入っています。
施術部位にジェルを塗ってクリプトンライトを射出すると、カプセルの中の成分が毛包へと浸透していきます。

その有効成分の中心が「フィリニーブ」。イソフラボン、セイヨウシロヤナギ、サリチル酸、メントールなどで構成され、抑毛効果をあげます。ほかに保湿・炎症抑制効果もあるので、施術した後の肌トラブルを防いでくれます。

ジェルが脱毛効果を発揮するので、ライトは高温でなくてもオーケー。ですから痛みはかなり抑えられます。

次にSHR方式。「スーパーヘアリムーバル」を略したもので、「蓄熱式」とも呼ばれます。

これまでの方式では毛根全体が標的でしたが、SHRは毛根の一部であるバルジ領域がターゲットになります(バルジは「ふくらみ」という意味です)。

このバルジ領域は毛球部に信号を送って毛の産生を起こさせています。つまり、バルジ領域を弱めれば、ほかの組織に損傷を与えなくても脱毛できるわけです。

バルジ領域の場所は毛乳頭、毛球などの部位よりも肌の表面に近く、低温の熱でも十分なダメージを与えられます。
このことで痛みが大幅に軽い施術ができます。

最後にハイパースキン法。こちらは発毛因子をターゲットにするため、メラニンが含まれない毛でも脱毛できます。施術時のライトの温度は36度〜38度ですから、痛みは皆無。むしろ気持ち良いくらいです。ただ、ヒゲの脱毛には不向きで、他の部位しか施術できません。

レーザー脱毛と光脱毛を比べる

レーザー脱毛と光脱毛を比べる
サロンでは光脱毛が採用されていますが、医療クリニックではレーザー脱毛がメインです。この2つがどう異なるのか、いくつかの点で比べてみましょう。

施術回数

光脱毛の施術回数、そして処理可能なムダ毛の割合は、以下の通りです——

・6回  約50%
・12回 約80%
・18回 約95%

一方レーザー脱毛だと、5回か6回施術をおこなえば約95%のムダ毛が脱毛可能です。

レーザー脱毛の原理は光脱毛とほとんど同じですが、照射パワーがケタ違いなので、施術の回数が減るのです。

「なぜ一回の施術で全部の毛を除去できないの?」と不思議に感じる人がいるかもしれません。それは、レーザー光線やIPLが肌の外に伸びているムダ毛にしか作用しないためです。

毛には毛周期という生長サイクルがあり、施術できるのは成長期のもの、つまり毛幹の毛のみです。他の毛は肌の下に埋もれているため、除去するには成長期まで待つ必要があります。そのため、レーザーのように強烈な威力の光でも、何回も施術をおこなわなければなりません。

施術料

光脱毛の費用の平均相場は、以下の通りです——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・背中(上下)…71,600円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・全身…164,700円
・VIO…58,633円

一方、レーザー脱毛の平均相場は以下のようになっています——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・背中(上下)…91,917円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・全身…401,945円
・VIO…67,975円

このように施術コストを比べると、サロンの光脱毛の方が相当お得です。

痛み

光脱毛は、痛みに弱い人にピッタリの脱毛方法です。IPL方式では多少チクリとしますが、他の方式だと痛みはほとんど感じられません。

もちろん、それだけ照射パワーは限定されていて、効果があがるまでの施術日数は多くなります。

一方、レーザーはパワーがものすごく強いため、施術時はどうしても痛みを感じます。ただ脱毛効果は優れているので、この痛みは我慢するほかないでしょう(痛みがどうしても耐えられない場合、笑気麻酔をかけてくれるクリニックもあります)。

ただ、その痛みは一瞬で、火傷のようにずっとズキズキするわけではありません。また施術によって毛が減っていくと、それにつれて痛みは軽微になっていきます。

ケアの有無

サロンの場合、脱毛のほかに美肌ケアをやってくれるところが多く、オリジナルのジェルに様々な有効成分が入っていたり、施術後の冷却にたっぷり時間をかけてくれたりします。

一方、レーザー脱毛だと医療機関という制限もあって至れり尽くせりのサービスは期待できません。術後の冷却すらも省かれることがあります。

快適なサービスを期待するなら、サロンの方にすべきでしょう。

光脱毛&サロンのメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・クリニックよりもずっと施術コストが安い
・痛みが非常に軽く、特にハイパースキン法なら無痛ですむ
・様々な顧客サービスやケアが受けられる
・店内の内装も豪華で気持ちよい

悪い点

・レーザー脱毛よりも施術完了に時間がかかる
・メラニンの含有量が少ない産毛などは脱毛しにくい

サロン選びで気をつける点は?

