脱毛とほくろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クリニックに通っている人

レーザーとメラニン色素の関係

プロの手による脱毛はどうしても完了までに日数がかかります。
少しでもそれを短くするため、サロンではなく医療クリニックに通っている人も多いようです。

確かにサロンで使用されているIPLなどのフラッシュに比べ、クリニックで施術に使われているアレキサンドラライト、ダイオード、YAGなどのレーザーは照射パワーも強力で、毛根を確実に死滅させることができます。毛の成長期に合わせて何週間も施術の間隔をあける必要はありますが、サロンよりも施術完了までの期間は短くてすみます。

しかしパワーが強いだけに、レーザーの扱いには注意が必要です。実際、施術中にやけどなどの事故が起こったケースが何件か報告されています。

レーザーでやけどが起きてしまう場合、以下のような原因が考えられます——

・肌が濃い色に日焼けしている
・照射ターゲットの付近に、アザ、シミ、ほくろがある
・ケガなどの跡が色素沈着を起こしている

レーザーによる脱毛の原理ですが、毛根のメラニン色素に反応して光が熱エネルギーへと変化、その熱が毛根の組織を破壊し、発毛機能にダメージを与える、というものです。

つまり、毛根以外でもメラニン色素が多く含まれた組織がある場合、レーザーが反応を起こして熱が生じてしまうというわけです。

上に記した日焼け、シミ、色素沈着などはすべてメラニン色素を含んでいます。レーザーがそこに当たると、どうしても熱が発生してやけどが起こってしまうのです。

こういった事態が起こらないようにするには、日焼けの場合、肌が元通りになるまで待つしかありません。

シミ、アザ、色素沈着は、レーザーによる施術そのものが不可、という場合もあります。
その時は脱毛をあきらめるか、ニードル脱毛という、針を毛穴に刺す方法を選ぶしかないでしょう。

弘前の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*