家庭用脱毛器の購入で失望しないコツとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近、脱毛がかなり身近なものになり、サロンや医療クリニックと契約して施術を受ける人も増えてきました。

ただ「脱毛に行きたいけど時間がない」「わざわざ予約を取るのがイヤだ」「お尻や股間をスタッフに見られたくない」といった理由で施術場所に通えない、あるいは通いたくない人もいます。

そんな人たちの間で人気が高いのが家庭用脱毛器です。

「自分も試しに買ってみたい」という人もいるでしょう。ただ、まだまだ売価は安くありませんし、機種がありすぎてどれを買えばいいのか迷ってしまうほどです。安易に購入して失望しないためにも、脱毛方式の特徴や効果、選び方のポイントについて、事前に確認しなければなりません。

そこで、このサイトを立ち上げました。家庭用脱毛器を購入したい、という人のために、お得な脱毛器の選び方などについて、紹介していこうと思います。

家庭用脱毛器の発売とその普及

家庭用脱毛器
脱毛の長い歴史の上でも画期的な理論、「選択的光熱凝固理論」が発表されたのは、1980年代に入ってからのことです。
その理論を応用した器械が欧米で登場したのが1990年代、そして2000年代になると日本でも光による脱毛機器が普及するようになります。

ただ、それらはあくまでプロが扱う大型マシンで、家庭でのムダ毛処理のツールはカミソリ、毛抜など、昔ながらのものしかありませんでした。

そんな中、2005年に家庭用脱毛器「アイエピ」が発売されました。

以前も家庭用脱毛器は発売されてはいたのですが、いずれも脱毛効果は低く、「珍奇なアイデア商品」という域にとどまっていました。
ところがこの「アイエピ」は効果的にムダ毛が処理できるというのでかなりの評判となり、光を使った脱毛器を家庭に普及させるきっかけとなったのです。

そして2009年に「イーモ」、2012年に「ケノン」が発売され、脱毛器市場が一気に拡大。今の隆盛をもたらすことになります。

ムダ毛処理に困っていた人にとって、家庭用脱毛器の登場は大きなニュースでした。

何しろ店や医院の施術では、肌が無毛になるまで数ヶ月〜数年はかかります。
その間に通わなくなる人も多いですし、費用が10万円以上かかることも珍しくありません。

それが家庭用脱毛器なら、高い効果が期待できる上に経費も大幅に節約できるのですから、すぐに多くの機種が登場したのも当然でしょう。

ただ脱毛器は、機種の当たり外れが大きい、と言われています。以下で紹介するメリット・デメリット、方式の特徴などをしっかり理解して、自分に合ったものを見つけ出して下さい。

家庭用脱毛器選びのポイントとは?

家庭用脱毛器選びのポイント
下のセクションでも書いていますが、家庭用脱毛器にはいくつかの脱毛方式があり、その差が効果にも大きくあらわれます。

ですから購入側にも脱毛についての知識が要求され、「バーゲンでたまたま値引きしていたから」といった理由で買ってしまうと、結局は後悔する結果に終わります。

家庭用脱毛器の購入でガッカリしないためには以下のような点に気をつけましょう——

照射出力はどれだけあるか?

個人個人によって脱毛効果というのは感じ方が異なるので一概にはいえませんが、脱毛器の照射出力が大きければ大きいほど効果も高い、というのが常識です。とにかく効果を第一に考えたい人は、照射出力の大きい機種がおすすめです。

ただ、出力が大きくなるとそれだけ毛穴や肌に負担が増え、火傷などの肌トラブルも起きやすくなります。
トラブルを避けたいなら、出力を調節できる機種を選ぶべきです。

照射範囲はどの程度か?

1回照射すれば、どれだけの面積を処理できるのか。その点は機種によって違うため、購入前にきっちりと調べておきましょう。

スムーズに処理ができないと手入れそのものが嫌になります。
「せっかく手に入れたのにすぐに使わなくなった」という結果にならないためにも、照射範囲のデータはちゃんと確認して下さい。

自分が処理したい部位に対応しているか?