気をつける点
メンズ脱毛サロン選びで気をつけたい点をいくつかあげてみます——

本当に客は男性オンリーなのか?

メンズ脱毛サロンというと、「施術に来る客は男性だけ」と考えがちですが、実際は男性が多い、というだけで、女性でも施術が可能な店舗もあります。

わざわざメンズ専門店で施術を受ける男性の中には、脱毛に来た姿を女性に見られたくないという人も多いでしょう。

それなのに、女性客が店内にいる、というのはイヤなものです。

施術に来る客が本当に男性だけなのかどうか、あらかじめ店に聞いておきましょう。

男性脱毛士を指定できる?

顧客を男性に限っているサロンでも、必ず男性脱毛士が施術にあたるとは限りません。サロンの中には女性スタッフがマシンを操作する店もあります。

「女性スタッフはイヤだ」という男性も少なくないと思いますので、男性スタッフを指名できるかどうか、契約前に調べておくべきです。

店の施術技術を口コミサイトで確認

これはメンズ脱毛サロンだけの話ではありませんが、店をチョイスする時は必ずネットで口コミを調べるべきです。

男性と女性の脱毛では、大きな相違点があります。それは、施術の困難さです。

男性ホルモンの分泌量が多い男性は毛が濃くなるため、女性と同程度の施術では効果がなかなかあがりません。

そのため機器のパワーを高めたりといった工夫が要りますが、これは手慣れた脱毛士でないとなかなかできません。

つまり脱毛士の技量によって、効果の違いが大きくあらわれるわけです。

ただ、サロンの方では脱毛士の技量について明かしてはくれませんし、公式サイトやカウンセリングだけでは、どのスタッフがベテランなのかは分かりません。

こんな時に口コミサイトなら、実際の客が感想を投稿しているので参考になります。

サロン側のサービスはどうか?

サロンで全身脱毛のプランを選ぶと、最低でも2年は店に通う必要があります。

それだけ施術回数も増えますが、もしスタッフの態度が良くないと、心地よい施術を受けることはできません。

どれだけ料金がお得でも、サービスに不満を感じたら中途解約したくなるでしょう。

解約という結果を招かないためにも、店のサービスについて口コミを調べておきましょう。

以上、脱毛したいという男性のために、メンズ脱毛サロンに関する様々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

現在、脱毛サロンは店数が多く、顧客獲得の競争も激しくなっています。キャンペーンも毎月のようにおこなわれているので、公式サイトなどを欠かさず調べるようにしましょう。

医療脱毛クリニックを賢く選ぶには?

肌の美しさを保ちたい、という女性(あるいは男性)にとって、ムダ毛は邪魔者のひとつです。
特に腕や脚といった部位に関しては、エチケット的にもそこに生えた毛を手入れすることになります。

その際はやはり専門家に脱毛してもらうのが最良の策ですが、そうなると出かける先は2つに絞られます。つまり、脱毛サロンとクリニックです。

以前は有名芸能人やモデルが出てくるコマーシャルにつられて、サロンを選ぶ人が圧倒的でした。ところが、近年は医療クリニックの利点も理解されるようになり、「どちらにするか困る」という人も増えてきています。

そこで、このページではそんな脱毛未経験者のために、医療クリニックの特徴や魅力を色々と紹介してみることにしました。
利点・難点はもちろん、たくさんある医院の中でどこと契約するか、そのポイントについても解説します。

クリニック脱毛の特徴・魅力

脱毛の特徴・魅力
手慣れたムダ毛のプロが施術をおこなってくれるのは、今のところサロンと医療クリニックしかありません。
もしクリニックを選ぶなら、あらかじめその特徴と魅力を知っておいた方がいいでしょう。

1)最新のレーザー技術を用いる

肌に特別な光線を射出して脱毛する点では、サロンもクリニックも同じです。しかし、クリニックの場合、レーザー光線を採用しているところが1番の特徴です。

レーザー脱毛を最初に提唱したのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ・A・パリッシュです。アンダーソンたちが1983年、科学雑誌「サイエンス」に発表した「選択的光熱凝固理論」は、クレオパトラの時代からおこなわれてきた脱毛の方法に革命をもたらしました。

