後悔しないメンズ脱毛サロンの選び方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は冬でも露出度の高い服装をしている人が珍しくありませんが、それだけに肌のケアには気をつけないといけません。
ただ熱心に化粧品などでケアしていても、いつの間にか成長しているムダ毛はお肌の魅力を台無しにしがちです。

他人に気づかれる前に熱心に抜いたり剃ったりしている人も多いでしょう。ただ毛抜きやカミソリ、除毛クリームなどはお肌の大敵です。それらを使った自己処理というのは肌に有害な刺激となり、皮膚の硬化、埋もれ毛、色素沈着といったトラブルを引き起こす危険性があります。

そこで利用する人が多くなっているのが、サロンや医療クリニックでの脱毛。
大昔はとんでもなく高かった施術料も脱毛技術の向上によってディスカウントされ、いまではすっかり一般的な金額になっています。

さらに脱毛人気は性別の枠を超え、男性でもプロに施術してもらう人が増えているとか。

実は、日本で第一号のメンズサロンがオープンしたのは、1986年。意外と古いのです。

最初は訪れる客も少なかったようですが、21世紀に入ると男性も美意識が高まって脱毛することに抵抗がなくなりました。そして、2011年以降は店舗の数も右肩上がりに増えてきています。それだけ脱毛への需要が高まっているということです。

やはり「毛がモジャモジャの男性はイヤ」という女性が多いため、モテるためにも脱毛したいという男性がサロンを訪れているようです。

ただ「一度脱毛にチャレンジしたい」と思っていても、サロンというのは女性が通うところというイメージがあり、男性がそこを訪れるのはちょっとハードルが高いものです。

また「料金はどれくらい?」「脱毛完了までに何ヶ月必要?」「施術の回数は?」といった疑問がネックとなり、結局は行くのを断念してしまうという男性も少なくありません。

そこでこのサイトを作ってみました。メンズ脱毛サロンに着目し、そこで使われている「光脱毛」の詳細、施術コスト、完了までの日数、痛みの有無、そしてサロン選びのポイントについて解説していきます。脱毛にトライしたい男性は、どうか参考になさってください。

光脱毛ってどんなもの?

光脱毛について
ある程度年配の方に脱毛のイメージについて質問すると、「細い針を毛穴に刺して、ムダ毛を焼くやつでしょ?」という答えが戻ってくることがあります。

この答えは間違っているわけではありません。実際、20年ほどの前のサロンやクリニックでは、針に似た電極(プローブ)を毛穴に差し込み、弱い電気を流すという方法で、施術をおこなっていました。

この方法は、セントルイスの眼科医によって1869年に発明された「電気分解脱毛法」というもの。うまくいけば一生その部位はツルツルのままなので人気を博し、改良された機器が日本にも持ち込まれました。そして「ニードル脱毛」あるいは「美容電気脱毛」として当時1番ポピュラーな脱毛方法となり、上に記したような脱毛の印象を生み出したのです(現在でも一部のクリニックで使われています)。

ただ、この方法は手作業で毛穴ひとつひとつにプローブを挿入していくため、相当な労力と時間がいります。
そのためにどうしても施術料が高くなり、脱毛できる客は限られていました。

やがて、このニードル脱毛よりずっと能率的な方法がアメリカで考案されます。それがレーザー脱毛です。

この方法は、毛根に物理的に接触することなくムダ毛を処理する、という点で画期的でした。

やがて、この原理によって「光脱毛」という別の種類の脱毛方法が生み出され、今のサロンで広く使われるようになります。

光脱毛の詳細

ここで光脱毛について、ちょっと詳しく紹介してみます。

光脱毛では、普通の光とは違った特別なライトが使われます。ライトはムダ毛に照射されると毛の成分のひとつ・メラニン色素に反応します。

ライトはメラニンに吸収された後、熱へと変化。その高熱の影響で毛根にある発毛器官が衰え、毛の生長が止まるわけです。

この施術を長期間に渡って継続することで毛の本数は確実に減っていき、やがて部位が無毛の状態になります。

光脱毛にも種類がいくつかあり、現在は次のようなものが使われています——

「IPL方式」
「SSC方式」
「SHR方式」
「ハイパースキン法」

それぞれの特徴をざっと紹介していきましょう。

まず、IPL方式。これは「フラッシュ脱毛」とも言われ、光脱毛の代名詞といっていい方式。サロンで最もよく使用されています。インテンスパルスライトと呼ばれる広帯域のライトが用いられ、上で紹介したような仕組みで毛根の発毛を阻害していきます。

