脱毛コラム

後悔しないメンズ脱毛サロンの選び方とは?

最近は冬でも露出度の高い服装をしている人が珍しくありませんが、それだけに肌のケアには気をつけないといけません。
ただ熱心に化粧品などでケアしていても、いつの間にか成長しているムダ毛はお肌の魅力を台無しにしがちです。

他人に気づかれる前に熱心に抜いたり剃ったりしている人も多いでしょう。ただ毛抜きやカミソリ、除毛クリームなどはお肌の大敵です。それらを使った自己処理というのは肌に有害な刺激となり、皮膚の硬化、埋もれ毛、色素沈着といったトラブルを引き起こす危険性があります。

そこで利用する人が多くなっているのが、サロンや医療クリニックでの脱毛。
大昔はとんでもなく高かった施術料も脱毛技術の向上によってディスカウントされ、いまではすっかり一般的な金額になっています。

さらに脱毛人気は性別の枠を超え、男性でもプロに施術してもらう人が増えているとか。

実は、日本で第一号のメンズサロンがオープンしたのは、1986年。意外と古いのです。

最初は訪れる客も少なかったようですが、21世紀に入ると男性も美意識が高まって脱毛することに抵抗がなくなりました。そして、2011年以降は店舗の数も右肩上がりに増えてきています。それだけ脱毛への需要が高まっているということです。

やはり「毛がモジャモジャの男性はイヤ」という女性が多いため、モテるためにも脱毛したいという男性がサロンを訪れているようです。

ただ「一度脱毛にチャレンジしたい」と思っていても、サロンというのは女性が通うところというイメージがあり、男性がそこを訪れるのはちょっとハードルが高いものです。

また「料金はどれくらい?」「脱毛完了までに何ヶ月必要?」「施術の回数は?」といった疑問がネックとなり、結局は行くのを断念してしまうという男性も少なくありません。

そこでこのサイトを作ってみました。メンズ脱毛サロンに着目し、そこで使われている「光脱毛」の詳細、施術コスト、完了までの日数、痛みの有無、そしてサロン選びのポイントについて解説していきます。脱毛にトライしたい男性は、どうか参考になさってください。

光脱毛ってどんなもの?

光脱毛について
ある程度年配の方に脱毛のイメージについて質問すると、「細い針を毛穴に刺して、ムダ毛を焼くやつでしょ?」という答えが戻ってくることがあります。

この答えは間違っているわけではありません。実際、20年ほどの前のサロンやクリニックでは、針に似た電極(プローブ)を毛穴に差し込み、弱い電気を流すという方法で、施術をおこなっていました。

この方法は、セントルイスの眼科医によって1869年に発明された「電気分解脱毛法」というもの。うまくいけば一生その部位はツルツルのままなので人気を博し、改良された機器が日本にも持ち込まれました。そして「ニードル脱毛」あるいは「美容電気脱毛」として当時1番ポピュラーな脱毛方法となり、上に記したような脱毛の印象を生み出したのです(現在でも一部のクリニックで使われています)。

ただ、この方法は手作業で毛穴ひとつひとつにプローブを挿入していくため、相当な労力と時間がいります。
そのためにどうしても施術料が高くなり、脱毛できる客は限られていました。

やがて、このニードル脱毛よりずっと能率的な方法がアメリカで考案されます。それがレーザー脱毛です。

この方法は、毛根に物理的に接触することなくムダ毛を処理する、という点で画期的でした。

やがて、この原理によって「光脱毛」という別の種類の脱毛方法が生み出され、今のサロンで広く使われるようになります。

光脱毛の詳細

ここで光脱毛について、ちょっと詳しく紹介してみます。

光脱毛では、普通の光とは違った特別なライトが使われます。ライトはムダ毛に照射されると毛の成分のひとつ・メラニン色素に反応します。

ライトはメラニンに吸収された後、熱へと変化。その高熱の影響で毛根にある発毛器官が衰え、毛の生長が止まるわけです。

この施術を長期間に渡って継続することで毛の本数は確実に減っていき、やがて部位が無毛の状態になります。

光脱毛にも種類がいくつかあり、現在は次のようなものが使われています——

「IPL方式」
「SSC方式」
「SHR方式」
「ハイパースキン法」

それぞれの特徴をざっと紹介していきましょう。

まず、IPL方式。これは「フラッシュ脱毛」とも言われ、光脱毛の代名詞といっていい方式。サロンで最もよく使用されています。インテンスパルスライトと呼ばれる広帯域のライトが用いられ、上で紹介したような仕組みで毛根の発毛を阻害していきます。

デメリットは施術時に痛みがあること。ただいたって軽微なので、よほど痛みに敏感な人以外は問題にはなりません。

次にSSC方式。「SSC」は「スムース・スキン・コントロール」の頭文字を取ったものです。

この方式はIPLと異なり、ライトと専用ジェルの2つを使います。

ジェルには、極小のカプセル「トレジャービーンズ」が入っています。
施術部位にジェルを塗ってクリプトンライトを射出すると、カプセルの中の成分が毛包へと浸透していきます。

その有効成分の中心が「フィリニーブ」。イソフラボン、セイヨウシロヤナギ、サリチル酸、メントールなどで構成され、抑毛効果をあげます。ほかに保湿・炎症抑制効果もあるので、施術した後の肌トラブルを防いでくれます。

ジェルが脱毛効果を発揮するので、ライトは高温でなくてもオーケー。ですから痛みはかなり抑えられます。

次にSHR方式。「スーパーヘアリムーバル」を略したもので、「蓄熱式」とも呼ばれます。

これまでの方式では毛根全体が標的でしたが、SHRは毛根の一部であるバルジ領域がターゲットになります(バルジは「ふくらみ」という意味です)。

このバルジ領域は毛球部に信号を送って毛の産生を起こさせています。つまり、バルジ領域を弱めれば、ほかの組織に損傷を与えなくても脱毛できるわけです。

バルジ領域の場所は毛乳頭、毛球などの部位よりも肌の表面に近く、低温の熱でも十分なダメージを与えられます。
このことで痛みが大幅に軽い施術ができます。

最後にハイパースキン法。こちらは発毛因子をターゲットにするため、メラニンが含まれない毛でも脱毛できます。施術時のライトの温度は36度〜38度ですから、痛みは皆無。むしろ気持ち良いくらいです。ただ、ヒゲの脱毛には不向きで、他の部位しか施術できません。

レーザー脱毛と光脱毛を比べる

レーザー脱毛と光脱毛を比べる
サロンでは光脱毛が採用されていますが、医療クリニックではレーザー脱毛がメインです。この2つがどう異なるのか、いくつかの点で比べてみましょう。

施術回数

光脱毛の施術回数、そして処理可能なムダ毛の割合は、以下の通りです——

・6回  約50%
・12回 約80%
・18回 約95%

一方レーザー脱毛だと、5回か6回施術をおこなえば約95%のムダ毛が脱毛可能です。

レーザー脱毛の原理は光脱毛とほとんど同じですが、照射パワーがケタ違いなので、施術の回数が減るのです。

「なぜ一回の施術で全部の毛を除去できないの?」と不思議に感じる人がいるかもしれません。それは、レーザー光線やIPLが肌の外に伸びているムダ毛にしか作用しないためです。

毛には毛周期という生長サイクルがあり、施術できるのは成長期のもの、つまり毛幹の毛のみです。他の毛は肌の下に埋もれているため、除去するには成長期まで待つ必要があります。そのため、レーザーのように強烈な威力の光でも、何回も施術をおこなわなければなりません。

施術料

光脱毛の費用の平均相場は、以下の通りです——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・背中(上下)…71,600円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・全身…164,700円
・VIO…58,633円

一方、レーザー脱毛の平均相場は以下のようになっています——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・背中(上下)…91,917円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・全身…401,945円
・VIO…67,975円

このように施術コストを比べると、サロンの光脱毛の方が相当お得です。

痛み

光脱毛は、痛みに弱い人にピッタリの脱毛方法です。IPL方式では多少チクリとしますが、他の方式だと痛みはほとんど感じられません。

もちろん、それだけ照射パワーは限定されていて、効果があがるまでの施術日数は多くなります。

一方、レーザーはパワーがものすごく強いため、施術時はどうしても痛みを感じます。ただ脱毛効果は優れているので、この痛みは我慢するほかないでしょう(痛みがどうしても耐えられない場合、笑気麻酔をかけてくれるクリニックもあります)。

ただ、その痛みは一瞬で、火傷のようにずっとズキズキするわけではありません。また施術によって毛が減っていくと、それにつれて痛みは軽微になっていきます。

ケアの有無

サロンの場合、脱毛のほかに美肌ケアをやってくれるところが多く、オリジナルのジェルに様々な有効成分が入っていたり、施術後の冷却にたっぷり時間をかけてくれたりします。

一方、レーザー脱毛だと医療機関という制限もあって至れり尽くせりのサービスは期待できません。術後の冷却すらも省かれることがあります。

快適なサービスを期待するなら、サロンの方にすべきでしょう。

光脱毛&サロンのメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・クリニックよりもずっと施術コストが安い
・痛みが非常に軽く、特にハイパースキン法なら無痛ですむ
・様々な顧客サービスやケアが受けられる
・店内の内装も豪華で気持ちよい

悪い点

・レーザー脱毛よりも施術完了に時間がかかる
・メラニンの含有量が少ない産毛などは脱毛しにくい

サロン選びで気をつける点は?

気をつける点
メンズ脱毛サロン選びで気をつけたい点をいくつかあげてみます——

本当に客は男性オンリーなのか?

メンズ脱毛サロンというと、「施術に来る客は男性だけ」と考えがちですが、実際は男性が多い、というだけで、女性でも施術が可能な店舗もあります。

わざわざメンズ専門店で施術を受ける男性の中には、脱毛に来た姿を女性に見られたくないという人も多いでしょう。

それなのに、女性客が店内にいる、というのはイヤなものです。

施術に来る客が本当に男性だけなのかどうか、あらかじめ店に聞いておきましょう。

男性脱毛士を指定できる?

顧客を男性に限っているサロンでも、必ず男性脱毛士が施術にあたるとは限りません。サロンの中には女性スタッフがマシンを操作する店もあります。

「女性スタッフはイヤだ」という男性も少なくないと思いますので、男性スタッフを指名できるかどうか、契約前に調べておくべきです。

店の施術技術を口コミサイトで確認

これはメンズ脱毛サロンだけの話ではありませんが、店をチョイスする時は必ずネットで口コミを調べるべきです。

男性と女性の脱毛では、大きな相違点があります。それは、施術の困難さです。

男性ホルモンの分泌量が多い男性は毛が濃くなるため、女性と同程度の施術では効果がなかなかあがりません。

そのため機器のパワーを高めたりといった工夫が要りますが、これは手慣れた脱毛士でないとなかなかできません。

つまり脱毛士の技量によって、効果の違いが大きくあらわれるわけです。

ただ、サロンの方では脱毛士の技量について明かしてはくれませんし、公式サイトやカウンセリングだけでは、どのスタッフがベテランなのかは分かりません。

こんな時に口コミサイトなら、実際の客が感想を投稿しているので参考になります。

サロン側のサービスはどうか?

サロンで全身脱毛のプランを選ぶと、最低でも2年は店に通う必要があります。

それだけ施術回数も増えますが、もしスタッフの態度が良くないと、心地よい施術を受けることはできません。

どれだけ料金がお得でも、サービスに不満を感じたら中途解約したくなるでしょう。

解約という結果を招かないためにも、店のサービスについて口コミを調べておきましょう。

以上、脱毛したいという男性のために、メンズ脱毛サロンに関する様々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

現在、脱毛サロンは店数が多く、顧客獲得の競争も激しくなっています。キャンペーンも毎月のようにおこなわれているので、公式サイトなどを欠かさず調べるようにしましょう。

医療脱毛クリニックを賢く選ぶには?