それまで最もよく使われてきた脱毛方法は、使い捨ての電極(プローブ)を用いる「ニードル脱毛」(別名「美容電気脱毛」)でした。これは「電気分解脱毛法」と呼ばれるもので、1875年に米国の眼科医チャールズ・E・ミッチェルが考案したもの。電極から毛穴に微弱な電流を流し、毛を作り出す毛包を凝固化します。

後になって、ポール・N・クリーという人がこの脱毛方法を発展させますが、なにしろ狭い毛穴にプローブを差し入れていくために手間と時間が必要で、それだけ費用も高くなってしまいます(例えば、両脇脱毛でも20万円かかります)。
しかも電流を流すために施術部位の痛みも激烈。客は時間・痛みの両方でかなりの忍耐を強いられます。

この状況をあっという間に変えてしまったのが、レーザー脱毛の登場でした。

レーザー脱毛は、小さなビームスポットからレーザー光線を射出し、毛に3%だけ含有されているメラニン色素に働きかけます。他の光線と違ってレーザーは単一の波長を備え、発射された方向にどこまでもまっすぐ進みます。
また指向性が高く、狭い部位に集光することができるため、破壊力もケタ違いです。

そしてもうひとつ他に類例のない特性は、波長によって1つの色だけに反応する、というところ。つまり、赤、青、黒といった色のモノにレーザーを当てると、それだけで大きな損傷を与えられる、ということです。

脱毛においては、黒色だけに作用するように波長を媒質・光学素子によって700nm〜1000nmに調整。周辺の組織には何もしないため、肌への直接の照射ができます。

メラニン色素に吸収されたレーザーは65度〜70度ほどの熱エネルギーに変化するのですが、この高熱が毛を成長させる毛母細胞、毛乳頭といった組織を損傷し、毛が伸びないようにするわけです。

施術も簡単で、波長を調節してレーザーを当てるだけ。照射口のビームスポットの直径はわずかに数ミリですが、1回あたりの照射は100分の1秒と一瞬ですむため、迅速な施術が可能です。
ニードル脱毛のような手間のかかる作業はいりません。

開発当時は、ルビーを媒質に用いた光線しか使えませんでしたが、これは白人向けのもの。まもなく黄色人種に対応したアレキサンドライトが考案され、日本でも輸入されました。現在はダイオード、YAGなど、色々な媒質を使ったレーザー光線がそろっていて、個人個人に合わせて選べるようになっています。

2)「永久脱毛」がおこなえる

脱毛については、その詳細が一般に浸透しているとは言い難く、「1度光を当ててもらえば、その部位は一生涯無毛のままだ」と思っている人がいます。

もちろん、それは正しいとは言えません。
毛を伸ばす毛球部分は頑丈な組織で、1回の照射ではさほどのダメージを受けません。

また脱毛においては、毛の成長サイクル(毛周期)にあわせて照射を何回もおこなう必要があります。照射の頻度は2ヶ月に1度くらい。繰り返し光を当てるうちに毛が薄くなり、そのうち部位が無毛になって脱毛完了。その日数は数年になることもしばしばです。

ちなみにサロンでもムダ毛のメラニン色素に作用する光線を使いますが、そのパワーが抑えられているために、発毛組織は一時的に弱体化するだけです。
施術から数年も経つと、毛は再生してしまいます。

その点、医療クリニックでは抜群の破壊力を備えたレーザー光線を使うため、発毛機能が復活しない可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」ができるわけです。

3)マシンを扱えるのは医師だけ

先の項目でも書きましたが、サロンの脱毛方法はクリニックと似た要素があるとは言え、マシンから射出される光の種類が違うためにレーザー脱毛とは呼べません。またパワーに関する限り、サロンの光線とレーザーは段違いです。
サロンのスタッフに資格が不要なのも、サロンの光線のパワーが低いからです。

一方、レーザー脱毛はパワー抜群の光線を使うので、操作上の少しの失敗でも重篤な火傷につながりかねません。そのため施術できるのは、トラブルの際に対処できる医師に限られています。もちろん、治療の可能な設備・器具もそろっているので、その点でも安心できます。

医療脱毛の長所・短所

長所・短所

長所

・マシンを操作するのは医師なので、事故が起こってもすぐ対応できる
・永久脱毛が可能で、二度と毛が伸びない可能性が高まる
・脱毛完了に必要な期間が短く、サロンより施術回数が少なくてすむ