人によってムダ毛を処理したい部位は違います。

家庭用脱毛器を買う時は、「自分がどの部位の手入れに使う予定か」そして「その機種がどんなところに使えるのか」をチェックして下さい。

特に「顔」や「VIO」に使いたい人は注意が必要です。全身脱毛は対応できても、デリケートな部位には使えないものが少なくありません。

公式サイトには対応部位が載っている事が多いので、まず調べてみましょう。

コストパフォーマンスは優秀か?

脱毛器の購入に関してよく聞くのは、本体自体はリーズナブルに手に入れたのに、消耗品のカートリッジの費用が高くて失望する、というもの……。

家庭用脱毛器には多くの機種があります。
価格の点だけでも、2万円以下の格安品から、10万円を越える高級なものまで色々売っていますが、ムダ毛を手入れすると必ず消耗してしまうカートリッジのコストを忘れてはいけません。

脱毛器の購入を決心したら、本体の価格の他に、カートリッジの値段とその交換頻度についても、あらかじめ調べておきましょう。

家庭用脱毛器を使用する上での長所・短所

長所・短所

長所

・プロの施術に比べ、2分の1以下の費用でムダ毛処理が可能
・施術場所に出かける必要がなく、交通費とその所要時間が節約できる
・他人に見られるのを避けたい部位も、好きなだけ手入れできる

短所

・目で確認しづらいパーツ(うなじ・背中・ヒップなど)の手入れは、人の助けが必要
・自分ですべての処置をおこなう必要があるので、つい怠けてしまう
・脱毛処理のほかに、肌トラブルの予防と対処がかなり面倒

永久脱毛は家庭用脱毛器でもおこなえる?

永久脱毛はおこなえる?
家庭用脱毛器はサロンや医療クリニックの器械を小型化したもので、脱毛のメカニズム自体は全く変わりません。

ただ、照射で生じがちな火傷などを防止するため、パワーはかなり制限されています。そのため、光の強いパワーが必要な永久脱毛はできません。

ちなみに、永久脱毛はどの店や医院でも可能というわけではありません。一般のサロンでの施術はあくまで「抑毛」であって、毛はいずれ復活します。

永久脱毛したいなら、レーザー脱毛の可能な医療クリニックに足を運んで下さい。

脱毛器の方式にはどんなものがある?

脱毛器の方式について
家庭用脱毛器で使われる脱毛方式について、いくつか説明してみましょう——

フラッシュ式

家庭用脱毛器で最もポピュラーな脱毛方式が、フラッシュ式です。原理的にはサロンのマシンと同じで、IPLという特別な光を用います。

この光を肌に照射すると、表皮の中に隠れた毛根部位が熱によるダメージを受けます。そして継続的に照射するうちにその発毛機能が衰えていき、毛の成長がストップするわけです。

この方式の最大の利点は照射口が大きく、ワンショットの処理面積が広いこと。そのために手入れにかかる時間も短く、背中、腕、足などの部位にはぴったりです。

照射パワーは火傷を起こさないように抑えられているので、安全性も問題ありません。また、痛みも軽微ですみます。

難点は、脱毛完了までの期間が長くなること。それでも1年ほど照射を続けると、自己処理がいらなくなります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、医療クリニックで活用されています。ムダ毛のメラニン色素にレーザーが反応し、熱エネルギーへと変化。その熱によって毛根部位がダメージを受け、毛の発育がストップします。

光の照射範囲が狭く、パワーが強いため、細かい部位や毛根の太い剛毛を処理したい時に最適です。

脱毛完了までの期間も短く、3ヶ月もすれば効果があらわれてきます。

ただ1回の照射に手間と時間が必要で、背中・足などの広い部位には向いていません。打ち漏れも生じやすくなっています。

また、照射による「痛み」も見逃せない難点です。「痛みは考えていた以上で、思わず叫んでしまった」「痛みを想像すると照射の直前は汗が出てくる」といった口コミが目立ちます。

