生理中の脱毛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

毛根にダメージを与える

生理中は脱毛できるの?

脱毛の施術というのは高熱によって毛根にダメージを与えるものなので、どうしても肌へも影響を与え、バリア機能が低下します。
菌にも感染しやすくなるため、体調の良くない人は施術を受けるべきではない、とされています。

では女性の場合、生理中でも施術は受けられるのでしょうか?

結論を先にいうと、経血による感染症の恐れがあるため、VIO脱毛に関しては施術を断っているサロンがほとんどです。

そして他の部位の脱毛も断られることが多くなっています。

その理由ですが、ホルモンバランスの不安定さと関わりがあります。

生理の時は「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンの分泌量が大きく変化し、それによって生理中の不調などが起こってきます。

このうち、エストロゲンの方はコラーゲンの生成を促進する働きを持ち、肌の張りをキープしたり、丸みを帯びた女性らしいボディーラインを作るのに大事な役割を果たします。一方、プロゲステロンは「妊娠しやすい体」を作るホルモンですが、過剰分泌されると皮脂の分泌を促進し、むくみが起きやすくなりします。また、生理中に便秘がおこるのも、このプロゲステロンのせいです。

排卵期が過ぎてしまうと、美肌効果を備えているエストロゲンの分泌量が減っていき、プロゲステロンの分泌量が増えてきます。

そうなると皮脂の分泌が活発になり、刺激から肌をガードしている抗菌ペプチドという物質の量まで減少させてしまいます。

生理前から生理中にかけて肌荒れや肌トラブルが起こりがちなのは、こうして肌のバリア機能が低下していくせいです。

上述したように施術の時はどうしても肌に負担がかかりますから、生理中は肌トラブルが悪化したり、脱毛効果が下がってしまう可能性があります。

このため、生理中の脱毛は推奨されていないのです。

弘前の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*