短所

・リーズナブルなプランが多いサロンと比べると、施術料がかなり高め
・レーザーの痛みが強いので、施術がイヤになる可能性がある
・肌トラブル(炎症、毛膿炎など)が生じる怖れがある

サロンとクリニックの相違点について

相違点について考える
脱毛サロンとクリニックの違いをこれまでも少しだけ書きましたが、ここで相違点をまとめて箇条書きにしてみます——

費用

脱毛が流行する前からサロンは派手な広告を女性誌に掲載していますが、そこには大きな字で「お値打ちのコースプラン」「今月のディスカウントキャンペーン」などと書かれています。
これで分かるように、サロンのセールスポイントのひとつは、その料金の安さです。

一方、クリニックは医療機関としての規制もあり、料金が大きく値下げされることはほとんどありません。

ここで、サロンと医療クリニックの施術コストがいくらくらいなのか、一覧にしてみましょう。

まずは脱毛サロンから。名前の知られた大手サロン20社の公式サイトから、部位ごとの平均料金を算出してみたところ——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・VIO…58,633円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・全身…164,700円

という結果になりました。

次に医療クリニックです。こちらも大手20院の平均コストを計算しました——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・VIO…67,975円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・全身…401,945円

こうすると、医療クリニックの料金がサロンより高いことが一目瞭然です。特に差があるのが顔脱毛で、クリニックの費用はサロンの3倍以上となっています。

効果

サロンとクリニックでは方法の違うマシンを導入しているため、その脱毛結果にも結構な差が出ます。

現在、サロンの脱毛方法は4〜5種類存在しますが、その中で1番よく採用されているのがIPL脱毛です(光脱毛、フラッシュ脱毛とも言われます)。

ワンショットで施術できる面積が広く、背中、腕、脚などには最適です。照射出力も限定されているので、痛みもさほど強くありません。

さらに各サロンで、クリプトンライトと専用のジェルを併用するSSC脱毛、バルジ領域を弱体化するSHR脱毛などを採用していますが、いずれにしてもその効果には限界があります。つまり、「脱毛」と称しているものの、サロンの施術は毛包を一時的に弱体化する「減毛」「抑毛」にすぎず、ツルツルになったとしてもその状態は数年しか続かないのです。

一方、医療クリニックのレーザーは人体組織を破壊するパワーを備えていて、脱毛完了後は毛が再生する可能性が低くなります。

保証

保証については、脱毛サロンとクリニックの間でほとんど差はありません。

効果がはっきり実感できるまで繰り返し施術できる「永久保証」、一定の日数のみ有効期限を延長できる「期間保証」、前払い金の一部を中途解約時に返してくれる「返金保証」などは、クリニックにもサロンにも存在します。

ただ、各クリニックで条件・種類がかなり異なるので、公式サイトなどであらかじめチェックしておきましょう。

その他

クリニックとサロンの相違点に関して、なぜか支店(支院)の数は見落とされがちです。

脱毛というのは一朝一夕にいきません。
部位がツルツルになるまで結構な日数がかかり、大掛かりなコースになると、数年間もサロンやクリニックに通わなければなりません。

人によっては、その長い期間に生活の状況がすっかり変わってしまうこともあります。引っ越し・転勤がその典型ですが、転居先にこれまで通ってきたクリニックの支院がないため、前払いした料金が全くムダになるケースも出てきます。

狭い部位なら2万円以下なのであきらめられるかもしれませんが、全身脱毛のコースだと前払い金も20万円を越えることが多くなります。
引っ越し後もそれを活かしたい、と思うのは当然です。

有名サロンなら全国の大きな街にたくさんの店舗があるため、引っ越し先でも前払い金を活かせる可能性が高くなります。ところがクリニックは全国展開しているところが少ないので、転居後は施術に通えないケースが多いようです。

ということで、「度々引っ越しする」という人の場合、支店の数の多い大手サロンを選んだ方がお得だと言えるでしょう。

クリニックの選び方 そのポイントとは?

選び方のポイント

脱毛の保証期間に留意する

一旦脱毛を始めると、指定された日数内に契約回数を終えないといけません。その日数はパーツによって異なりますが、2〜3年というのが普通です。
中には5年という長期間のところもあるので、忙しい人はそちらを選ぶといいでしょう。

リスクの説明はされているか?

脱毛はパワーの強いマシンを使うので、そのリスクを客にあらかじめ説明するのはクリニック側の義務です。公式サイトに、そのリスクがはっきり書かれているかチェックしましょう。

料金の設定は?

