脱毛の弊害について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛ブーム

脱毛のデメリットとは?

最近は脱毛ブームということもあってサロンや専門クリニックの数も増え、今まで脱毛とは無縁だった男性まで施術をしてもらうようになりました。
値段が格安になるキャンペーンも各店が競って行なっているので、脱毛を安直なものと勘違いしている人も多いようです。

しかし、以下のように脱毛の施術を受けるのには色々なデメリットも存在します。

かなりの費用がかかる

一昔前、脱毛というのはお金持ちのぜいたくで、全身脱毛に100万円かかることなど当たり前でした。

ところが最近はすっかり客層も様変わりし、ひとりで脱毛に通う高校生の姿も見られるそうです。また、各サロンが顧客獲得のためにしのぎを削っているため、1,000円以下で施術が受けられる体験コースも設けられています。

ただ、本格的に脱毛してもらおうと思ったらやはり10万以上は確実にかかります。安いものではない、と考えておくべきでしょう。

時間と手間が取られる

脱毛で厄介なのは、施術のタイミングが毛のサイクル(毛周期)と関係していること。成長期にある毛しか効果がないため、どうしてもすべてのムダ毛を処理するのに数ヶ月から数年かかってしまいます。

人気サロンに通うとなると予約を取るだけでも一苦労。施術に通うのは決して楽なことではありません。

脱毛中は生活に制限ができる

施術してもらうためには色々な条件があり、日焼け、飲酒、激しい運動、薬の服用、予防接種などは避けるようにいわれます。脱毛完了までは日数がかかりますから、その間これらの条件を守るようにするのは大変です。

もちろん、「自己処理の手間がなくなる」「肌のコンディションがよくなる」などのメリットも多く、プロの手で脱毛の施術を受けるのはいいことなのですが、後で後悔しないためにも、以上あげたようなデメリットはしっかりと理解しておきましょう。

弘前の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*