肌の美しさを保ちたい、という女性(あるいは男性)にとって、ムダ毛は邪魔者のひとつです。
特に腕や脚といった部位に関しては、エチケット的にもそこに生えた毛を手入れすることになります。

その際はやはり専門家に脱毛してもらうのが最良の策ですが、そうなると出かける先は2つに絞られます。つまり、脱毛サロンとクリニックです。

以前は有名芸能人やモデルが出てくるコマーシャルにつられて、サロンを選ぶ人が圧倒的でした。ところが、近年は医療クリニックの利点も理解されるようになり、「どちらにするか困る」という人も増えてきています。

そこで、このページではそんな脱毛未経験者のために、医療クリニックの特徴や魅力を色々と紹介してみることにしました。
利点・難点はもちろん、たくさんある医院の中でどこと契約するか、そのポイントについても解説します。

クリニック脱毛の特徴・魅力

脱毛の特徴・魅力
手慣れたムダ毛のプロが施術をおこなってくれるのは、今のところサロンと医療クリニックしかありません。
もしクリニックを選ぶなら、あらかじめその特徴と魅力を知っておいた方がいいでしょう。

1)最新のレーザー技術を用いる

肌に特別な光線を射出して脱毛する点では、サロンもクリニックも同じです。しかし、クリニックの場合、レーザー光線を採用しているところが1番の特徴です。

レーザー脱毛を最初に提唱したのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ・A・パリッシュです。アンダーソンたちが1983年、科学雑誌「サイエンス」に発表した「選択的光熱凝固理論」は、クレオパトラの時代からおこなわれてきた脱毛の方法に革命をもたらしました。

それまで最もよく使われてきた脱毛方法は、使い捨ての電極(プローブ)を用いる「ニードル脱毛」(別名「美容電気脱毛」)でした。これは「電気分解脱毛法」と呼ばれるもので、1875年に米国の眼科医チャールズ・E・ミッチェルが考案したもの。電極から毛穴に微弱な電流を流し、毛を作り出す毛包を凝固化します。

後になって、ポール・N・クリーという人がこの脱毛方法を発展させますが、なにしろ狭い毛穴にプローブを差し入れていくために手間と時間が必要で、それだけ費用も高くなってしまいます(例えば、両脇脱毛でも20万円かかります)。
しかも電流を流すために施術部位の痛みも激烈。客は時間・痛みの両方でかなりの忍耐を強いられます。

この状況をあっという間に変えてしまったのが、レーザー脱毛の登場でした。

レーザー脱毛は、小さなビームスポットからレーザー光線を射出し、毛に3%だけ含有されているメラニン色素に働きかけます。他の光線と違ってレーザーは単一の波長を備え、発射された方向にどこまでもまっすぐ進みます。
また指向性が高く、狭い部位に集光することができるため、破壊力もケタ違いです。

そしてもうひとつ他に類例のない特性は、波長によって1つの色だけに反応する、というところ。つまり、赤、青、黒といった色のモノにレーザーを当てると、それだけで大きな損傷を与えられる、ということです。

脱毛においては、黒色だけに作用するように波長を媒質・光学素子によって700nm〜1000nmに調整。周辺の組織には何もしないため、肌への直接の照射ができます。

メラニン色素に吸収されたレーザーは65度〜70度ほどの熱エネルギーに変化するのですが、この高熱が毛を成長させる毛母細胞、毛乳頭といった組織を損傷し、毛が伸びないようにするわけです。

施術も簡単で、波長を調節してレーザーを当てるだけ。照射口のビームスポットの直径はわずかに数ミリですが、1回あたりの照射は100分の1秒と一瞬ですむため、迅速な施術が可能です。
ニードル脱毛のような手間のかかる作業はいりません。

開発当時は、ルビーを媒質に用いた光線しか使えませんでしたが、これは白人向けのもの。まもなく黄色人種に対応したアレキサンドライトが考案され、日本でも輸入されました。現在はダイオード、YAGなど、色々な媒質を使ったレーザー光線がそろっていて、個人個人に合わせて選べるようになっています。

2)「永久脱毛」がおこなえる

脱毛については、その詳細が一般に浸透しているとは言い難く、「1度光を当ててもらえば、その部位は一生涯無毛のままだ」と思っている人がいます。

もちろん、それは正しいとは言えません。
毛を伸ばす毛球部分は頑丈な組織で、1回の照射ではさほどのダメージを受けません。

また脱毛においては、毛の成長サイクル(毛周期)にあわせて照射を何回もおこなう必要があります。照射の頻度は2ヶ月に1度くらい。繰り返し光を当てるうちに毛が薄くなり、そのうち部位が無毛になって脱毛完了。その日数は数年になることもしばしばです。

ちなみにサロンでもムダ毛のメラニン色素に作用する光線を使いますが、そのパワーが抑えられているために、発毛組織は一時的に弱体化するだけです。
施術から数年も経つと、毛は再生してしまいます。

その点、医療クリニックでは抜群の破壊力を備えたレーザー光線を使うため、発毛機能が復活しない可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」ができるわけです。

3)マシンを扱えるのは医師だけ

先の項目でも書きましたが、サロンの脱毛方法はクリニックと似た要素があるとは言え、マシンから射出される光の種類が違うためにレーザー脱毛とは呼べません。またパワーに関する限り、サロンの光線とレーザーは段違いです。
サロンのスタッフに資格が不要なのも、サロンの光線のパワーが低いからです。

一方、レーザー脱毛はパワー抜群の光線を使うので、操作上の少しの失敗でも重篤な火傷につながりかねません。そのため施術できるのは、トラブルの際に対処できる医師に限られています。もちろん、治療の可能な設備・器具もそろっているので、その点でも安心できます。

医療脱毛の長所・短所

長所・短所

長所

・マシンを操作するのは医師なので、事故が起こってもすぐ対応できる
・永久脱毛が可能で、二度と毛が伸びない可能性が高まる
・脱毛完了に必要な期間が短く、サロンより施術回数が少なくてすむ

短所

・リーズナブルなプランが多いサロンと比べると、施術料がかなり高め
・レーザーの痛みが強いので、施術がイヤになる可能性がある
・肌トラブル(炎症、毛膿炎など)が生じる怖れがある

サロンとクリニックの相違点について

相違点について考える
脱毛サロンとクリニックの違いをこれまでも少しだけ書きましたが、ここで相違点をまとめて箇条書きにしてみます——

費用

脱毛が流行する前からサロンは派手な広告を女性誌に掲載していますが、そこには大きな字で「お値打ちのコースプラン」「今月のディスカウントキャンペーン」などと書かれています。
これで分かるように、サロンのセールスポイントのひとつは、その料金の安さです。

一方、クリニックは医療機関としての規制もあり、料金が大きく値下げされることはほとんどありません。

ここで、サロンと医療クリニックの施術コストがいくらくらいなのか、一覧にしてみましょう。

まずは脱毛サロンから。名前の知られた大手サロン20社の公式サイトから、部位ごとの平均料金を算出してみたところ——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・VIO…58,633円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・全身…164,700円

という結果になりました。

次に医療クリニックです。こちらも大手20院の平均コストを計算しました——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・VIO…67,975円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・全身…401,945円

こうすると、医療クリニックの料金がサロンより高いことが一目瞭然です。特に差があるのが顔脱毛で、クリニックの費用はサロンの3倍以上となっています。

効果

サロンとクリニックでは方法の違うマシンを導入しているため、その脱毛結果にも結構な差が出ます。

現在、サロンの脱毛方法は4〜5種類存在しますが、その中で1番よく採用されているのがIPL脱毛です(光脱毛、フラッシュ脱毛とも言われます)。

ワンショットで施術できる面積が広く、背中、腕、脚などには最適です。照射出力も限定されているので、痛みもさほど強くありません。

さらに各サロンで、クリプトンライトと専用のジェルを併用するSSC脱毛、バルジ領域を弱体化するSHR脱毛などを採用していますが、いずれにしてもその効果には限界があります。つまり、「脱毛」と称しているものの、サロンの施術は毛包を一時的に弱体化する「減毛」「抑毛」にすぎず、ツルツルになったとしてもその状態は数年しか続かないのです。

一方、医療クリニックのレーザーは人体組織を破壊するパワーを備えていて、脱毛完了後は毛が再生する可能性が低くなります。

保証

保証については、脱毛サロンとクリニックの間でほとんど差はありません。

効果がはっきり実感できるまで繰り返し施術できる「永久保証」、一定の日数のみ有効期限を延長できる「期間保証」、前払い金の一部を中途解約時に返してくれる「返金保証」などは、クリニックにもサロンにも存在します。

ただ、各クリニックで条件・種類がかなり異なるので、公式サイトなどであらかじめチェックしておきましょう。

その他

クリニックとサロンの相違点に関して、なぜか支店(支院)の数は見落とされがちです。

脱毛というのは一朝一夕にいきません。
部位がツルツルになるまで結構な日数がかかり、大掛かりなコースになると、数年間もサロンやクリニックに通わなければなりません。

人によっては、その長い期間に生活の状況がすっかり変わってしまうこともあります。引っ越し・転勤がその典型ですが、転居先にこれまで通ってきたクリニックの支院がないため、前払いした料金が全くムダになるケースも出てきます。

狭い部位なら2万円以下なのであきらめられるかもしれませんが、全身脱毛のコースだと前払い金も20万円を越えることが多くなります。
引っ越し後もそれを活かしたい、と思うのは当然です。

有名サロンなら全国の大きな街にたくさんの店舗があるため、引っ越し先でも前払い金を活かせる可能性が高くなります。ところがクリニックは全国展開しているところが少ないので、転居後は施術に通えないケースが多いようです。

ということで、「度々引っ越しする」という人の場合、支店の数の多い大手サロンを選んだ方がお得だと言えるでしょう。

クリニックの選び方 そのポイントとは?

選び方のポイント

脱毛の保証期間に留意する

一旦脱毛を始めると、指定された日数内に契約回数を終えないといけません。その日数はパーツによって異なりますが、2〜3年というのが普通です。
中には5年という長期間のところもあるので、忙しい人はそちらを選ぶといいでしょう。

リスクの説明はされているか?

脱毛はパワーの強いマシンを使うので、そのリスクを客にあらかじめ説明するのはクリニック側の義務です。公式サイトに、そのリスクがはっきり書かれているかチェックしましょう。

料金の設定は?

料金設定がハッキリしないクリニックは、高いコストをごまかそうとしている可能性があります。トータルでいくらくらいなのか、ちゃんと明記しているクリニックの方が安心できます。

医師の情報は書かれているか?

施術をおこなう医師の情報が公式サイトに書かれているか、あらかじめ確認しておきましょう。
情報を示していないクリニックは、経営がいい加減である可能性があります。

医師がカウンセリングをおこなっているか?

施術は医師が担当するのに、カウンセリングについては看護士がおこなうクリニックもあるようです。そんな態度は無責任な施術につながるので、避けた方が無難です。

以上、医療クリニックにおける脱毛の詳細、そして選ぶ際の注意点などについて解説してみました。いかがだったでしょうか。

クリニックについては、「レーザーの痛みが心配」「料金が高い」などの理由から、敷居が高いと感じている人も少なくないでしょう。
ただ、その高い脱毛効果はサロンでは得られません。結果を第一に考えるなら、やはりクリニックがおすすめです。

どうか上記の情報を参考に、自分にふさわしい医療クリニックを探して下さい。

家庭用脱毛器の購入で失望しないコツとは?

最近、脱毛がかなり身近なものになり、サロンや医療クリニックと契約して施術を受ける人も増えてきました。

ただ「脱毛に行きたいけど時間がない」「わざわざ予約を取るのがイヤだ」「お尻や股間をスタッフに見られたくない」といった理由で施術場所に通えない、あるいは通いたくない人もいます。

そんな人たちの間で人気が高いのが家庭用脱毛器です。

「自分も試しに買ってみたい」という人もいるでしょう。ただ、まだまだ売価は安くありませんし、機種がありすぎてどれを買えばいいのか迷ってしまうほどです。安易に購入して失望しないためにも、脱毛方式の特徴や効果、選び方のポイントについて、事前に確認しなければなりません。

そこで、このサイトを立ち上げました。家庭用脱毛器を購入したい、という人のために、お得な脱毛器の選び方などについて、紹介していこうと思います。

家庭用脱毛器の発売とその普及

家庭用脱毛器
脱毛の長い歴史の上でも画期的な理論、「選択的光熱凝固理論」が発表されたのは、1980年代に入ってからのことです。
その理論を応用した器械が欧米で登場したのが1990年代、そして2000年代になると日本でも光による脱毛機器が普及するようになります。

ただ、それらはあくまでプロが扱う大型マシンで、家庭でのムダ毛処理のツールはカミソリ、毛抜など、昔ながらのものしかありませんでした。

そんな中、2005年に家庭用脱毛器「アイエピ」が発売されました。

以前も家庭用脱毛器は発売されてはいたのですが、いずれも脱毛効果は低く、「珍奇なアイデア商品」という域にとどまっていました。
ところがこの「アイエピ」は効果的にムダ毛が処理できるというのでかなりの評判となり、光を使った脱毛器を家庭に普及させるきっかけとなったのです。

そして2009年に「イーモ」、2012年に「ケノン」が発売され、脱毛器市場が一気に拡大。今の隆盛をもたらすことになります。

ムダ毛処理に困っていた人にとって、家庭用脱毛器の登場は大きなニュースでした。

何しろ店や医院の施術では、肌が無毛になるまで数ヶ月〜数年はかかります。
その間に通わなくなる人も多いですし、費用が10万円以上かかることも珍しくありません。

それが家庭用脱毛器なら、高い効果が期待できる上に経費も大幅に節約できるのですから、すぐに多くの機種が登場したのも当然でしょう。

ただ脱毛器は、機種の当たり外れが大きい、と言われています。以下で紹介するメリット・デメリット、方式の特徴などをしっかり理解して、自分に合ったものを見つけ出して下さい。

家庭用脱毛器選びのポイントとは?

家庭用脱毛器選びのポイント
下のセクションでも書いていますが、家庭用脱毛器にはいくつかの脱毛方式があり、その差が効果にも大きくあらわれます。

ですから購入側にも脱毛についての知識が要求され、「バーゲンでたまたま値引きしていたから」といった理由で買ってしまうと、結局は後悔する結果に終わります。

家庭用脱毛器の購入でガッカリしないためには以下のような点に気をつけましょう——

照射出力はどれだけあるか?

個人個人によって脱毛効果というのは感じ方が異なるので一概にはいえませんが、脱毛器の照射出力が大きければ大きいほど効果も高い、というのが常識です。とにかく効果を第一に考えたい人は、照射出力の大きい機種がおすすめです。

ただ、出力が大きくなるとそれだけ毛穴や肌に負担が増え、火傷などの肌トラブルも起きやすくなります。
トラブルを避けたいなら、出力を調節できる機種を選ぶべきです。

照射範囲はどの程度か?