料金設定がハッキリしないクリニックは、高いコストをごまかそうとしている可能性があります。トータルでいくらくらいなのか、ちゃんと明記しているクリニックの方が安心できます。

医師の情報は書かれているか?

施術をおこなう医師の情報が公式サイトに書かれているか、あらかじめ確認しておきましょう。
情報を示していないクリニックは、経営がいい加減である可能性があります。

医師がカウンセリングをおこなっているか?

施術は医師が担当するのに、カウンセリングについては看護士がおこなうクリニックもあるようです。そんな態度は無責任な施術につながるので、避けた方が無難です。

以上、医療クリニックにおける脱毛の詳細、そして選ぶ際の注意点などについて解説してみました。いかがだったでしょうか。

クリニックについては、「レーザーの痛みが心配」「料金が高い」などの理由から、敷居が高いと感じている人も少なくないでしょう。
ただ、その高い脱毛効果はサロンでは得られません。結果を第一に考えるなら、やはりクリニックがおすすめです。

どうか上記の情報を参考に、自分にふさわしい医療クリニックを探して下さい。

家庭用脱毛器の購入で失望しないコツとは?

最近、脱毛がかなり身近なものになり、サロンや医療クリニックと契約して施術を受ける人も増えてきました。

ただ「脱毛に行きたいけど時間がない」「わざわざ予約を取るのがイヤだ」「お尻や股間をスタッフに見られたくない」といった理由で施術場所に通えない、あるいは通いたくない人もいます。

そんな人たちの間で人気が高いのが家庭用脱毛器です。

「自分も試しに買ってみたい」という人もいるでしょう。ただ、まだまだ売価は安くありませんし、機種がありすぎてどれを買えばいいのか迷ってしまうほどです。安易に購入して失望しないためにも、脱毛方式の特徴や効果、選び方のポイントについて、事前に確認しなければなりません。

そこで、このサイトを立ち上げました。家庭用脱毛器を購入したい、という人のために、お得な脱毛器の選び方などについて、紹介していこうと思います。

家庭用脱毛器の発売とその普及

家庭用脱毛器
脱毛の長い歴史の上でも画期的な理論、「選択的光熱凝固理論」が発表されたのは、1980年代に入ってからのことです。
その理論を応用した器械が欧米で登場したのが1990年代、そして2000年代になると日本でも光による脱毛機器が普及するようになります。

ただ、それらはあくまでプロが扱う大型マシンで、家庭でのムダ毛処理のツールはカミソリ、毛抜など、昔ながらのものしかありませんでした。

そんな中、2005年に家庭用脱毛器「アイエピ」が発売されました。

以前も家庭用脱毛器は発売されてはいたのですが、いずれも脱毛効果は低く、「珍奇なアイデア商品」という域にとどまっていました。
ところがこの「アイエピ」は効果的にムダ毛が処理できるというのでかなりの評判となり、光を使った脱毛器を家庭に普及させるきっかけとなったのです。

そして2009年に「イーモ」、2012年に「ケノン」が発売され、脱毛器市場が一気に拡大。今の隆盛をもたらすことになります。

ムダ毛処理に困っていた人にとって、家庭用脱毛器の登場は大きなニュースでした。

何しろ店や医院の施術では、肌が無毛になるまで数ヶ月〜数年はかかります。
その間に通わなくなる人も多いですし、費用が10万円以上かかることも珍しくありません。

それが家庭用脱毛器なら、高い効果が期待できる上に経費も大幅に節約できるのですから、すぐに多くの機種が登場したのも当然でしょう。

ただ脱毛器は、機種の当たり外れが大きい、と言われています。以下で紹介するメリット・デメリット、方式の特徴などをしっかり理解して、自分に合ったものを見つけ出して下さい。

家庭用脱毛器選びのポイントとは?

家庭用脱毛器選びのポイント
下のセクションでも書いていますが、家庭用脱毛器にはいくつかの脱毛方式があり、その差が効果にも大きくあらわれます。

ですから購入側にも脱毛についての知識が要求され、「バーゲンでたまたま値引きしていたから」といった理由で買ってしまうと、結局は後悔する結果に終わります。

家庭用脱毛器の購入でガッカリしないためには以下のような点に気をつけましょう——

照射出力はどれだけあるか?