特に「痛い」とされている部位はデリケートゾーン、骨付近のスネ、脇といったところで、もしこれらの部位を手入れするのならパワーをかなり下げた方が無難です。

あと、レーザーがシミ、ホクロ、日焼けといった黒い部分に反応することがあるので、カバーやシールをするか、照射を避けるようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ピンセットの形をした金属の先端でムダ毛をつかみ、弱い電流を流すことで毛根からの発毛を防ぎます。光を照射しないため、眉、額の生え際など、目の近くのパーツも処理できます。

また、他の方式だと手入れの難しい日焼け肌の毛・白髪も、高周波なら問題ありません。

ただ、1本1本を処理していくため、広い部位だと手間と時間がかかります。
スピーディに手入れしたいのなら、フラッシュ式の方をおすすめします。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式の3つは、いずれも熱によって毛根を弱体化し、発毛を止めるというもの。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、毛根へのダメージはありません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッドにある熱線によってムダ毛を焼き切ります。肌から外に伸びている部分を処理するだけなので、毛はすぐに生えてきます。

ただ、毛先がカミソリと違って丸くなるため、チクチク感が苦手な人は助かるでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これは皮膚にローラーを転がしてムダ毛を絡ませ、根こそぎ引き抜きます。

方法は毛抜と同じなのですが、広範囲をスピーディに手入れできるのが良いところです。
もちろん毛穴や肌には良くないので、おすすめはできません。

人気のある家庭用脱毛器の価格はどれくらい?

価格について
家庭用脱毛器を買おうと決めた場合、まず気にかかるのがその値段でしょう。

ここでは公式サイトをもとに、人気のある家庭用脱毛器の価格を一覧にしてみました(「照射面積」「1ショットあたりの単価」も併記しておきます)。

・ケノン
値段…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方cm
1ショット当たりの単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
値段…49,299円(税込)
照射面積…6平方cm
1ショット当たりの単価…1.78円

・4x
値段…38,999円(税込)
照射面積…1平方cm
1ショット当たりの単価…0.08円

・ラヴィ
値段…40,000円(税込)
照射面積…6平方cm
1ショット当たりの単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
値段…116,640円(税込)
照射面積…12平方cm
1ショット当たりの単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
値段…57,998円(税込)
照射面積…4平方cm
1ショット当たりの単価…0.20円

・光エステ
値段…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方cm
1ショット当たりの単価…0.29円

一覧のうち、最も値段の張るのはレイボーテグランデの116,640円、そして最も安価なのは光エステの25,200円です(ちなみにもっと安い機種もあるのですが、それらは本当は「除毛器」なのでここには含めていません)。

すでに言ったように、買う時にはカートリッジの存在を考える必要があります。一覧には併記しませんでしたが、カートリッジの価格がどれくらいなのか、自分で調べておきましょう。
本体とカートリッジの合計を比べることで、本当の価格差が分かります。

そして、1ショットの単価も重要な要素です。

一覧を見て、「1ショットあたりの差なんてほんのわずかで、問題にならない」と思う人もいるでしょう。

しかし、脱毛は1回の照射で終りません。2週間に1回の割で光を当て続けていきます。つまり1ショットならわずかの差でも、蓄積されることで相当な違いとなるのです。

最後に「照射範囲」のチェックも大切。
ショットの数は1回で照射できる面積が大きいほど減っていきますから、その数値によってカートリッジの消耗度合いが変わってきます。

なお、4xの照射範囲が狭くなっていますが、これは4xがレーザー式だから……。フラッシュ式のレイボーテグランデやケノンと比べると、かなりの差があります。

広い部位を処理対象とするなら特に、ワンショットの単価と照射範囲を確認しておきましょう。

以上、家庭用脱毛器の選び方のコツ、方式の種類などについて紹介してみました。いかがだったでしょうか?

何度も述べたように、家庭用脱毛器はもたらされる効果がその機種と方式によって違ってきます。
その情報をあらかじめ心得ておくことが、賢い購入のポイントとなります。

ぜひ自分に見合った機種を選び、快適な脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*