1回照射すれば、どれだけの面積を処理できるのか。その点は機種によって違うため、購入前にきっちりと調べておきましょう。

スムーズに処理ができないと手入れそのものが嫌になります。
「せっかく手に入れたのにすぐに使わなくなった」という結果にならないためにも、照射範囲のデータはちゃんと確認して下さい。

自分が処理したい部位に対応しているか?

人によってムダ毛を処理したい部位は違います。

家庭用脱毛器を買う時は、「自分がどの部位の手入れに使う予定か」そして「その機種がどんなところに使えるのか」をチェックして下さい。

特に「顔」や「VIO」に使いたい人は注意が必要です。全身脱毛は対応できても、デリケートな部位には使えないものが少なくありません。

公式サイトには対応部位が載っている事が多いので、まず調べてみましょう。

コストパフォーマンスは優秀か?

脱毛器の購入に関してよく聞くのは、本体自体はリーズナブルに手に入れたのに、消耗品のカートリッジの費用が高くて失望する、というもの……。

家庭用脱毛器には多くの機種があります。
価格の点だけでも、2万円以下の格安品から、10万円を越える高級なものまで色々売っていますが、ムダ毛を手入れすると必ず消耗してしまうカートリッジのコストを忘れてはいけません。

脱毛器の購入を決心したら、本体の価格の他に、カートリッジの値段とその交換頻度についても、あらかじめ調べておきましょう。

家庭用脱毛器を使用する上での長所・短所

長所・短所

長所

・プロの施術に比べ、2分の1以下の費用でムダ毛処理が可能
・施術場所に出かける必要がなく、交通費とその所要時間が節約できる
・他人に見られるのを避けたい部位も、好きなだけ手入れできる

短所

・目で確認しづらいパーツ(うなじ・背中・ヒップなど)の手入れは、人の助けが必要
・自分ですべての処置をおこなう必要があるので、つい怠けてしまう
・脱毛処理のほかに、肌トラブルの予防と対処がかなり面倒

永久脱毛は家庭用脱毛器でもおこなえる?

永久脱毛はおこなえる?
家庭用脱毛器はサロンや医療クリニックの器械を小型化したもので、脱毛のメカニズム自体は全く変わりません。

ただ、照射で生じがちな火傷などを防止するため、パワーはかなり制限されています。そのため、光の強いパワーが必要な永久脱毛はできません。

ちなみに、永久脱毛はどの店や医院でも可能というわけではありません。一般のサロンでの施術はあくまで「抑毛」であって、毛はいずれ復活します。

永久脱毛したいなら、レーザー脱毛の可能な医療クリニックに足を運んで下さい。

脱毛器の方式にはどんなものがある?

脱毛器の方式について
家庭用脱毛器で使われる脱毛方式について、いくつか説明してみましょう——

フラッシュ式

家庭用脱毛器で最もポピュラーな脱毛方式が、フラッシュ式です。原理的にはサロンのマシンと同じで、IPLという特別な光を用います。

この光を肌に照射すると、表皮の中に隠れた毛根部位が熱によるダメージを受けます。そして継続的に照射するうちにその発毛機能が衰えていき、毛の成長がストップするわけです。

この方式の最大の利点は照射口が大きく、ワンショットの処理面積が広いこと。そのために手入れにかかる時間も短く、背中、腕、足などの部位にはぴったりです。

照射パワーは火傷を起こさないように抑えられているので、安全性も問題ありません。また、痛みも軽微ですみます。

難点は、脱毛完了までの期間が長くなること。それでも1年ほど照射を続けると、自己処理がいらなくなります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、医療クリニックで活用されています。ムダ毛のメラニン色素にレーザーが反応し、熱エネルギーへと変化。その熱によって毛根部位がダメージを受け、毛の発育がストップします。

光の照射範囲が狭く、パワーが強いため、細かい部位や毛根の太い剛毛を処理したい時に最適です。

脱毛完了までの期間も短く、3ヶ月もすれば効果があらわれてきます。

ただ1回の照射に手間と時間が必要で、背中・足などの広い部位には向いていません。打ち漏れも生じやすくなっています。

また、照射による「痛み」も見逃せない難点です。「痛みは考えていた以上で、思わず叫んでしまった」「痛みを想像すると照射の直前は汗が出てくる」といった口コミが目立ちます。

特に「痛い」とされている部位はデリケートゾーン、骨付近のスネ、脇といったところで、もしこれらの部位を手入れするのならパワーをかなり下げた方が無難です。

あと、レーザーがシミ、ホクロ、日焼けといった黒い部分に反応することがあるので、カバーやシールをするか、照射を避けるようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ピンセットの形をした金属の先端でムダ毛をつかみ、弱い電流を流すことで毛根からの発毛を防ぎます。光を照射しないため、眉、額の生え際など、目の近くのパーツも処理できます。

また、他の方式だと手入れの難しい日焼け肌の毛・白髪も、高周波なら問題ありません。

ただ、1本1本を処理していくため、広い部位だと手間と時間がかかります。
スピーディに手入れしたいのなら、フラッシュ式の方をおすすめします。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式の3つは、いずれも熱によって毛根を弱体化し、発毛を止めるというもの。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、毛根へのダメージはありません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッドにある熱線によってムダ毛を焼き切ります。肌から外に伸びている部分を処理するだけなので、毛はすぐに生えてきます。

ただ、毛先がカミソリと違って丸くなるため、チクチク感が苦手な人は助かるでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これは皮膚にローラーを転がしてムダ毛を絡ませ、根こそぎ引き抜きます。

方法は毛抜と同じなのですが、広範囲をスピーディに手入れできるのが良いところです。
もちろん毛穴や肌には良くないので、おすすめはできません。

人気のある家庭用脱毛器の価格はどれくらい?

価格について
家庭用脱毛器を買おうと決めた場合、まず気にかかるのがその値段でしょう。

ここでは公式サイトをもとに、人気のある家庭用脱毛器の価格を一覧にしてみました(「照射面積」「1ショットあたりの単価」も併記しておきます)。

・ケノン
値段…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方cm
1ショット当たりの単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
値段…49,299円(税込)
照射面積…6平方cm
1ショット当たりの単価…1.78円

・4x
値段…38,999円(税込)
照射面積…1平方cm
1ショット当たりの単価…0.08円

・ラヴィ
値段…40,000円(税込)
照射面積…6平方cm
1ショット当たりの単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
値段…116,640円(税込)
照射面積…12平方cm
1ショット当たりの単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
値段…57,998円(税込)
照射面積…4平方cm
1ショット当たりの単価…0.20円

・光エステ
値段…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方cm
1ショット当たりの単価…0.29円

一覧のうち、最も値段の張るのはレイボーテグランデの116,640円、そして最も安価なのは光エステの25,200円です(ちなみにもっと安い機種もあるのですが、それらは本当は「除毛器」なのでここには含めていません)。

すでに言ったように、買う時にはカートリッジの存在を考える必要があります。一覧には併記しませんでしたが、カートリッジの価格がどれくらいなのか、自分で調べておきましょう。
本体とカートリッジの合計を比べることで、本当の価格差が分かります。

そして、1ショットの単価も重要な要素です。

一覧を見て、「1ショットあたりの差なんてほんのわずかで、問題にならない」と思う人もいるでしょう。

しかし、脱毛は1回の照射で終りません。2週間に1回の割で光を当て続けていきます。つまり1ショットならわずかの差でも、蓄積されることで相当な違いとなるのです。

最後に「照射範囲」のチェックも大切。
ショットの数は1回で照射できる面積が大きいほど減っていきますから、その数値によってカートリッジの消耗度合いが変わってきます。

なお、4xの照射範囲が狭くなっていますが、これは4xがレーザー式だから……。フラッシュ式のレイボーテグランデやケノンと比べると、かなりの差があります。

広い部位を処理対象とするなら特に、ワンショットの単価と照射範囲を確認しておきましょう。

以上、家庭用脱毛器の選び方のコツ、方式の種類などについて紹介してみました。いかがだったでしょうか?

何度も述べたように、家庭用脱毛器はもたらされる効果がその機種と方式によって違ってきます。
その情報をあらかじめ心得ておくことが、賢い購入のポイントとなります。

ぜひ自分に見合った機種を選び、快適な脱毛生活を送って下さい。

厄介な背中の毛をサロンやクリニックで脱毛してもらおう

「人は見た目が9割」という書籍が売れたり、あるいは「人は見た目が100パーセント」という漫画やドラマが話題になったりと、”人間は何と言っても外見が大事”と半ば挑発的に言われる風潮があります。

あまりに身もフタもないため「人間は中身も大事だよ」と反論が出そうですが、女性の場合は「やはり外見」と実感している方が多いでしょう。コスメや美容産業がこれだけ活況を呈しているのはその証左です。

特に美しい肌というのは男性を惹きつける大きなポイントですから、毎日顔や脚の手入れに余念がない、という人も少なくないはずです。

しかしそんな女性でも、ついケアを怠りがちな部位があるのをご存知ですか?

それは「背中」です——。

背中は視界の外にあって普段自分の目に入らないため、その手入れもいい加減になりがちです。

でも、たとえば夏に海やプールへ出かけた時、ビキニを着ている女性を見て「背中が毛だらけで見栄えが良くない」と思ったことはありませんか。

自分では気がつかないだけで、実は自分の背中も同じようにムダ毛が伸びているかもしれません。

可愛いメイクと服でいそいそと彼氏に会いに出かけても、ムダ毛が繁茂している背中を見られたら、落胆される可能性は高くなります。それではせっかくのデート気分も台無しでしょう。そんなハメに陥らないためにも、ムダ毛処理に熱心に努めなければなりません。

でも顔、腕、脚など、手が届く部位は毛を剃ったり抜いたりできても、鏡なしでは見ることさえ難しい背中の毛は、どうやって処理すればいいのでしょうか?

答えは簡単。
ムダ毛処理のプロがそろっているサロンや医療クリニックで脱毛してもらうことです。

最近は脱毛もすっかりポピュラーになりました。タレントを使った目立つテレビコマーシャルが毎日のように流れているため、脱毛に関心のない男性でも、いくつかのサロンやクリニックの名前は馴染みになっているくらいです。

ただ、「脱毛とは縁がない」という女性はまだまだ存在します。「いつかは施術を受けたい」と思っているのに、料金や痛みなどに対する心配のせいで、サロンやクリニックに行けない、という女性も少なくありません。

そこでそんな人のためにこのサイトを立ち上げてみました。背中脱毛の基本的な情報を紹介し、施術には現在どんな方法があるのか、詳しく説明していこうと思います。

サロンやクリニックでは、”背中”はどこを指す?

背中は、脱毛のターゲットとしては体で1番面積の広い部位です。そのため、サロンやクリニックでは「背中上」「背中下」のパーツに分けて施術します。

それぞれの範囲を言うと、「背中上」は首の付け根から肩甲骨まで、「背中下」は肩甲骨からウエストラインまでです(それより下がると「腰」または「ヒップ」になります)。

ちなみに施術部位に関してサロンやクリニックでは、「Lパーツ」と「Sパーツ」の2つに分けることが多く、施術料は面積の広いLパーツの方が高くなります。
背中は「背中上」「背中下」に分割してもまだ面積が大きいため、両方がLパーツです。

ところで脱毛では、うなじは背中には含まれず、別の部位になります。

背中上だけを脱毛した場合、うなじとの間に色の境界線ができることがあります。そうなると見た目が良くないので、最初から背中上とうなじを共に脱毛できるプランを選んだ方がいいでしょう。

背中脱毛の料金は、大体いくらぐらい?

脱毛をしようかどうか迷っている時、最も気になるのはその料金だと思います。

そこでサロンとクリニックではいくらぐらいかかるのか、ざっと紹介してみましょう。

まずはサロンから。

・銀座カラー

銀座カラーでは「スタンダードチョイス」というプランが人気です。背中上、背中下の片方をチョイスでき、8回セットで42,000円という価格。また、脱毛し放題を選べば、75,200円で何度でも施術が受けられます。

・TBC

オススメは、背中の上下が脱毛できる「チョイスプラン」。お好みのLパーツ1回が6,000円、6回セットで26,400円にディスカウントされます。さらに、Sパーツの好きな部位も1回無料で施術可能。

・ミュゼ

「フリーセレクト美容脱毛コース」を契約すると、Lパーツ4回分が12,000円。背中は上下2つに分けられていて、「上を1回下を3回」という風に4回分を自由に割り振ることができます。

・ジェイエステティック

「後ろ姿美人プラン」なら、背中の上とうなじが各4回セットで料金は18,000円。また、両ワキ脱毛12回コースが無料でついてくるため、うなじ、ワキ、背中上の3つを一挙に脱毛できます。

次に、医療クリニックも紹介します。

・リゼクリニック

ここでは背中は2つに分けられず、全体が1部位として施術されます。料金の方は5回コースで79,800円。

・湘南美容クリニック

背中は上下2つの扱いで、1回の費用はそれぞれ17,410円。6回コースにすると、81,000円になります。

・アリシアクリニック

リゼクリニックと同様、背中は1部位の扱い。料金は5回55,000円と大変お安くなっています。

また、「背中+えりあし脱毛セット」というコースなら5回で103,200円です。

・イセアクリニック

「背中+うなじ脱毛」のプランにすれば、5回で98,800円になります。

以上、サロンと医療クリニックの料金を一覧にしてきましたが、プランやコースというのは条件がゴチャゴチャしていて複雑です。
できればネットのサイトを入念に調べ、その条件を心得ておきましょう。
また、サロンではお得なキャンペーンをよくやっているので、その情報を絶えずチェックするようにして下さい。

背中は、脱毛するのが困難なパーツ?

