ワキ脱毛について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキ肌の改善のためにも脱毛を

うっとおしい梅雨が終わると待ちに待ったバカンスの季節。ただ夏たけなわともなると、まるで熱帯のような暑さが待っています。
「ノースリーブじゃないと耐えられない」という女性もいるでしょう。

その時に注意しなければならないのが、ワキに生えたムダ毛です。ちゃんと処理しておかないと、他人が見た時に「だらしない」と思われ、とんだ恥をかくことに——。

ただ、自己処理というのは結構大変です。カミソリだと、ちょっとサボるとすぐにブツブツが出てきますし、毛抜きは使う時に痛みがあるため、処理自体がイヤになります。

「面倒だから、思い切ってサロンで脱毛しようか……」

普段からそう考えている女性も多いかもしれません。でも全くの初心者の場合、サロンに通うのは結構勇気がいるものです。

「どれくらいの期間通ったら完璧に脱毛できるの?」
「施術は何回ぐらい必要?」
「痛みがあると聞いたけど、本当なの?」
「最終的に料金はいくらぐらいになる?」

これらの疑問が解決できないため、結局サロンへ行かずにムダ毛に悩み続ける、という人も少なくありません。

そこで、ワキ脱毛の料金や施術期間、どのサロンを選ぶべきか、など、詳しく説明してみることにしました。

このページの情報が、ワキ毛でお悩み中の女性の参考になればと思います。

「脱毛」とは一体どういうものか

ワキ脱毛の情報を述べていく前に、「脱毛」とはそもそもどういうものかを説明してみます。

実はサロンやクリニックでの脱毛において施術の目標となるのは、肌の表面に伸びているムダ毛そのものではありません。

ではどこなのか、というと、肌の奥に隠れている毛根部分なのです。

誤解している人もいますが、毛根を施術対象にするといっても、毛根を一本一本の手作業で処置するわけではありません。確かに昔はその方法も行われていましたが、今ではもっと効率がアップし、特殊な光を肌に当てることで毛根に影響を及ぼすようになっています。

その際に使われるIPLやレーザーといった光は、黒いメラニン色素だけに反応する特性を備えています。
ムダ毛の生えた肌に当てると毛根部分で熱エネルギーとなり、毛母細胞、毛乳頭などの発毛組織に大きなダメージを与えます。

脱毛というのは古代文明の時代から行われていたと言われますが、この方法は時代を画する発明でした。おかげで脱毛は気軽に施術できるものとなり、脱毛人口も一挙に拡大。
VIOといった特殊な部位も処置してもらう人が増えました。

その中でもワキ脱毛は最もポピュラーで、脱毛初心者が最初に施術してもらう部位となっています。

やはり、上述したように夏場になると露出が増えますから、「脱毛するならまずワキから」と思う女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中しているために汚れや老廃物が他の部位に比べて蓄積しやすく、毛のう炎、埋没毛(埋もれ毛)も起こりやすくなっています。

ワキの良いコンディションを保つためにも、刺激の強い自己処理は中止し、ムダ毛を脱毛してもらうべきです。

ワキ脱毛の施術の回数、料金、痛みの有無は?

上記の説明で、ワキ脱毛のメリットが色々とお分かりになったと思います。

「今すぐにサロンに行って脱毛したくなった」という人もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンに通うとなると、以下のようなポイントが気にかかると思います——

・完了まで施術回数はどれくらい?
・料金は最終的にいくらかかるのか?
・施術時の痛みはひどいのか?

これらのポイントについて、ひとつひとつ説明していきましょう。

まず施術回数について。実は脱毛の施術というのは1、2回くらいでは終わりません。ムダ毛を根こそぎ処理し、何年も無毛の状態をキープするには、意外に長い日数がかかります。

特にワキというのは施術が大変な部位といわれています。
剛毛が集中して生えているうえに他の部位よりも毛根部分が深く、どうしても施術の回数が増えてしまうのです。

もちろん個人の体質やサロンの施術方法によって違いはあるのですが、完了まで12回〜18回かかる、と考えるべきです。

続いて料金について。これはサロンによってかなり差があります。お金持ちの顧客を抱えた高級サロンの中には、短時間の施術でビックリするような額を請求するところもあるとか……。

