ワキガの原因と光脱毛やレーザー脱毛によってワキガの臭いを改善できる理屈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキガは、汗をかく量が増えるほどなりやすくなります。

なぜなら、アポクリン腺から出る異臭を放つ汗が脇毛につくことで、エクリン汗腺から出る汗と出る汗と混じるからです。

その上、脇毛を清潔にせずにそのまま放置すると、脇に汗がべたつく状態となるので、ワキガを進行させる原因になります。

ちなみに、脇には体温調節の役割があるので、体温や気温が高くなるほど汗をかくことで体温を調節します。

また、皮膚から水分が蒸発する際に気化熱で体温を下げますが、汗をかくほど脇に汗がつくことになります。

なので、汗をかきやすい人や脇毛が長い人ほど、ワキガになりやすい上にワキガの臭いを強める傾向にあります。

しかし、脱毛施設で脱毛を受けることで、汗をかきやすい人でもアポクリン腺から出る汗の量を抑えることが可能となります。

なぜなら、光脱毛やレーザー脱毛は可視光線が毛根にダメージを与えることで、脇毛を生えにくくしつつ毛穴を引き締めることができるからです。

とはいえ、ニードル脱毛は毛1本1本に針を刺して電流を流すので、脇の部位が完全に終わるまでワキガの臭いが強まる可能性が高いです。

ニードル脱毛は施術に時間がかかる上に激痛を伴う脱毛となり、脇は皮膚が薄いので一度に脇を終わらせるのが困難となります。

そのため、ワキガは光脱毛やレーザー脱毛によって改善することが可能ですが、ニードル脱毛はワキガを悪化させやすいです。

なので、脇毛を処理しつつワキガの臭いを改善するならば、光脱毛やレーザー脱毛が無難となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*