実は背中の毛は、施術しても脱毛効果が発揮されにくい、といわれています。というのも、脚やワキの毛などと比べると、その色が薄くて細いからです。

「色が薄くて細いと、どうして脱毛効果が発揮されにくいの?」と思われるでしょうが、それは現在用いられている脱毛方式が関係しています。

以下、サロンとクリニックで導入されている脱毛マシンの説明をしながら、その理由を書いていきます。

今、サロンで最もよく採用されているのは、IPL脱毛という方式のマシンです。

これは、インテンス・パルス・ライト(IPL)という太陽の光に似たライトをキセノンランプを通して肌に当て、発毛能力を衰えさせます。もともと脱毛専用ではなく、くすみ・シミなどをケアする「フォトフェイシャル」用の機械として開発されたものです。

しかし、フォトフェイシャルの施術を受けた客から「毛が伸びなくなった」という報告が続いたため、改めて検証テストをおこなったところ、抑毛作用があることが分かりました。それから脱毛サロンでも施術に使われることになったのです。

IPLの最も大きな特徴は、光に多くの波長が含まれていること。
そのために肌の広い範囲に当てることができます。脚、背中といった部位にはピッタリで、施術にも手間がかかりません。

ただ、光線が表皮、真皮、皮下組織などの層に拡散していくため、毛根を弱体化する力はそれほどでもありません。

一方、医療クリニックでよく用いられているのは、レーザー光を照射する「レーザー脱毛」のマシンです。

実は、IPL脱毛もレーザー脱毛も脱毛原理については変わりません。どちらの光線も、黒いメラニン色素にぶつかるとそこで吸収され、高熱を発生させる特性を備えています。

肌へ当てると黒いムダ毛で熱に変化し、やがて毛根へとその熱が集中します。毛乳頭、皮脂腺開口部、毛母細胞といった組織がその熱で損傷を受け、毛が伸びなくなるのです。

ただ原理は同じでも、照射パワーとなると話が違ってきます。
レーザー光はそのパワーを局所的に集中できるため、ターゲットとなった毛根はそのまま死滅してしまいます。そうなるとその部分は一生毛が生えてきません。

「そんなすごいレーザー光なら、背中も効果的に脱毛できるのでは?」と思われるでしょうが、そう単純にはいきません。

というのも、背中の毛に含まれるメラニン色素はほんのわずかで、光を当てても中々吸収されないからです。

「では、うまく背中の毛を脱毛できる方法はないの?」ということになりますが、それについては次の文章で説明していきます。

背中を効率よく脱毛する方法とは?

背中の毛を効率よく脱毛する方法には、次の3つがあります——

・S.S.C.方式のマシン
・ダイオードレーザー
・ニードル脱毛

これらについて、ひとつずつ説明していきましょう。

まず、S.S.C.方式です。S.S.C.は「Smooth Skin Control」の略称で、イタリアのDEKA社が開発しました。

IPL方式との大きな差は、マシンと専用ジェルを併用するところです。

ジェルには、トレジャービーンズと呼ばれる極小のカプセルが配合されています。ジェルを塗った後でクリプトンライトを照射するとこのカプセルが割れ、その成分が毛穴へと染み込んでいきます。

成分の中心となるのは、サリチル酸、イソフラボン、セイヨウシロヤナギ、メントールなどで構成されたフィリニーブ。
抑毛効果のほかに、炎症抑制、保湿の効果も備えていて、施術の後で生じがちな肌トラブルを防ぐことができます。

マシンも使いますが、脱毛効果をあげるのはあくまでジェルです。ですから施術では毛の薄さは問題とならず、背中の毛にも効果的です。

次に、ダイオードレーザーです。

クリニックで使用されるレーザー脱毛器には様々な種類があり、照射できるレーザーもそれぞれ違います。

現在よく使用されるのは以下の3つ——

・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー
・YAGレーザー

それぞれ特徴があり、得意としている毛質や肌質も異なります。

ダイオードレーザーは、半導体(ダイオード)を光源とするレーザーで波長の方は810ナノメートル。この波長の長さはアレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの中間で、メラニンの吸収率が優れているため、肌の深いところにある毛にも効果的です。

蓄熱式(SHR方式)とレーザー式(HR式)の2種類に分かれるのですが、背中の毛に向いているのは蓄熱式です。

蓄熱式では、バルジ領域という部位にダメージを与えて脱毛をおこないます。低音(65℃前後)のレーザーを当て、熱エネルギーをすこしずつ蓄積していくことで脱毛効果を発揮。メラニン色素はあってもなくても関係ないので、薄い毛に対しても効果が変わりません。

また、他のレーザーに比べて痛みも軽微で、「施術のストレスを感じない」という長所もあります。

蓄熱式ダイオードレーザーのマシンには、ソプラノアイス・プラチナムとメディオスターがありますが、それぞれレジーナクリニックとリゼクリニックで使われているので、どちらかに通えばいいでしょう。

続いてニードル脱毛です。この方法は光を使った脱毛が普及する前は、脱毛の主流となっていました。

歴史も大変古く、アメリカで逆さまつ毛を脱毛するのに使用されたのがその始まりとされています(150年近く前のことです)。

毛穴にプローブと呼ばれる針を刺し、電気を流して毛根を死滅させます。物理的なダメージを与えるために効果は抜群。施術された毛穴からは一生ムダ毛は生えてきません。

また、メラニン色素とは関係なしに施術できるため、背中の毛に対しても有効です。

ここまでは完璧なのですが、実は欠点が2つあります。ひとつは針のせいで痛みがひどいこと。中には痛みがひどすぎて施術をやめてしまった人もいます。

あとひとつは、すべてが手作業のために時間がかかり、どうしても施術料が高くなる、ということ。店舗や医院によって異なりますが、最低でもレーザー脱毛の30倍くらいの金額となります。

以上の欠点があるため、手軽に施術を受ける、というわけにはいかないでしょう。

以上、3つの方法をひとつずつ解説してみました。

このうち、1番手軽なのが何と言ってもS.S.C.方式です。どれにしようか決められない人は、S.S.C.方式をとりあえずチョイスしてみましょう。完璧な脱毛には時間がかかりますが、抑毛効果はすぐに出てきます。

ただ「背中を確実にツルツルにしたい」と考えているのなら、やはり美容電気脱毛が1番でしょう。

以上、背中脱毛に関して、ビギナー向けの情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

7月8月を迎えると開放的な服や水着を身につけたり、髪をアップにする機会も増えてきます。そんな時に物怖じせずに背中を露出できるよう、脱毛で肌の状態を整えておきましょう。

VIO脱毛をするとどんなメリットがあるの?

梅雨に閉ざされた6月が終わると、いよいよ暦は太陽が照りつける夏へ。
気温がどんどん上がっていくこともあって、肌の露出の多いファッションに挑戦したくなります。

ただ、その際に気をつけるべきなのが、知らないうちに成長しているムダ毛でしょう。

処理がしっかりなされていないと、周りから「だらしがない」と思われ、侮蔑的な目を向けられてしまいます。

ただ、自分でムダ毛を処理するのは結構面倒です。
手が届きにくいところや面積が広い部位のムダ毛を剃ったり抜いたりしていると、ついつい億劫な気持ちになって手抜きしたくなります。

そんな人にとってありがたい存在なのが、熟練したスタッフがキッチリと脱毛してくれるサロンや医療クリニック。コマーシャルも毎日のようにテレビで流れているので、脱毛に興味がない人でも有名店の名前ぐらいは聞き覚えがあるくらいです。

実は、脱毛がこれほどポピュラーになったのは近年になってから。以前は「特殊な針を毛穴に刺して電気を流し、毛根を焼く」という面倒な方法を取っていたこともあり、施術料もとても安いとは言えませんでした。そのせいで「カネとヒマを持て余した有閑マダムがおこなっている美容法」という印象がつきまとっていたのです。

しかし最近ではレーザー技術が発達。それを利用した脱毛機器が開発されたため、料金も大幅に安くなりました。
脱毛人口の拡大につれて新規店も次々にオープンし、顧客獲得のために大々的にキャンペーンをおこなっています。

また、技術の進歩で脱毛可能な部位も多くなりました。昔は施術部位と言えばワキや脚がメインだったのですが、いまでは腕、顔、そして「VIO」というパーツも施術希望ランキングの常連です。

それを聞いて「え、VIOなんて全然知らなかった。体のどの部分のこと?」と驚く女性もいるでしょう。確かに脱毛する人は増えたとは言え、サロンや専門クリニックに全く興味がない人もまだまだ多いのですから当たり前のことです。

そこで、このページを立ち上げてみました。VIO脱毛の詳細、メリット、料金について紹介をおこない、あわせて脱毛一般についても解説しています。

一体「VIO」って体のどこなの?

まず、VIOについての説明から始めましょう。

街を行く人に、いきなり「VIOとは何の意味?」と聞くと、「某社のコンピューターの名前」と即答する人がいるかもしれません。

もちろん、VIOとコンピューターとは何の関わりもありません。

実はVIOとは、美容関係の記事などで「デリケートゾーン」と呼ばれるパーツ、つまり女性器を経てお尻に至る股間全体のことです。

VIOはそれぞれ——

・Vライン(太ももの付け根の線と股間底部のデルタ地帯。「ビキニライン」とも呼ばれる)
・Iライン(女性器両サイドの線状の部分)
・Oライン(肛門を取り囲む半径2センチほどのパーツ。「ヒップ奥」の別称も)

を指します。

つまり、VIOというのはただ単に形状の似通ったアルファベットをあてはめただけなので、別に長い単語の頭文字というわけではありません。

というわけで、「VIO脱毛」はアンダーヘアーの脱毛のことです。

そしてVIO脱毛に関連して「ハイジニーナ」という単語もよく使われます。
これは3ライン全部を脱毛し、デリケートゾーンを完全な無毛状態にすること。ちなみに、ハイジニーナは「hygiene」(「衛生」を意味する英語)からできた造語です。

「外国のモデルや映画女優の間でデリケートゾーンの脱毛がはやっている」というニュースが報道された時、その脱毛の名称は「ハイジニーナ脱毛」とされていました(現在でもVIOという言葉は避け、「ハイジニーナ脱毛」という名前を使用しているサロンや医療クリニックもあるようです)。

その時は、美容に夢中になっているセレブが実践している特殊な脱毛、というイメージがあったのですが、それから何年も経たないうちに、日本でもすっかり一般的になりました。

「いつか脱毛をやってみたい」という脱毛志願者に「最も施術したいところはどこ?」と聞くと、ワキや脚と並んでVIOがきまって上位にきます。

ただ上で記したようにVIOは3つのパーツを一緒にした呼び名なので、実際の脱毛では各パーツを別々に減毛、あるいはツルツルにすることもできます。

VIO脱毛の予算は一体どれくらい必要なのか?

脱毛しようかどうか迷っている時、まずチェックしたくなるのはその料金でしょう。

実は「脱毛」と一口にいっても、やり方は何通りかに分けられます。

たとえば、サロンに通ってフラッシュ脱毛してもらうのか、医療クリニックを選んでレーザー脱毛にするのか。毛を目立たなくするだけでいいのか、徹底的にツルツルにするのか。費用が高くても脱毛終了に至る日数を少なくしたいのか、あるいはあくまで格安料金にこだわるのか……。

それらの条件次第で、費用にも相当な幅が出てきます。

ここではいくつかの条件に絞り、「VIOを全部脱毛するコース」の料金を紹介してみます。

まず、サロンの場合。

有名サロンの費用は次の通りです——

毛を減らす程度にする

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回で、1回9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回で、1回13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回で、1回8,640円)

完全な無毛状態にする

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回で、1回9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回で、1回9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回で、1回9,180円)

続いてクリニックの場合。

有名クリニックの費用は次の通りです——

毛を減らす程度にする

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回で、1回10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回で、1回12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回で、1回19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回で、1回18,540円)

完全な無毛状態にする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回で、1回9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回で、1回11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックは8、9回のコースなし)

こうしてチェックすると、サロンは回数が多いせいか割高です。一方、普通施術料が高いとされているクリニックの方が意外にリーズナブルなのがわかります。

このうちでは湘南美容外科がお得なので、VIO脱毛をするなら第一候補となるでしょう。

VIO脱毛ってなぜ痛いの?