デメリットは施術時に痛みがあること。ただいたって軽微なので、よほど痛みに敏感な人以外は問題にはなりません。

次にSSC方式。「SSC」は「スムース・スキン・コントロール」の頭文字を取ったものです。

この方式はIPLと異なり、ライトと専用ジェルの2つを使います。

ジェルには、極小のカプセル「トレジャービーンズ」が入っています。
施術部位にジェルを塗ってクリプトンライトを射出すると、カプセルの中の成分が毛包へと浸透していきます。

その有効成分の中心が「フィリニーブ」。イソフラボン、セイヨウシロヤナギ、サリチル酸、メントールなどで構成され、抑毛効果をあげます。ほかに保湿・炎症抑制効果もあるので、施術した後の肌トラブルを防いでくれます。

ジェルが脱毛効果を発揮するので、ライトは高温でなくてもオーケー。ですから痛みはかなり抑えられます。

次にSHR方式。「スーパーヘアリムーバル」を略したもので、「蓄熱式」とも呼ばれます。

これまでの方式では毛根全体が標的でしたが、SHRは毛根の一部であるバルジ領域がターゲットになります(バルジは「ふくらみ」という意味です)。

このバルジ領域は毛球部に信号を送って毛の産生を起こさせています。つまり、バルジ領域を弱めれば、ほかの組織に損傷を与えなくても脱毛できるわけです。

バルジ領域の場所は毛乳頭、毛球などの部位よりも肌の表面に近く、低温の熱でも十分なダメージを与えられます。
このことで痛みが大幅に軽い施術ができます。

最後にハイパースキン法。こちらは発毛因子をターゲットにするため、メラニンが含まれない毛でも脱毛できます。施術時のライトの温度は36度〜38度ですから、痛みは皆無。むしろ気持ち良いくらいです。ただ、ヒゲの脱毛には不向きで、他の部位しか施術できません。

レーザー脱毛と光脱毛を比べる

レーザー脱毛と光脱毛を比べる
サロンでは光脱毛が採用されていますが、医療クリニックではレーザー脱毛がメインです。この2つがどう異なるのか、いくつかの点で比べてみましょう。

施術回数

光脱毛の施術回数、そして処理可能なムダ毛の割合は、以下の通りです——

・6回  約50%
・12回 約80%
・18回 約95%

一方レーザー脱毛だと、5回か6回施術をおこなえば約95%のムダ毛が脱毛可能です。

レーザー脱毛の原理は光脱毛とほとんど同じですが、照射パワーがケタ違いなので、施術の回数が減るのです。

「なぜ一回の施術で全部の毛を除去できないの?」と不思議に感じる人がいるかもしれません。それは、レーザー光線やIPLが肌の外に伸びているムダ毛にしか作用しないためです。

毛には毛周期という生長サイクルがあり、施術できるのは成長期のもの、つまり毛幹の毛のみです。他の毛は肌の下に埋もれているため、除去するには成長期まで待つ必要があります。そのため、レーザーのように強烈な威力の光でも、何回も施術をおこなわなければなりません。

施術料

光脱毛の費用の平均相場は、以下の通りです——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・背中(上下)…71,600円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・全身…164,700円
・VIO…58,633円

一方、レーザー脱毛の平均相場は以下のようになっています——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・背中(上下)…91,917円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・全身…401,945円
・VIO…67,975円