ただ、ワキ脱毛は初心者向けのプランに含まれており、それほど高いものではありません。

「その中でも特に格安店はないだろうか」と思ってチェックしてみると、ぜひ推薦したいサロンがありました。

それは「ミュゼ」。雑誌の広告で見たことがある、という人もいるでしょう。

ここの「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」を選べば、料金はわずか100円です。これだけの安い料金で脱毛できるところは他にはありません。なるべくリーズナブルに脱毛したい、という初心者には特におすすめです。

最後に、施術中の痛みについて。

上でも述べたのですが、現在サロンで主流となっている方法では、IPLという光(フラッシュ)を用います。

このIPLは肌を素通りし、黒いメラニン色素にだけ反応する特殊な光。毛根組織にはメラニンが含まれているため、IPLはそこで熱エネルギーに変わります。すると毛乳頭、毛母細胞といった発毛を司る組織が高熱に包まれ、発毛機能に損傷を与えます。

この方式は短時間ですむため効率的ですが、欠点もあります。
高熱のせいで周辺の皮膚も軽い火傷をこうむり、痛みが生じてしまうのです。

もちろん、火傷といっても軽いものにすぎません。ただ、照射の度にチクチクするのはイヤなものです。

そこで、そのIPL方式のデメリットを補うため、SSCという新方式が開発されました。

SSCではIPL方式に使われるキセノンランプではなく、クリプトンライトを肌に当てます。

キセノンランプはそれだけで脱毛を行えますが、このクリプトンライトというのは単独では毛根に影響を与えません。

ではどうやって脱毛効果を発揮するのかというと、まず専用ジェルをムダ毛に塗ります。

ここにクリプトンライトを当てればIPL方式と同じように毛根部分が弱体化し、発毛をストップできるのです。

SSC方式の最大の長所は「光のパワーが弱くても効果があがる」というところ。専用ジェルとの組み合わせで脱毛してくれるので、高熱にする必要はありません。
これで肌へのダメージがなくなり、痛みがずっと軽くなります。

実は、上述したミュゼではこのSSC方式の脱毛機器を導入しています。

「痛みに耐えられないので脱毛なんてイヤ」という女性もいるようですが、ミュゼなら安心です。

ワキ脱毛で失敗しないためのポイント

「価格が安く、脱毛方式の優れたミュゼがおすすめ」と書きましたが、近隣にその店舗がない、という人もいるでしょう。
そんな場合、他のサロンに通う必要があります。

ただ、最近は脱毛する人が多く、新規サロンが続々と参入しています。
店があまりに乱立しているので、初心者はどこがいいのか困ってしまうでしょう。

また、各サロンのプランにしても条件が複雑で、どれをチョイスすれば本当にリーズナブルなのか判定がやりづらくなっています。

そこでサロンと契約する際、注意すべき点を3つあげてみます。

施術可能回数が一桁のプランは避けるべき

脱毛についてはまだまだ正確な知識がないという人が多く、たとえば1、2回施術すればその部位のムダ毛は永久に生えてこない、と考えている方がいるようです。

もちろんそれは間違いです。1、2回くらい施術しただけでは、ムダ毛を根こそぎ処置することなどできません。確かに施術すると1ヶ月以内に部位はツルツルになりますが、一定期間がすぎると毛はまた生えてきます。

脱毛を完璧におこなうには、根気よく数ヶ月から数年、レーザーやIPLといった光を肌に照射していかなければなりません。

しかも剛毛が密集するワキのような部位では、施術回数が12回〜18回になるのは普通のことです。

ですから施術回数が一桁だけの安価なプランを契約してしまうと脱毛が終わらず、結局は追加施術をする必要が出てきます。

そうなるとその費用は結構な額です。
そんな事態にならないためにも、施術回数がなるべく多いプランを選択するようにして下さい。

契約前にキチンと返金制度や施術期限を調べる

サロンと一旦契約すると、3年間くらいはその店に通うことになります。

しかし通い続けていると、脱毛効果や接客態度について何かと不満を覚えることもあります。それが我慢できないレベルだと、契約を中途解約したくなるでしょう。

解約を申し出ると、サロンの方では当たり前ですが渋い顔をします。色々と細かい理由をつけ、返金額をなるべく減らそうとする店も少なくありません。

不快な経験をしないためにも、中途解約する可能性がある人は、事前に契約の詳細をチェックしておくことが大事です。

またサロンによっては、施術期間に時間的なリミットを設けていることがあります。契約日からあまりに日数が過ぎると、料金を払ったのに施術が不可ということになりますので、これも契約前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