あるアンケートの結果では、VIO脱毛の施術で「痛い」と感じた人は、全体の90%にも達するそうです。

なぜVIO脱毛は痛いのでしょう? それには以下のような2つの理由が考えられます——

・他の部位と比較すると、デリケートゾーンの皮膚が薄い
・太い剛毛が密集して生えている

マシンでの脱毛は、毛根に高熱を加えて発毛器官を弱体化させるというものです。その際に毛穴も軽い火傷状態となりますが、皮膚が薄い部位だと痛みが倍増します。

また、太い毛の場合はそれだけ毛根のサイズも大きくなります。毛根が熱を帯びると、毛穴に接する面積も広くなり、痛みもそれだけ激しくなってしまうわけです。

なお、サロンと医療クリニックでは施術方法に若干の違いがあり、それが施術時の痛みにも関係してきます。

医療クリニックで使われるメインの施術方法は「レーザー脱毛」。これはアレキサンドライト、ヤグ、ダイオードなどのレーザー光を照射する脱毛方法で、いずれもパワーが強烈。毛根で高温の熱に変わって発毛組織を徹底的に破壊します。脱毛効果は抜群ですが、その代り痛みが大きくなるわけです。

そして脱毛サロンでメインとなるのは「フラッシュ脱毛(光脱毛)」。フラッシュ脱毛はマシンの種類によってさらに細かく分けられていて、現在はIPL脱毛、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン脱毛の4つが存在します。

これらは、いずれも照射威力がレーザーほどではありません。そのために痛みが少なくてすむのですが、特に痛みが軽微とされているのがハイパースキン脱毛です。

これは、発毛に関係したバルジ領域という部位に損傷を与える新方式。
これまでよく使われてきたIPL脱毛よりもフラッシュのパワーが弱くてすむため、痛みがさらに軽減されます。

「痛みは絶対避けたい」という人には、この脱毛方法での施術がオススメです。

VIO脱毛でもたらされるメリットとは?

あるサロンが、「VIO脱毛をしてよかったところは?」というアンケートの結果を発表しました。

その中で多かった回答は次の通りです——

・自己処理が不要になった
・生理中のムレが改善された
・はきたい下着や水着のバリエーションが増えた
・彼氏にデリケートゾーンを見せても恥ずかしくなくなった

このうち1番多かった回答が「自己処理が不要になった」というもの。これは手間と時間が省けることもさることながら、肌トラブルを減らすという点でも大きな長所です。

というのも、毛抜き、カミソリ、除毛クリームといった市販の自己処理用品は、いずれも肌のコンディションを悪化させるものばかり。肌の負担が大きく、埋没毛、黒ずみといったトラブルを起こす一因となります。

そんな自己処理が不要になるのは、肌の美しさを保つためにもよいことなのです。

そして「生理中のムレが改善された」と回答した女性も多くいました。

股間のヘアーというのは、摩擦を減少したり、性感染症を防ぐために伸びていると言われていますが、実際のところは雑菌などが発生しやすく、衛生面では不要とも言えるものです。

実際、脱毛をすればムレの不快さも少なくなり、ニオイも減少。気分的に爽快になるというのは大きなメリットといえます。

その他、直接回答を紹介すると、以下のようなものがありました。

「処理が不十分のVラインがみっともなくて、彼氏の目の前で下着姿になる度に気が重かったのですが、思い切ってクリニックで脱毛をしたおかげで、結構きわどい下着姿も進んで見せられるようになりました。Oラインも無毛状態にしたため、それまで自分とは無関係だと思っていたTバックも購入するようになり、よくはいています」

「最近久しぶりに鏡で自分のIラインを見て大きな衝撃を受けました。こんなの耐えられないと思ってVIO脱毛を決意。おかげで今はIラインもさっぱりし、彼氏とのエッチでも安心です」

「デリケートゾーンの黒ずみを夫から指摘され、脱毛してみました。自己処理が不要になり、肌荒れも改善されたと思います」

埋没毛に注意

脱毛が完全に終わるまでには時間がかかります。

その日数は数ヶ月から2年にも及ぶので、途中で伸びたムダ毛は自己処理する必要がありますが、その処理方法には注意しなければなりません。

たとえば毛抜きを使用している女性が結構いますが、これは絶対に推薦できません。無理に毛を抜いてしまうと、毛穴や肌に大きなダメージを及ぼします。

その損傷を回復させようと、毛穴はその表面に薄い膜状のものを延ばしていくのですが、この膜が邪魔をして、成長期になって生えてきたムダ毛が表皮の中に閉じ込められます。

こうなるとその毛は「埋没毛」となってしまい、それが原因で毛穴に炎症が起こったりするのです。

しかも、あまりにも濃い埋没毛があった場合、サロンやクリニックで施術そのものを断られることがあります。

濃い埋没毛にはサロンで使用されている光線やクリニックのレーザー光も効果がありません。せっかく施術に通っているのにそこは放置されてしまいます。

そんな事態を迎えないためにも、毛抜きを使用した自己処理はやめて下さい。

「じゃあ自己処理をする時は何を使えばいいの?」と思われるでしょうが、オススメの道具は電気シェーバーです。
これなら肌への刺激が少なくてすみますから、埋没毛が生じる危険性も低くなります。

いかがだったでしょうか? 初心者向けにVIO脱毛の情報を色々と紹介してみました。

もしデリケートゾーンの毛を毎週のように自己処理しているという人がいたら、ぜひ脱毛してもらうことをオススメします。上で記したように自己処理は肌のコンディションを悪化させ、重篤なトラブルを引き起こします。

脱毛すればデリケートゾーンが清潔に保たれるばかりでなく、厄介な肌トラブルを未然に防ぐことができます。

足脱毛で女性の魅力をアップ

体の半分を占める足は、上半身よりも脂肪が付きにくいこともあって、スタイルの美しさが際立って表れる部位です。

特に引き締まったシルエットは魅力的。それを自覚している女性は露出度の高い服を着て、足を見せびらかしながら街を歩いているようです。

ただ自分のスッキリした足が自慢という人でも、常日頃から気をつけなければならないものがあります。

それは肌一面に生えているムダ毛の存在。

いくら引き締まってキレイな足でも、ムダ毛によって肌ツヤが良くないとその魅力も半減します。おまけに手入れがされていないことで「だらしがない人」と思われ、かえって馬鹿にするような目で見られることもあります。

「そんなこと分かっている」という女性も多いでしょう。美容に心を砕いている人なら自分の肌の状態にも敏感なはず。
きっと普段から足のムダ毛処理にも気を配り、カミソリや毛抜きを毎週のように使っているかもしれません。

ただ、そんな自己処理が、実は美容の大敵だということを知らない人も多いようです。

自己処理製品には上記のほかに除毛クリームもありますが、いずれも肌に悪く、ずっと使用していると肌トラブルの原因となります。

肌をキレイにするためのムダ毛処理なのに、黒ずみなどを起こしていては話になりません。

そういう事情を知っている女性には、

「自己処理なんてやめて、思い切って脱毛をやってみたい……」

と思っている方も少なくないはずです。

ただ、サロンやクリニックにわざわざ足を運び、プランの契約書にサインするというのは、なんとなく億劫なもの。

また、「脱毛終了までにどれくらいの期間が要るの?」、「施術は何回必要?」、「費用はどれくらいいるのか」など、脱毛に関する疑問が色々と浮んでくるでしょう。

結局、こうした疑問がネックとなって、相変わらず自己処理を続けている、という人が少なくありません。

そこで、このページを立ち上げてみました。
足脱毛はサロンとクリニックでそれぞれいくらかかるのか、どのプランがベストなのか、脱毛完了までの施術回数と日数はどれくらいか、など、初心者が知りたがっている情報を紹介していきます。

このページが、足脱毛に踏み切れない女性の役に立てば、と願っています。

料金の点で推薦したいサロンと医療クリニックは?

サロンやクリニックの足脱毛に関しては、「ひざ」「ひざ上」「ひざ下」「足の甲・指」といった小さなパーツに分けた上で、個別の脱毛がおこなわれます(もちろん、足全体をまとめたパックプランも用意されています)。

それらの料金は店や医院によってまちまちなので、脱毛を決心したら公式ホームページなどをしっかりとチェックしましょう。料金を細かく比較検討することによって、よりお安く施術ができます。

では全国に数多くある脱毛サロンと医療クリニックの中で、特に料金がお得なところはどこなのでしょうか。
その名前と料金を列記してみました。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円[施術6回]
・ひざ下……18,000円[施術6回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円[施術8回]
・足全体……48,000円[施術8回。ひざ上・ひざ下は6回]

銀座カラー

・ひざ上……42,000円[施術8回]
・ひざ下……42,000円[施術8回]
・ひざ……21,000円[施術8回]
・足の甲・指……21,000円[施術8回]
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円[施術8回]
・ひざ下……31,200円[施術8回]
・ひざ……14,400円[施術8回]
・足の甲・指……14,400円[施術8回]
・足全体……91,200円[施術8回]

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円[施術8回]
・ひざ下……31,840円[施術8回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円[施術8回]
・足全体……95,520円[施術8回]

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円[施術5回]
・ひざ下……41,250円[施術5回]
・ひざ……13,750円[施術5回]
・足の甲・指……13,750円[施術5回]
・足全体……92,900円[施術5回]

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円[施術5回]
・ひざ下……89,800円[施術5回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円[施術5回]
・足全体……119,800円[施術5回]

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円[施術6回]
・ひざ下……81,000円[施術6回]
・ひざ……28,750円[施術6回]
・足の甲・指……28,750円[施術6回]
・足全体……219,500円[施術6回]

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円[施術5回]
・ひざ下……60,000円[施術5回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円[施術5回]
・足全体……100,000円[施術5回]

となりました。

サロンの中でもずば抜けてリーズナブルなのは、なんといってもミュゼになります。ひざ上とひざ下の両方を脱毛しても、たった36,000円しかかかりません。
この2つを施術するだけでいいなら、他の店よりも数万円お得です。

ただ、太ももからつま先まで施術したいとなると、ベストなのは銀座カラーでしょう。何しろ通い放題でありながら費用は151,152円。
徹底的に足の毛を処理したい女性は、このプランを選んで下さい。

続いてクリニックの方なのですが、全般に費用はサロンより高くなっています。その中でオススメはアリシアクリニック。ひざ、ひざ上、ひざ下、足の甲・指と、足のすべてを施術できる「足全体プラン」が92,900円です。

医療クリニックの中には、部分脱毛ですら40万円というとんでもない料金をとるところもあります。
それに比べると、足全体を無毛にできて10万円以下ですむ、というのは、驚くほどお得です。

ジェイエステティックで1度脱毛してみよう

部分脱毛は全身脱毛と違って安いのですが、足については施術範囲が広いということもあって、その費用はどうしても高くなりがちです。

「脱毛の経験もないのに、高額なコースをいきなり契約するのは抵抗がある」という人は、まずジェイエステティックを訪ねて「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」というプランを試してみてはいかがでしょう?

これは両ワキとお好みの3部位を脱毛できるというもの。
回数制限はありますが、費用はわずか300円ですから、脱毛がどんなものか知りたい人には最適です。

これで施術の効果を知った後、改めて自分に合ったサロンやクリニックを探しましょう。

脱毛完了に至るまで、どれくらいの時間がかかるのか?

足脱毛の費用については、上のセクションでお分かりになったと思います。

続いて、ムダ毛の脱毛が完了するまで一体どれくらいの時間と手間がかかるのか、説明しましょう。

サロンとクリニックの公式サイトで回数&期間をチェックすると、以下の通りになりました——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

いかがでしょうか? 「思った以上に時間と手間がかかる」と感じられたかもしれません。

実は、他のパーツと比較すると足というのは施術効果が出やすい、と言われています。それでもこのような回数と期間が必要なのです。

これには現在サロンやクリニックでおこなわれている脱毛方法と、毛の成長サイクルが密接に関わっています。

それを以下の文章で説明していきましょう。

施術に日数と回数がかかる理由とは?

まず、脱毛方法から解説します。

現在、サロンとクリニックで採用されている脱毛器は、いずれもレーザー技術を応用したものです。
肌に特殊なライトを当て、ムダ毛の毛根に影響を与えて脱毛効果を上げます。

ライトには「黒いメラニン色素に反応する」という特質があり、メラニンを含んだ毛にぶつかると熱エネルギーに変化します。

この高熱が毛根の発毛組織(皮脂腺開口部、毛乳頭、毛母細胞)に大きな損傷を与え、毛の成長をストップさせるのです。

「それなら1度ライトを照射してしまえば脱毛完了では?」と思われるかもしれませんが、そう都合良くはいきません。なぜかというと、ムダ毛は表面上は同じに見えても、毛根のところでは一本一本の状態に差があるからです。

体毛は、生え変わりのサイクル(毛周期)を繰り返しながらその量をキープしています。この毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」に分かれていて、このうち施術効果が発揮できるのは、毛が伸びている「成長期」だけです。

残りの「退行期」と「休止期」は毛の成長が止まっているために、いくら光を照射しても効果がありません。

施術によって成長期の毛は1〜2週間ほどで抜け落ちてしまい、そこは1〜2ヶ月ほどツルツルの状態になります。

やがて毛が再生しますから、また光を照射。これを1年以上繰り返していくと、毛そのものが弱り、その数も減っていきます。

このようにしてムダ毛の発毛を衰えさせ、ようやく脱毛が完了するわけです。

そのため、施術のペースがゆっくりになるのもやむを得ません(1〜2ヶ月に1度)。

以上、なぜ脱毛に日数と手間が必要なのか、お分かり頂けたでしょうか?

