埋没毛ができる原因とピーリングでの自己処理について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛は、肌が乾燥した状態で自己処理を行うことで出来やすくなります。

なぜなら、肌が乾燥していると肌が傷つきやすくなる影響によって肌荒れが起こりやすくなる上に、肌の表面を角質やかさぶたが覆いやすくなるからです。

そのため、剃刀で自己処理を施す際は、肌を保湿してから行うのが肌を傷つけにくくなることによって埋没毛になる可能性を減らすことが可能となります。

とはいえ、毛抜きで自己処理を行う場合は肌を保湿しても毛を抜くことで肌に負担を掛けることになります。

よって、毛抜きだと埋没毛が出来やすくなるので、埋没毛を防ぐには毛抜きでの自己処理を避けるのがポイントとなります。

ちなみに、肌に掛ける負担を減らしつつ埋没毛を処理する方法として、スクラブでの自己処理だけでなくピーリングでの自己処理があります。

ピーリングは、肌に残っている古い角質を弱い酸で溶かすことで、新しい皮膚を再生させるのを手伝います。

そのため、ピーリングで自己処理を施すと埋没毛の処理だけでなく、ニキビや黒ずみを改善する効果をもたらすことができます。

とはいえ、ピーリング剤に含まれている成分が肌に合わないと、肌のトラブルが起こることになるので購入する際は配合されている成分を確認するのが重要となります。

また、ピーリングでの自己処理はスクラブと違って費用が掛かりますが、クリニックでの脱毛より費用を抑えることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*