個人個人によって脱毛効果というのは感じ方が異なるので一概にはいえませんが、脱毛器の照射出力が大きければ大きいほど効果も高い、というのが常識です。とにかく効果を第一に考えたい人は、照射出力の大きい機種がおすすめです。

ただ、出力が大きくなるとそれだけ毛穴や肌に負担が増え、火傷などの肌トラブルも起きやすくなります。
トラブルを避けたいなら、出力を調節できる機種を選ぶべきです。

照射範囲はどの程度か?

1回照射すれば、どれだけの面積を処理できるのか。その点は機種によって違うため、購入前にきっちりと調べておきましょう。

スムーズに処理ができないと手入れそのものが嫌になります。
「せっかく手に入れたのにすぐに使わなくなった」という結果にならないためにも、照射範囲のデータはちゃんと確認して下さい。

自分が処理したい部位に対応しているか?

人によってムダ毛を処理したい部位は違います。

家庭用脱毛器を買う時は、「自分がどの部位の手入れに使う予定か」そして「その機種がどんなところに使えるのか」をチェックして下さい。

特に「顔」や「VIO」に使いたい人は注意が必要です。全身脱毛は対応できても、デリケートな部位には使えないものが少なくありません。

公式サイトには対応部位が載っている事が多いので、まず調べてみましょう。

コストパフォーマンスは優秀か?

脱毛器の購入に関してよく聞くのは、本体自体はリーズナブルに手に入れたのに、消耗品のカートリッジの費用が高くて失望する、というもの……。

家庭用脱毛器には多くの機種があります。
価格の点だけでも、2万円以下の格安品から、10万円を越える高級なものまで色々売っていますが、ムダ毛を手入れすると必ず消耗してしまうカートリッジのコストを忘れてはいけません。

脱毛器の購入を決心したら、本体の価格の他に、カートリッジの値段とその交換頻度についても、あらかじめ調べておきましょう。

家庭用脱毛器を使用する上での長所・短所

長所・短所

長所

・プロの施術に比べ、2分の1以下の費用でムダ毛処理が可能
・施術場所に出かける必要がなく、交通費とその所要時間が節約できる
・他人に見られるのを避けたい部位も、好きなだけ手入れできる

短所

・目で確認しづらいパーツ(うなじ・背中・ヒップなど)の手入れは、人の助けが必要
・自分ですべての処置をおこなう必要があるので、つい怠けてしまう
・脱毛処理のほかに、肌トラブルの予防と対処がかなり面倒

永久脱毛は家庭用脱毛器でもおこなえる?

永久脱毛はおこなえる?
家庭用脱毛器はサロンや医療クリニックの器械を小型化したもので、脱毛のメカニズム自体は全く変わりません。

ただ、照射で生じがちな火傷などを防止するため、パワーはかなり制限されています。そのため、光の強いパワーが必要な永久脱毛はできません。

ちなみに、永久脱毛はどの店や医院でも可能というわけではありません。一般のサロンでの施術はあくまで「抑毛」であって、毛はいずれ復活します。

永久脱毛したいなら、レーザー脱毛の可能な医療クリニックに足を運んで下さい。

脱毛器の方式にはどんなものがある?

脱毛器の方式について
家庭用脱毛器で使われる脱毛方式について、いくつか説明してみましょう——

フラッシュ式

家庭用脱毛器で最もポピュラーな脱毛方式が、フラッシュ式です。原理的にはサロンのマシンと同じで、IPLという特別な光を用います。

この光を肌に照射すると、表皮の中に隠れた毛根部位が熱によるダメージを受けます。そして継続的に照射するうちにその発毛機能が衰えていき、毛の成長がストップするわけです。

この方式の最大の利点は照射口が大きく、ワンショットの処理面積が広いこと。そのために手入れにかかる時間も短く、背中、腕、足などの部位にはぴったりです。

照射パワーは火傷を起こさないように抑えられているので、安全性も問題ありません。また、痛みも軽微ですみます。

難点は、脱毛完了までの期間が長くなること。それでも1年ほど照射を続けると、自己処理がいらなくなります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、医療クリニックで活用されています。ムダ毛のメラニン色素にレーザーが反応し、熱エネルギーへと変化。その熱によって毛根部位がダメージを受け、毛の発育がストップします。