埋没毛を防止するためにも脱毛を

ずっとムダ毛をカミソリで剃っていると、やがて肌に黒いブツブツができることがあります。

これは「埋没毛」と呼ばれ、自己処理による肌トラブルのひとつです。

カミソリを使っていると角質層に細かい傷がつき、それを治癒しようと新しい皮膚が作られます。

しかし、その皮膚が毛穴をふさいでしまうことがあり、そうなると毛が表皮中で伸びていきます。これが埋没毛です。

このトラブルを防ぐにはプロの手で脱毛するのが1番。自己処理が要らなくなるので、肌が傷つく機会も減ります。

肌をキレイにするためにも、ぜひサロンやクリニックで施術を受けましょう。

足脱毛についての疑問点&回答

Q.施術に出かけるときの服装は?

サロンやクリニックの中には、施術用のガウンを貸してくれるところがあります。その場合はどんな服で出かけても大丈夫です。

格安の店などでは、私服のまま脱毛、ということも多いでしょう。下半身はショーツ一枚が原則なので、ワンピースはやめた方が無難です。

また、ジェルを肌に塗るサロンやクリニックでは、それがショーツにも付くことがあります。替えの用意がない店なら、自分で予備を持っていきましょう。

Q.色素沈着があると施術は不可能?

サロンとクリニックのいくつかに訊きましたが、やはり「色素沈着があると脱毛はNG」とのことでした。

脱毛のライトはメラニン色素の黒色に反応します。
色素沈着の部位にも反応して火傷を追わせる危険性があるので、施術はできないのです。

どうしても脱毛したいという人は、クリニックで「美容電気脱毛」の施術を受けましょう。電気脱毛なら色素沈着があっても大丈夫です。

施術後のアフターケアでトラブル回避

施術後は、肌の防御能力が衰えます。アフターケアに気をつけ、肌に負担をかけないことが大切です。

まず入浴は厳禁。汚れを落としたいなら、温度の低いシャワーで我慢して下さい。

また術後は肌が乾くために炎症が起こりがちです。施術当日はもちろん、翌日も保湿に気を配り、潤いをたっぷり補給しましょう。

ケアには日頃使っているローションやクリームでもいいのですが、敏感肌向けローションや乳液だとずっと効果が上がります。
化粧水の後にミルクローションを塗れば、必要な潤いがしっかり補えるでしょう。

以上、足脱毛の基本となる情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

繰り返し述べたように、肌に悪い自己処理は早くやめましょう。
美肌をキープするためにも、自分の好みに合ったサロンやクリニックを見つけ、ぜひ脱毛してみて下さい。

肌の改善のためにも腕脱毛を

梅雨が終わるといよいよバカンスのシーズン。ただ最近の夏は、まるで熱帯のような暑さです。「半袖やノースリーブじゃないと耐えられない」という女性も多いでしょう。

露出の多い服を着る時に注意しなければならないのが、腕に生えたムダ毛です。
キチンと処理しておかないと、人が見た時に「だらしがない」と思われ、恥をかくことになります。

ただ、自己処理というのはかなり面倒です。カミソリだと、少しでもサボるとすぐにブツブツが目立ってきますし、毛抜きは何しろ時間がかかるため、処理自体が億劫になります。

「自己処理にウンザリしたから、思い切ってサロンやクリニックで脱毛しようか……」

そう考えている人も多いかもしれません。でも全くの初心者だと、サロンやクリニックに通うのは結構不安が大きいものです。

「どれくらいの期間通えばいいの?」
「施術は何回受ける必要が?」
「痛みがひどいと聞いたけど?」
「クリニックだと料金はどれくらいになる?」

これらの疑問が障害になって、結局サロンやクリニックへ行かずにムダ毛に悩み続ける、という女性も少なくありません。

そこで、腕脱毛の料金、施術回数と期間、どの店・医院を選ぶべきかなど、詳しく解説してみることにしました。

このページの知識が、脱毛に行くか迷っている女性の参考になればと思います。

自己処理に使う道具・器具の長所と短所

最近はちょっとした脱毛ブーム。昔よりも料金がはるかにディスカウントされていて、脱毛初心者も手軽に施術に通いやすくなっています。

それでも「ムダ毛なんて自己処理するだけで十分では?」と決めつけている女性が多いかも知れません。

でも、肌への負担のことを考えると、自己処理はやはりお勧めできません。

自己処理で使われる道具類とそのメリット・デメリットを一覧にしてみると——

カミソリ

・メリット……扱いやすい。比較的短時間でムダ毛を処理できる
・デメリット……肌に傷がつきやすい。角質をそぎ取ることが多い

毛抜き

・メリット……毛根ごと処理するためにチクチクしない
・デメリット……毛穴への刺激が強い

除毛クリーム

・メリット……短時間で処理できる。なめらかな肌になる
・デメリット……刺激が強く、後遺症を起こす場合がある。ニオイが強い

電気シェーバー

・メリット……気がついた時にサッと処理できる。肌への刺激が少ない
・デメリット……ブツブツが目立ちやすい。チクチク感が残る

となります。

この中では、電気シェーバーが肌への刺激が少なくていいのですが、それでも短い毛が残る場合があり、太い毛だとブツブツした毛穴が目立ってしまいます。

カミソリ、毛抜き、除毛クリームはいずれも肌への負担がかなりあり、続けて使っていくと肌のコンディションを悪くします。

やはり肌の状態を美しく保ちたいなら自己処理はやめ、サロンやクリニックで施術してもらうのがベストです。

腕脱毛にはどんなメリットがあるの?

プロの手によって脱毛してもらうと、どんなメリットがあるのでしょうか?

1.オシャレの時もムダ毛を心配する必要がなくなる

腕は目に入りやすい部位だけに、そこに生えた毛にも人の視線が向けられがちです。「寒い時にムダ毛処理をサボったので、腕を露出した時に人からバカにするような目で見られた」という女性もいるかも知れません。

そんな恥をかかないためには自己処理が欠かせないわけですが、サロンやクリニックに通えばそれも不要に。
ムダ毛を心配せずにお好みのファッションを思うままに楽しめます。

2.面倒くさい自己処理から解放される

腕のムダ毛はとにかく目につきます。カミソリや毛抜きなどで毎週、あるいは2、3日置きに剃ったり抜いたりしているという女性もいるようですが、脱毛によって面倒な作業から解放されます。

3.施術によって肌のケアもできる

カミソリなどの市販のムダ毛処理製品を使っているせいで、埋もれ毛、肌荒れ、色素沈着といった肌トラブルに悩まされている女性も少なくありません。

サロンで脱毛すれば、IPLという光の効果によって肌トラブルの治癒が期待できる上に、保湿効果の高いアフターケアも受けられます。施術を受ける度に、肌がますます美しく仕上がっていくでしょう。

4.以前よりも肌の触り心地が良くなる

自己処理をおこたるとすぐにムダ毛が伸び、触り心地もザラザラして快くありません。

プロの手によって脱毛すればムダ毛がきれいに毛根から除去されるため、触り心地のよいなめらかな肌になります。

気になる腕脱毛の平均料金は?

腕脱毛のことを考慮した時、1番に心配になるのが何と言ってもその料金でしょう。

現在、腕脱毛の料金はいくらくらいなのでしょうか? 高名なサロンやクリニックのサイトでその値段をチェックし、平均値を出してみました。

その結果、サロンは——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックは——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

となりました。

これらだけで判断すれば、サロンでの施術が圧倒的に安いわけですが、クリニックもムダに高い料金を取っているわけではありません。やはりそれだけの優れたところはあります。

サロンとクリニックの違いについては、この後のセクションで解説していますから、そちらを参考にして下さい。

現在の脱毛方法とはどんなもの?

脱毛は人類が文明を築いた頃から始まると言われています。
もちろん近代に至るまでは単純な方法が続いてきたのですが、科学が発達すると様々な技術が用いられるようになりました。

その中で近年まで主流だったのが「ニードル脱毛」(あるいは「美容電気脱毛」)という方法。プローブという針を毛穴に突き刺し、電気を流して毛根を焼き切る、というものです。

この方法は発毛を阻害するという点では抜群なのですが、何しろ針を刺すというのでかなりの痛みを耐えなければなりません。それに時間がかかることもあって現在は廃れています。

代わってメインとなったのが、レーザー技術を応用した方法。光をメラニン色素に反応させて熱エネルギーに変え、毛根に損傷を与えます。

サロンにおいては、IPL(インテンスパルスライト)を用いた「フラッシュ脱毛」がよく使われています。このIPLは高熱によって毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部を弱体化します。

IPLは照射パワーが抑えられているので、脱毛完了まで相当な日数がかかるのが欠点。ただ、料金がリーズナブルで、痛みも軽い、という長所もあります。

そして、クリニックの方ではレーザー脱毛がもっぱら使われています。波長の違う色々なレーザー光(YAG、アレキサンドラライト、ダイオードなど)を照射しますが、いずれもパワーが強烈で、毛根部分を徹底的に破壊することができます。

痛みが激しいという欠点はありますが、脱毛を短い日数で完了したい人にはもってこいです。

サロンとクリニックの差は?

脱毛したい人はサロンと医療クリニックのどちらかで施術を受けるわけですが、この2つにはどんな差があるのでしょうか?

主だった特徴をあげてみると——

脱毛サロン

・施術に用いるのは「フラッシュ脱毛」
・減毛、抑毛の効果のみ
・施術料金は安め

医療クリニック

・施術に用いるのは主に「レーザー脱毛」
・永久脱毛ができる
・施術料金はサロンに比べ数倍かかる

となります。

さらに、クリニックについては——

・施術部位によってはサロンよりもリーズナブルな場合がある
・医師免許を持ったスタッフによって施術が行なわれる

といった特徴もあります。

こうしてみてくると「料金は高いが、永久脱毛ができるクリニックを選びたい」という人が多いかもしれません。

ただ、「脱毛専門のクリニックがないのでサロンしか選べない」という地方の人もいるでしょう。

でもガッカリすることはありません。サロンにも、脱毛終了後も施術ができるコースを設けている店があります。これならずっと脱毛可能です。

また、薄毛だとフラッシュ脱毛で十分効果があがるので、わざわざクリニックに通う必要はありません。

終了までの回数と期間は?

腕脱毛が完了するまでの施術の回数と期間はどれくらいでしょう?

一応の目安は——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

となっています。

「回数が多く、期間も長い」と感じる人も多いでしょうが、腕のムダ毛はかなり細いものです。

したがって「1回レーザーを照射したら、それだけでもう無毛になった」という女性もいるようです。

さらに毛が硬い人でも「施術4回で、自己処理がいらなくなった」という方もいます。

威力の弱いフラッシュ脱毛でもかなりの効果があり、「自己処理の頻度を減らしたい」、または「目立たなければいい」という人なら、上記よりも早めに終了することができます。

なるべく「通い放題」を選ぼう

脱毛が完了するまで上述のような回数分、施術に通わなければなりません。

「ツルツルになったのでもう施術とは無縁」と思いがちですが、実は脱毛完了後も「毛が生える可能性はゼロ」というわけではありません。

まずサロンで使われるフラッシュ脱毛は、ただ毛根を弱体化するだけです。そのため何年か過ぎると、ムダ毛が再び生えてしまいます。

では、「永久脱毛」と言われるクリニックのレーザー脱毛はどうかというと、これも「ムダ毛の再生する確率が20%以下」というだけで、一生ツルツル状態が続く、とは保証されていません。

つまり、苦労して施術してもらったのに、それが無意味になる場合もあるわけです。

そんな事態を避けるためには、施術完了後もアフターケアがついてくるプラン、つまり「通い放題」にするべきです。

「通い放題」ならクリニックやサロンが営業している限り、ずっと施術を受けられます。

腕脱毛するならどのサロン、クリニックがオススメか?