施術後のケアをしっかりおこなうサロンにする

ワキは夏場を迎えると露出する機会がグッと増えます。
ムダ毛だけでなく、黒ずみなどの肌トラブルもしっかりとケアしたいものです。

そのために必要なのは、しっかりと肌の潤いを保つこと。

脱毛サロンの中には潤いを重視し、施術後の保湿サービスに力を入れているところもあります。

こうした気配りのできるサロンなら美肌ケアも期待できるので、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックにはどういう差があるのか?

ワキ脱毛をしてもらうには、脱毛サロンか医療クリニックのどちらかに行くことになります。では、この両方にはどんな差があるのでしょうか?

実は脱毛の原理に関しては全く同じです。施術では、特殊な性質を持つ光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に直接照射します。そして発毛を司る組織(毛母細胞、毛乳頭など)に大きな損傷を与えるのです。

ではどこに差があるのかというと、その光のパワーです。

レーザー光は、サロンのIPLの何倍にも及ぶ威力を備えています。
毛根組織は徹底的に破壊されるため、ムダ毛は一生生えてきません。

また、IPLでは脱毛完了まで10回以上にわたる施術が必要ですが、レーザー脱毛ではわずか数回で終わってしまいます。

もし「脱毛を短期間で完了したい」と思っているなら、医療クリニックでの施術を選ぶ方がいいでしょう。

ワキ脱毛はなぜ安くですむのか?

ワキ脱毛は料金が格安なのが特徴。
初脱毛でワキを施術する人が多いのは、その格安さのせいもあります。

では、なぜワキ脱毛は安くですむのでしょう?

最初の理由は「元々ワキの面積が狭い」ということ。

実は脱毛料金は面積で決定されることが多く、その点でワキは安価な部位というわけです。

次の理由は、店側の”戦略”。

初心者はまずワキ脱毛を選ぶため、「その料金を安くすることで、施術へのハードルを低くする」と店側が考えているのです。

ワキは格安な上に、店の技術もすぐ分かります。その点でも、最初の施術はワキに決めましょう。

完了後、効果に不満がある時は?

やっと施術が終わったものの、その効果に満足できない——。そんな時は施術を追加できますが、費用がかなりかかります。

それがイヤなら他の店に乗り換えるのもいいでしょう。ただ、改めてカウンセリングから始めるので、時間がかなりムダになります。

こんな結果を避けるためにも、最初から回数の多い料金プランを選び、施術に余裕をもたせましょう。

脱毛するとワキ汗の量が増える?

最後に、脱毛後の”ある現象”について、言及しておきます。

実はネットを見ていると、「脱毛後、ワキ汗の量が増えた」という口コミをいくつか目にします。

そんなことが、本当にあるのでしょうか?

答えを最初に言いましょう。——そんな現象はありえません。

ただ、「ワキ汗の量が増えた」と勘違いしている人がいて、そんな人たちが口コミを投稿しているようです。

調べてみると、

「脱毛した後、これまでワキ毛で止められていた汗が肌を伝うようになり、量が増えたと勘違いする」

ということのようです。

つまり、単なる誤解にすぎません。脱毛前と汗の量は変わらないのです。

時間がすぎれば汗の感覚にも慣れ、違和感も覚えなくなるでしょう。

以上、ワキ脱毛の詳細、サロンの選び方などについて、色々な点から述べてみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考に、自分に合った脱毛サロンを見つけて下さい。

脱毛がうまくいけばワキへの視線も平気になり、肌のコンディションもきっと改善されていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*