光の照射範囲が狭く、パワーが強いため、細かい部位や毛根の太い剛毛を処理したい時に最適です。

脱毛完了までの期間も短く、3ヶ月もすれば効果があらわれてきます。

ただ1回の照射に手間と時間が必要で、背中・足などの広い部位には向いていません。打ち漏れも生じやすくなっています。

また、照射による「痛み」も見逃せない難点です。「痛みは考えていた以上で、思わず叫んでしまった」「痛みを想像すると照射の直前は汗が出てくる」といった口コミが目立ちます。

特に「痛い」とされている部位はデリケートゾーン、骨付近のスネ、脇といったところで、もしこれらの部位を手入れするのならパワーをかなり下げた方が無難です。

あと、レーザーがシミ、ホクロ、日焼けといった黒い部分に反応することがあるので、カバーやシールをするか、照射を避けるようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ピンセットの形をした金属の先端でムダ毛をつかみ、弱い電流を流すことで毛根からの発毛を防ぎます。光を照射しないため、眉、額の生え際など、目の近くのパーツも処理できます。

また、他の方式だと手入れの難しい日焼け肌の毛・白髪も、高周波なら問題ありません。

ただ、1本1本を処理していくため、広い部位だと手間と時間がかかります。
スピーディに手入れしたいのなら、フラッシュ式の方をおすすめします。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式の3つは、いずれも熱によって毛根を弱体化し、発毛を止めるというもの。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、毛根へのダメージはありません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッドにある熱線によってムダ毛を焼き切ります。肌から外に伸びている部分を処理するだけなので、毛はすぐに生えてきます。

ただ、毛先がカミソリと違って丸くなるため、チクチク感が苦手な人は助かるでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これは皮膚にローラーを転がしてムダ毛を絡ませ、根こそぎ引き抜きます。

方法は毛抜と同じなのですが、広範囲をスピーディに手入れできるのが良いところです。
もちろん毛穴や肌には良くないので、おすすめはできません。

人気のある家庭用脱毛器の価格はどれくらい?

価格について
家庭用脱毛器を買おうと決めた場合、まず気にかかるのがその値段でしょう。

ここでは公式サイトをもとに、人気のある家庭用脱毛器の価格を一覧にしてみました(「照射面積」「1ショットあたりの単価」も併記しておきます)。

・ケノン
値段…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方cm
1ショット当たりの単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
値段…49,299円(税込)
照射面積…6平方cm
1ショット当たりの単価…1.78円

・4x
値段…38,999円(税込)
照射面積…1平方cm
1ショット当たりの単価…0.08円

・ラヴィ
値段…40,000円(税込)
照射面積…6平方cm
1ショット当たりの単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
値段…116,640円(税込)
照射面積…12平方cm
1ショット当たりの単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
値段…57,998円(税込)
照射面積…4平方cm
1ショット当たりの単価…0.20円

・光エステ
値段…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方cm
1ショット当たりの単価…0.29円

一覧のうち、最も値段の張るのはレイボーテグランデの116,640円、そして最も安価なのは光エステの25,200円です(ちなみにもっと安い機種もあるのですが、それらは本当は「除毛器」なのでここには含めていません)。

すでに言ったように、買う時にはカートリッジの存在を考える必要があります。一覧には併記しませんでしたが、カートリッジの価格がどれくらいなのか、自分で調べておきましょう。
本体とカートリッジの合計を比べることで、本当の価格差が分かります。

そして、1ショットの単価も重要な要素です。

一覧を見て、「1ショットあたりの差なんてほんのわずかで、問題にならない」と思う人もいるでしょう。

しかし、脱毛は1回の照射で終りません。2週間に1回の割で光を当て続けていきます。つまり1ショットならわずかの差でも、蓄積されることで相当な違いとなるのです。

最後に「照射範囲」のチェックも大切。
ショットの数は1回で照射できる面積が大きいほど減っていきますから、その数値によってカートリッジの消耗度合いが変わってきます。

なお、4xの照射範囲が狭くなっていますが、これは4xがレーザー式だから……。フラッシュ式のレイボーテグランデやケノンと比べると、かなりの差があります。

広い部位を処理対象とするなら特に、ワンショットの単価と照射範囲を確認しておきましょう。

以上、家庭用脱毛器の選び方のコツ、方式の種類などについて紹介してみました。いかがだったでしょうか?

何度も述べたように、家庭用脱毛器はもたらされる効果がその機種と方式によって違ってきます。
その情報をあらかじめ心得ておくことが、賢い購入のポイントとなります。

ぜひ自分に見合った機種を選び、快適な脱毛生活を送って下さい。