オススメしたいサロンとクリニックを、それぞれあげてみます。

まずはサロンから——

銀座カラー

銀座カラーの最大の特徴は、施術時間が短いこと。これは新しい脱毛機を導入したためで、全身脱毛だと他のサロンなら120分から180分もかかるのに、銀座カラーだと約1時間で終わります。

つまり、他のサロンなら1人しか対応できないのに、銀座カラーなら3人も施術できるわけです。この時間短縮のおかげで予約が入れやすくなっています。

また料金も安くなっており、最近の楽天インサイトでは「料金がリーズナブルなサロンNo.1」に選ばれています。

さらに単独部位にも通い放題プランが用意されているのも大きなメリット。腕脱毛希望者にとっても助かるサロンです。

ミュゼ

ミュゼの店舗数は170を越えると言われ、これは業界でもピカイチです。さらに店舗数、売上、満足度もNo.1を誇ります。

全国に支店があるチェーンサロンのメリットは、店舗移動が自由にできること。つまり、新しい支店にそのまま継続して通うことができるので、突然の転勤や引っ越しでも安心です。

またイタリアのDEKA社が開発したSSC脱毛という新方式を導入しており、他のサロンでよく使われているIPL方式よりもずっと痛みが軽微になっています。「脱毛をしてみたいけど、痛みがあるという話なのでどうしようか迷っている」という人でも安心です。

あと、公式アプリをダウンロード&インストールすれば料金をディスカウントするというキャンペーンも行っていて、これなら最大50%OFFで脱毛できます。

次にオススメのクリニック——

湘南美容クリニック

北海道から沖縄まで75以上の分院がある湘南美容クリニック。テレビCMでお馴染みのせいか、来院者数も125万人を超えています。

第1のメリットは、有名なだけに信頼性が高いこと。さらに施術に関してもベテランの医師が多く、技術的に安心できます。

もちろん、プランに関しても独自性があり、例えば「コースに時間的な期限がない」ことも大きな特徴です。

ほとんどの脱毛サロンや医療クリニックでは施術の可能な期限が決められていて、契約から1年ほどで施術が受けられなくなり、せっかく支払った料金がムダになってしまいます。

湘南美容外科クリニックでは契約の有効期限がないため、支払った回数分は必ず施術が可能。
忙しい人にとっては助かります。

いかがだったでしょうか? 腕脱毛に関する色々な情報、さらに人気の高いサロンとクリニックを紹介してみました。

ぜひこのページを参照しながら、自分に合ったサロンやクリニックを見つけて下さい。施術によって自己処理の必要がなくなり、肌のコンディションも良くなっていくはずです。

産毛を脱毛して、お手入れを楽にしよう

「顔に伸びている毛」と聞くと、男性のヒゲを思い出す人が多いでしょう。
でも、女性にも沢山の毛穴があって、そこから産毛が生えています。

スキンケアについての調査レポートによれば、「顔の中で自己処理を心がけている部位はどこか?」という質問で、「鼻の下」と「口周り」が上位を占めました。

両方とも生えっぱなしにしておくとヒゲそっくりに見えますから、週に何度か抜いたり剃ったりするのは当然でしょう。

ただ、ずっと毛抜きやカミソリを使い続けると黒ずみやシミが生じやすくなり、肌の状態が悪化しがちです。

また、化粧のノリも産毛によって悪くなります。
いつもキチンと肌の手入れをしたい女性にとっては、とにかく腹の立つ存在でしょう。

こんな産毛にかんする悩みを解消しようと、最近は脱毛のためにサロン通いをする人が増えています。

以前はサロンの顔脱毛はキャンペーンでも扱われないことが多く、その費用も決してリーズナブルとはいえませんでした。

ところが近年、新しい施術方法が続々と開発され、料金も手軽に利用できるレベルにまで下がって来ています。
さらに新規サロンが顧客獲得のために盛んに値引きを行っていますから、脱毛を体験するなら今がチャンスといえます。

とはいっても、これまで脱毛などやったことのない女性にとって、施術のためにサロンに通うというのは何となく億劫なものです。

そこでここでは、顔脱毛についての知識やオススメのサロン、さらに施術してもらう時に感じがちな疑問点について、詳しく説明してみることにしました。

以下の情報が、産毛に関して悩んでいる女性の助けになれば幸いです。

現在、脱毛方法はどんな感じなのか?

顔脱毛について詳しく述べていく前に、まず現在サロンで行われている脱毛方法はどんなものなのか、ざっと解説しておきます。

かつては脱毛というと、「美容電気脱毛」(別名「ニードル脱毛」)というのが一般的でした。特別製のプローブという針をひとつひとつの毛穴に刺し、電気を流して毛根を焼いていたのです。

これは毛根の発毛機能を奪うという点では優れているのですが、何しろ毛穴に針を刺していくわけですから痛みがどうしても伴います。おかげで、「脱毛は痛くて大変」というイメージが広まってしまいました。

やがてこの美容電気脱毛は「効率が悪い」ということもあって廃れました。
代わって主流になっているのが「光脱毛(フラッシュ脱毛)」というもので、レーザー系の光を毛の生えた肌に直接照射していきます。

光といっても沢山の種類があるのですが、そのうちサロンで1番使われているのが「IPL(インテンスパルスライト)」。

この光は毛根のメラニン色素に反応して熱エネルギーへと変化。毛母細胞や毛乳頭といった発毛を促進する組織に大きなダメージを与えるのです。

IPLの機械は、もともとエステで美肌ケアのために使われていました。
ところが「毛が伸びなくなった」という意見が顧客から寄せられ、そのことから脱毛用に流用されるようになったのです。したがってシミなどにも治癒効果があり、施術を続ければ肌の状態も改善されていきます。

脱毛機器の開発は進み、最近ではSSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法など、施術方法にもバリエーションが出てきました。

これらの方式は「脱毛完了が短期間ですむ」「痛みが軽減される」などのメリットを備えているので、その詳細をチェックした上で自分の体質に合ったものを選ぶといいでしょう。

施術できる部位はサロンによって異なる

顔脱毛の契約にあたって第一に注意すべきなのは、サロンごとに施術できる部位が異なる、ということです。

あるアンケートによると、脱毛したい顔の部位トップスリーは、眉間、鼻の下、アゴとなっています。これらの部位にしても、施術できるかできないかはサロンによって異なります。

たとえば、有名サロンの施術できる部位をあげてみると——

脱毛ラボ……鼻下、顎、もみあげ

ディオーネ……額、頬、鼻、鼻下、顎

ジェイエステ……フェイスライン、目元、鼻下、頬、口周り、顎

ミュゼ……鼻下、顎

となっており、各サロンで異なっています。

ということで、サロンの宣伝に「顔脱毛もできます」と書いてあったとしても、100%こちらの希望する部位を施術してもらえるかどうかは分かりません。

せっかくサロンまで出向いたのに「そこは施術不可です」と言われるとガッカリなので、脱毛可能な部位については事前にチェックしておきましょう。

顔脱毛の平均料金は一体どれくらいなの?

初心者が顔脱毛をする場合、つい心配してしまうのは、

「料金はいくらくらい必要なのか?」

ということでしょう。

有名サロン20社のデータから計算すると、顔脱毛の平均費用は「41,033円」となっています。

この金額は「高い」のか「安い」のか——。それは脱毛したい人の考え方次第でしょう。

ちなみに顔脱毛をする場合、サロンだけでなく、専門の医療クリニックでも施術を受けられます。

こちらもデータからその平均を計算すると、「131,325円」という金額になりました。

つまり医療クリニックで施術を受けると、サロンの3倍以上の料金がかかるわけです。

「13万は少々高すぎる」と感じる人もいるかもしれませんが、クリニックでは一生ムダ毛が生えない「永久脱毛」が可能で、高額な料金にふさわしい施術が受けられます。

サロンかクリニックか——。料金と効果をしっかりと考慮し、自分の希望に合致するところで脱毛して下さい。

初心者なら「お試しコース」を選ぶべき

サロンでは宣伝などで様々なプランを勧めていますが、その中で初心者にもってこいなのが「お試しコース」です。脱毛を経験することでその店のサービス、接客態度、脱毛技術などが分かり、正規プランに進むかどうかの参考になります。

申し込みに際しては、店に直接電話を入れるより、特典のついたネット手続きの方がお得です。行きたいサロンのサイトを開き、費用や条件をキチンと確認した上で申込みをします。

その後はサロンに実際に出かけるわけですが、まず初めに行われるのがカウンセリングです。

内容は、脱毛についてのガイダンス、希望の部位や病歴の聞き取り、プランに関する説明など。ちょうどいい機会なので、

「脱毛が終わるまで何ヶ月くらい施術に通うのか?」
「使われている脱毛器はどういうものか?」
「永久脱毛は可能なのか?」

など、具体的に質問してみましょう。

初日はカウンセリングだけで終了。施術に関しては、予約をその場で入れて後日受けることになります。

施術の際は——

・スタッフの接客態度やサービスの良し悪し
・施術する時に痛みがひどいかどうか
・術後の肌のケアに気をつかっているか?

などをしっかり確認しましょう。

これで合格点が出たら、そのまま正規プランの契約へ進むことになりますし、不合格の場合は契約は行わず、他のサロンを調べることになります。

最近は脱毛のブームに乗って新しいサロンが次々と出来ていますから、自分にふさわしい店にきっと出会えるはずです。

迷ったら「キレイモ」か「ジェイエステティック」にしよう

顔脱毛で定評のある2つの店を紹介します。

まず最初は「キレイモ」。渡辺直美、ぺこ&りゅうちぇる、板野友美などを起用したテレビCMが流れているので「知っている」という人も少なくないでしょう。

ここの顔脱毛のメリットは、他のサロンよりも施術可能な箇所が多いこと。そのため、他店では不満足でキレイモに流れてきた、という人もいます。

続いて推薦するのは、「ジェイエステティック」。

ここで最も人気なのが「フェイス6」。1回当たりの料金が2,500円と破格なので、「なるべくリーズナブルな料金で施術を受けたい」という人にはピッタリです。

「顔脱毛をするつもりだけど、どのサロンと契約するべきか迷っている……」という人は、ぜひ上記の2つのサロンをチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について基本となる情報を紹介しました。

これ以降は、施術を受けるうちに感じる疑問や、脱毛に当たって注意すべきポイントについて解説していきましょう。

歯の治療中も脱毛の施術は可能?

ムダ毛が生えないように処理するには、意外に時間がかかります。数ヶ月に渡って施術を続けることも当たり前なので、その間に歯を治療する人もいるでしょう。

仕事で忙しい時など、脱毛と歯の治療の両方を日を空けずにおこなう場合があるかもしれません。
何か問題が起こらないのでしょうか。

サロンにその点を訊いてみると、「通常の歯の治療なら問題ありません」とのこと。

ただ、気をつける必要があるのは、歯医者で処方される痛み止めについて。

実は痛み止めの中には「光線過敏症(光過敏症)」という症状を誘発するものがあります。

これは光のせいで過剰反応が起こる症状。この症状を防ぐため、施術前は痛み止めを摂取することが禁じられています。

かゆみ、むくみ、水ぶくれなどが出るといけないので、痛み止めを飲んだら必ずスタッフに申告するようにして下さい。

また歯列矯正をしている時は、光に器具が反応して熱くなることがあります。
火傷すると大変ですから、口の周りの施術は後回しにしましょう。

ただ器具が金属でない(プラスチックやセラミック)なら、施術には問題ありません。

このように条件は色々変わるので、必ずスタッフと相談しながら施術を受けて下さい。

ニキビがあると施術はできない?

脱毛ではメラニン色素に反応する特殊な光を使うため、ごくまれに体調に変化をきたす人もいます。そのため、サロンでは施術について色々な制約を設けています。

たとえば肌が異常に乾燥している状態では施術不可ですし、ムダ毛がキチンと自己処理がされていない時も施術はできません。

では顔にニキビが出来ている場合、どうなるのでしょう?

サロンに訊いてみると、大部分の店で「施術可能です」ということでした。

というのも脱毛に使われるIPLという光は、毛母細胞・毛乳頭などの発毛組織に損傷を与えるだけで、ニキビには害を与えません。施術時にも問題は発生しないのです。

ただ、炎症が余りにひどい時は注意が必要。照射で状態が悪化することもあるので、施術できるかどうかはスタッフに決めてもらいましょう。

施術しているとシミやそばかすができる?

現在、業界で主に使われている脱毛方法は、メラニン色素に反応するレーザー系の光を肌に当てる、というもの。

「そんな特殊な光が肌に当たったら、黒ずみやシミができてしまうのでは?」と不安を覚える人もいるかもしれません。

確かにシミ・そばかすの大きな原因のひとつは、日光による日焼けです。脱毛で使うライトも光度が大きいため、つい紫外線と同じくらい肌に悪い影響を与えるのでは、と勘違いしがちです。

しかし、IPLという光は美肌効果のためにエステで使用されてきた実績があります。いくら肌に当てても平気で、有害なものではありません。

「でも脱毛に関する口コミには、『脱毛でシミや黒ずみが残った』というものがあるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

それについては理由が2つ考えられます。

まずターンオーバーが促進され、深層に隠れていたシミ予備軍が肌表面に出てきた、というもの。

施術で新陳代謝が進み、潜んでいたシミが肌に出てくるのはよくあることです。

ただ、ターンオーバーがさらに促されると、それらの大半は消えてしまいます。

あと施術後の乾燥した肌に傷がつき、それが痕になってしまう場合。これをシミだと思い込むことがあります。

ともかく、脱毛が直接の原因となってシミなどが残ることはありえません。安心して施術を受けに行きましょう。

サロンに出かける際は「メイクなし」が鉄則?

