脱毛サロンの勧誘を上手く断るためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛サロンの勧誘を受けるがままに進めると、体験コースを受けたその日に店舗で契約する形になりやすいです。

そのため、勧誘されても自分の意思を伝えて断ることで、自分のペースで契約すべきかを決めるのが自分の適した脱毛サロンを選ぶポイントとなります。

よって、時間がない状態で体験コースを受けたことを演出して、勧誘を断りつつ切り上げるのがお勧めです。

なぜなら、予定があるけど当店の体験コースをどうしても受けてみたかったと主張することで、スタッフが勧誘しにくくなるからです。

さらに、時計を頻繁に見ることで予定があってすぐには検討できないことを演出するのも効果的となります。

携帯電話でも見る頻度が多くなれば勧誘されにくくなりますが、携帯電話をいじっていると暇な人だと認識されやすくなります。

そのため、勧誘を上手く断るならば時計を見る頻度を多くして、時間に余裕がないことを伝えるのが最善です。

特に、自分の意思を伝えるのが苦手な人であっても、契約を断る理由を多く伝えることなく切り上げることが可能になります。

とはいえ、スタッフの中には強引に勧誘する人もいるので、勧誘を上手く断らないと勧誘され続ける可能性があります。

なので、忙しいけど当店の体験コースを受けれたという感想をスタッフに直接伝えることで、相手に時間がないことを強調するのが大切になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*