このように施術コストを比べると、サロンの光脱毛の方が相当お得です。

痛み

光脱毛は、痛みに弱い人にピッタリの脱毛方法です。IPL方式では多少チクリとしますが、他の方式だと痛みはほとんど感じられません。

もちろん、それだけ照射パワーは限定されていて、効果があがるまでの施術日数は多くなります。

一方、レーザーはパワーがものすごく強いため、施術時はどうしても痛みを感じます。ただ脱毛効果は優れているので、この痛みは我慢するほかないでしょう(痛みがどうしても耐えられない場合、笑気麻酔をかけてくれるクリニックもあります)。

ただ、その痛みは一瞬で、火傷のようにずっとズキズキするわけではありません。また施術によって毛が減っていくと、それにつれて痛みは軽微になっていきます。

ケアの有無

サロンの場合、脱毛のほかに美肌ケアをやってくれるところが多く、オリジナルのジェルに様々な有効成分が入っていたり、施術後の冷却にたっぷり時間をかけてくれたりします。

一方、レーザー脱毛だと医療機関という制限もあって至れり尽くせりのサービスは期待できません。術後の冷却すらも省かれることがあります。

快適なサービスを期待するなら、サロンの方にすべきでしょう。

光脱毛&サロンのメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・クリニックよりもずっと施術コストが安い
・痛みが非常に軽く、特にハイパースキン法なら無痛ですむ
・様々な顧客サービスやケアが受けられる
・店内の内装も豪華で気持ちよい

悪い点

・レーザー脱毛よりも施術完了に時間がかかる
・メラニンの含有量が少ない産毛などは脱毛しにくい

サロン選びで気をつける点は?

気をつける点
メンズ脱毛サロン選びで気をつけたい点をいくつかあげてみます——

本当に客は男性オンリーなのか?

メンズ脱毛サロンというと、「施術に来る客は男性だけ」と考えがちですが、実際は男性が多い、というだけで、女性でも施術が可能な店舗もあります。

わざわざメンズ専門店で施術を受ける男性の中には、脱毛に来た姿を女性に見られたくないという人も多いでしょう。

それなのに、女性客が店内にいる、というのはイヤなものです。

施術に来る客が本当に男性だけなのかどうか、あらかじめ店に聞いておきましょう。

男性脱毛士を指定できる?

顧客を男性に限っているサロンでも、必ず男性脱毛士が施術にあたるとは限りません。サロンの中には女性スタッフがマシンを操作する店もあります。

「女性スタッフはイヤだ」という男性も少なくないと思いますので、男性スタッフを指名できるかどうか、契約前に調べておくべきです。

店の施術技術を口コミサイトで確認

これはメンズ脱毛サロンだけの話ではありませんが、店をチョイスする時は必ずネットで口コミを調べるべきです。

男性と女性の脱毛では、大きな相違点があります。それは、施術の困難さです。

男性ホルモンの分泌量が多い男性は毛が濃くなるため、女性と同程度の施術では効果がなかなかあがりません。

そのため機器のパワーを高めたりといった工夫が要りますが、これは手慣れた脱毛士でないとなかなかできません。

つまり脱毛士の技量によって、効果の違いが大きくあらわれるわけです。

ただ、サロンの方では脱毛士の技量について明かしてはくれませんし、公式サイトやカウンセリングだけでは、どのスタッフがベテランなのかは分かりません。

こんな時に口コミサイトなら、実際の客が感想を投稿しているので参考になります。

サロン側のサービスはどうか?

サロンで全身脱毛のプランを選ぶと、最低でも2年は店に通う必要があります。

それだけ施術回数も増えますが、もしスタッフの態度が良くないと、心地よい施術を受けることはできません。

どれだけ料金がお得でも、サービスに不満を感じたら中途解約したくなるでしょう。

解約という結果を招かないためにも、店のサービスについて口コミを調べておきましょう。

以上、脱毛したいという男性のために、メンズ脱毛サロンに関する様々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

現在、脱毛サロンは店数が多く、顧客獲得の競争も激しくなっています。キャンペーンも毎月のようにおこなわれているので、公式サイトなどを欠かさず調べるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*