いよいよ顔脱毛をスタートするのはいいのですが、

「サロンに出かける際は『メイクなし』が鉄則」

と噂で聞いて、不安に思う女性がいるそうです。

素顔でも全く問題のない10代の女の子ならいいのですが、普段からメイクなしでは暮らせない大人の女性にとって、スッピンで外を歩くというのは相当抵抗のある行為です。

先に結論を言ってしまうと、化粧をして出かけても問題ありません。

ほとんどのサロンには専用ブースが設置されていて、施術直前にメイクをオフできます。さらにサービスのいい店には、スタッフがタダでメイクを落としてくれるところまであります。

ただメイクを落とせるといっても、あまりに濃い化粧だと、それを落とすだけで時間が取られます。

やはり化粧は薄めにとどめ、時間を節約するようにしましょう。

以上、顔脱毛について色々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考に、サロンで施術を受けてみて下さい。
脱毛が進むにつれ、肌のコンディションも以前より改善されていくはずです。

ワキ脱毛について

ワキ肌の改善のためにも脱毛を

うっとおしい梅雨が終わると待ちに待ったバカンスの季節。ただ夏たけなわともなると、まるで熱帯のような暑さが待っています。
「ノースリーブじゃないと耐えられない」という女性もいるでしょう。

その時に注意しなければならないのが、ワキに生えたムダ毛です。ちゃんと処理しておかないと、他人が見た時に「だらしない」と思われ、とんだ恥をかくことに——。

ただ、自己処理というのは結構大変です。カミソリだと、ちょっとサボるとすぐにブツブツが出てきますし、毛抜きは使う時に痛みがあるため、処理自体がイヤになります。

「面倒だから、思い切ってサロンで脱毛しようか……」

普段からそう考えている女性も多いかもしれません。でも全くの初心者の場合、サロンに通うのは結構勇気がいるものです。

「どれくらいの期間通ったら完璧に脱毛できるの?」
「施術は何回ぐらい必要?」
「痛みがあると聞いたけど、本当なの?」
「最終的に料金はいくらぐらいになる?」

これらの疑問が解決できないため、結局サロンへ行かずにムダ毛に悩み続ける、という人も少なくありません。

そこで、ワキ脱毛の料金や施術期間、どのサロンを選ぶべきか、など、詳しく説明してみることにしました。

このページの情報が、ワキ毛でお悩み中の女性の参考になればと思います。

「脱毛」とは一体どういうものか

ワキ脱毛の情報を述べていく前に、「脱毛」とはそもそもどういうものかを説明してみます。

実はサロンやクリニックでの脱毛において施術の目標となるのは、肌の表面に伸びているムダ毛そのものではありません。

ではどこなのか、というと、肌の奥に隠れている毛根部分なのです。

誤解している人もいますが、毛根を施術対象にするといっても、毛根を一本一本の手作業で処置するわけではありません。確かに昔はその方法も行われていましたが、今ではもっと効率がアップし、特殊な光を肌に当てることで毛根に影響を及ぼすようになっています。

その際に使われるIPLやレーザーといった光は、黒いメラニン色素だけに反応する特性を備えています。
ムダ毛の生えた肌に当てると毛根部分で熱エネルギーとなり、毛母細胞、毛乳頭などの発毛組織に大きなダメージを与えます。

脱毛というのは古代文明の時代から行われていたと言われますが、この方法は時代を画する発明でした。おかげで脱毛は気軽に施術できるものとなり、脱毛人口も一挙に拡大。
VIOといった特殊な部位も処置してもらう人が増えました。

その中でもワキ脱毛は最もポピュラーで、脱毛初心者が最初に施術してもらう部位となっています。

やはり、上述したように夏場になると露出が増えますから、「脱毛するならまずワキから」と思う女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中しているために汚れや老廃物が他の部位に比べて蓄積しやすく、毛のう炎、埋没毛(埋もれ毛)も起こりやすくなっています。

ワキの良いコンディションを保つためにも、刺激の強い自己処理は中止し、ムダ毛を脱毛してもらうべきです。

ワキ脱毛の施術の回数、料金、痛みの有無は?

上記の説明で、ワキ脱毛のメリットが色々とお分かりになったと思います。

「今すぐにサロンに行って脱毛したくなった」という人もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンに通うとなると、以下のようなポイントが気にかかると思います——

・完了まで施術回数はどれくらい?
・料金は最終的にいくらかかるのか?
・施術時の痛みはひどいのか?

これらのポイントについて、ひとつひとつ説明していきましょう。

まず施術回数について。実は脱毛の施術というのは1、2回くらいでは終わりません。ムダ毛を根こそぎ処理し、何年も無毛の状態をキープするには、意外に長い日数がかかります。

特にワキというのは施術が大変な部位といわれています。
剛毛が集中して生えているうえに他の部位よりも毛根部分が深く、どうしても施術の回数が増えてしまうのです。

もちろん個人の体質やサロンの施術方法によって違いはあるのですが、完了まで12回〜18回かかる、と考えるべきです。

続いて料金について。これはサロンによってかなり差があります。お金持ちの顧客を抱えた高級サロンの中には、短時間の施術でビックリするような額を請求するところもあるとか……。

ただ、ワキ脱毛は初心者向けのプランに含まれており、それほど高いものではありません。

「その中でも特に格安店はないだろうか」と思ってチェックしてみると、ぜひ推薦したいサロンがありました。

それは「ミュゼ」。雑誌の広告で見たことがある、という人もいるでしょう。

ここの「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」を選べば、料金はわずか100円です。これだけの安い料金で脱毛できるところは他にはありません。なるべくリーズナブルに脱毛したい、という初心者には特におすすめです。

最後に、施術中の痛みについて。

上でも述べたのですが、現在サロンで主流となっている方法では、IPLという光(フラッシュ)を用います。

このIPLは肌を素通りし、黒いメラニン色素にだけ反応する特殊な光。毛根組織にはメラニンが含まれているため、IPLはそこで熱エネルギーに変わります。すると毛乳頭、毛母細胞といった発毛を司る組織が高熱に包まれ、発毛機能に損傷を与えます。

この方式は短時間ですむため効率的ですが、欠点もあります。
高熱のせいで周辺の皮膚も軽い火傷をこうむり、痛みが生じてしまうのです。

もちろん、火傷といっても軽いものにすぎません。ただ、照射の度にチクチクするのはイヤなものです。

そこで、そのIPL方式のデメリットを補うため、SSCという新方式が開発されました。

SSCではIPL方式に使われるキセノンランプではなく、クリプトンライトを肌に当てます。

キセノンランプはそれだけで脱毛を行えますが、このクリプトンライトというのは単独では毛根に影響を与えません。

ではどうやって脱毛効果を発揮するのかというと、まず専用ジェルをムダ毛に塗ります。

ここにクリプトンライトを当てればIPL方式と同じように毛根部分が弱体化し、発毛をストップできるのです。

SSC方式の最大の長所は「光のパワーが弱くても効果があがる」というところ。専用ジェルとの組み合わせで脱毛してくれるので、高熱にする必要はありません。
これで肌へのダメージがなくなり、痛みがずっと軽くなります。

実は、上述したミュゼではこのSSC方式の脱毛機器を導入しています。

「痛みに耐えられないので脱毛なんてイヤ」という女性もいるようですが、ミュゼなら安心です。

ワキ脱毛で失敗しないためのポイント

「価格が安く、脱毛方式の優れたミュゼがおすすめ」と書きましたが、近隣にその店舗がない、という人もいるでしょう。
そんな場合、他のサロンに通う必要があります。

ただ、最近は脱毛する人が多く、新規サロンが続々と参入しています。
店があまりに乱立しているので、初心者はどこがいいのか困ってしまうでしょう。

また、各サロンのプランにしても条件が複雑で、どれをチョイスすれば本当にリーズナブルなのか判定がやりづらくなっています。

そこでサロンと契約する際、注意すべき点を3つあげてみます。

施術可能回数が一桁のプランは避けるべき

脱毛についてはまだまだ正確な知識がないという人が多く、たとえば1、2回施術すればその部位のムダ毛は永久に生えてこない、と考えている方がいるようです。

もちろんそれは間違いです。1、2回くらい施術しただけでは、ムダ毛を根こそぎ処置することなどできません。確かに施術すると1ヶ月以内に部位はツルツルになりますが、一定期間がすぎると毛はまた生えてきます。

脱毛を完璧におこなうには、根気よく数ヶ月から数年、レーザーやIPLといった光を肌に照射していかなければなりません。

しかも剛毛が密集するワキのような部位では、施術回数が12回〜18回になるのは普通のことです。

ですから施術回数が一桁だけの安価なプランを契約してしまうと脱毛が終わらず、結局は追加施術をする必要が出てきます。

そうなるとその費用は結構な額です。
そんな事態にならないためにも、施術回数がなるべく多いプランを選択するようにして下さい。

契約前にキチンと返金制度や施術期限を調べる

サロンと一旦契約すると、3年間くらいはその店に通うことになります。

しかし通い続けていると、脱毛効果や接客態度について何かと不満を覚えることもあります。それが我慢できないレベルだと、契約を中途解約したくなるでしょう。

解約を申し出ると、サロンの方では当たり前ですが渋い顔をします。色々と細かい理由をつけ、返金額をなるべく減らそうとする店も少なくありません。

不快な経験をしないためにも、中途解約する可能性がある人は、事前に契約の詳細をチェックしておくことが大事です。

またサロンによっては、施術期間に時間的なリミットを設けていることがあります。契約日からあまりに日数が過ぎると、料金を払ったのに施術が不可ということになりますので、これも契約前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

施術後のケアをしっかりおこなうサロンにする

ワキは夏場を迎えると露出する機会がグッと増えます。
ムダ毛だけでなく、黒ずみなどの肌トラブルもしっかりとケアしたいものです。

そのために必要なのは、しっかりと肌の潤いを保つこと。

脱毛サロンの中には潤いを重視し、施術後の保湿サービスに力を入れているところもあります。

こうした気配りのできるサロンなら美肌ケアも期待できるので、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックにはどういう差があるのか?

ワキ脱毛をしてもらうには、脱毛サロンか医療クリニックのどちらかに行くことになります。では、この両方にはどんな差があるのでしょうか?

実は脱毛の原理に関しては全く同じです。施術では、特殊な性質を持つ光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に直接照射します。そして発毛を司る組織(毛母細胞、毛乳頭など)に大きな損傷を与えるのです。

ではどこに差があるのかというと、その光のパワーです。

レーザー光は、サロンのIPLの何倍にも及ぶ威力を備えています。
毛根組織は徹底的に破壊されるため、ムダ毛は一生生えてきません。

また、IPLでは脱毛完了まで10回以上にわたる施術が必要ですが、レーザー脱毛ではわずか数回で終わってしまいます。

もし「脱毛を短期間で完了したい」と思っているなら、医療クリニックでの施術を選ぶ方がいいでしょう。

ワキ脱毛はなぜ安くですむのか?

ワキ脱毛は料金が格安なのが特徴。
初脱毛でワキを施術する人が多いのは、その格安さのせいもあります。

では、なぜワキ脱毛は安くですむのでしょう?

最初の理由は「元々ワキの面積が狭い」ということ。

実は脱毛料金は面積で決定されることが多く、その点でワキは安価な部位というわけです。

次の理由は、店側の”戦略”。

初心者はまずワキ脱毛を選ぶため、「その料金を安くすることで、施術へのハードルを低くする」と店側が考えているのです。

ワキは格安な上に、店の技術もすぐ分かります。その点でも、最初の施術はワキに決めましょう。

完了後、効果に不満がある時は?

やっと施術が終わったものの、その効果に満足できない——。そんな時は施術を追加できますが、費用がかなりかかります。

それがイヤなら他の店に乗り換えるのもいいでしょう。ただ、改めてカウンセリングから始めるので、時間がかなりムダになります。

こんな結果を避けるためにも、最初から回数の多い料金プランを選び、施術に余裕をもたせましょう。

脱毛するとワキ汗の量が増える?

最後に、脱毛後の”ある現象”について、言及しておきます。

実はネットを見ていると、「脱毛後、ワキ汗の量が増えた」という口コミをいくつか目にします。

そんなことが、本当にあるのでしょうか?

答えを最初に言いましょう。——そんな現象はありえません。

ただ、「ワキ汗の量が増えた」と勘違いしている人がいて、そんな人たちが口コミを投稿しているようです。

調べてみると、

「脱毛した後、これまでワキ毛で止められていた汗が肌を伝うようになり、量が増えたと勘違いする」

ということのようです。

つまり、単なる誤解にすぎません。脱毛前と汗の量は変わらないのです。

時間がすぎれば汗の感覚にも慣れ、違和感も覚えなくなるでしょう。

以上、ワキ脱毛の詳細、サロンの選び方などについて、色々な点から述べてみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考に、自分に合った脱毛サロンを見つけて下さい。

脱毛がうまくいけばワキへの視線も平気になり、肌のコンディションもきっと改善されていくはずです。

脱毛とほくろ

クリニックに通っている人

レーザーとメラニン色素の関係

プロの手による脱毛はどうしても完了までに日数がかかります。
少しでもそれを短くするため、サロンではなく医療クリニックに通っている人も多いようです。

確かにサロンで使用されているIPLなどのフラッシュに比べ、クリニックで施術に使われているアレキサンドラライト、ダイオード、YAGなどのレーザーは照射パワーも強力で、毛根を確実に死滅させることができます。毛の成長期に合わせて何週間も施術の間隔をあける必要はありますが、サロンよりも施術完了までの期間は短くてすみます。

しかしパワーが強いだけに、レーザーの扱いには注意が必要です。実際、施術中にやけどなどの事故が起こったケースが何件か報告されています。

レーザーでやけどが起きてしまう場合、以下のような原因が考えられます——

・肌が濃い色に日焼けしている
・照射ターゲットの付近に、アザ、シミ、ほくろがある
・ケガなどの跡が色素沈着を起こしている

レーザーによる脱毛の原理ですが、毛根のメラニン色素に反応して光が熱エネルギーへと変化、その熱が毛根の組織を破壊し、発毛機能にダメージを与える、というものです。

つまり、毛根以外でもメラニン色素が多く含まれた組織がある場合、レーザーが反応を起こして熱が生じてしまうというわけです。

上に記した日焼け、シミ、色素沈着などはすべてメラニン色素を含んでいます。レーザーがそこに当たると、どうしても熱が発生してやけどが起こってしまうのです。

こういった事態が起こらないようにするには、日焼けの場合、肌が元通りになるまで待つしかありません。

シミ、アザ、色素沈着は、レーザーによる施術そのものが不可、という場合もあります。
その時は脱毛をあきらめるか、ニードル脱毛という、針を毛穴に刺す方法を選ぶしかないでしょう。

弘前の人気脱毛サロンランキングTOPへ